ダイエットための食事は、順番よりも圧倒的に食べる量が関係する

ダイエットをしていても、必要となる食事。

よく見たり、聞いたりするからこそ「食べる順番」を気にする方は多いです。

野菜ファースト = 先に食物繊維の野菜を食べる

ベジタブルファースト、ベジファーストとも呼ばれ、実践している方も多いと思います。

ですが、最近のトレンドではその順番が変わってきています。

ミートファースト = 先に満足感の高い肉や脂質を食べる

野菜も肉も糖質は後でと言うのは変わらないのですが、真逆とも言える変化。

信じて実行していた私たちにとっては、「どっちだよ!」という気持ちになってしまいます。

実際にはどちらも同じ目的があってのことなのですが、導かれることが1つ。

順番よりも、食べる量が一番に影響する

順番で影響することが無いとはは言わなくても、その差は劇的なものではないということ。

私たちがダイエットのための食事を気にするのであれば、断然に食べる量が重要です。

野菜が肉がそれぞれファーストと呼ばれることに加えて、食べる量こそ気にすべき理由を解説していきます。

なんで野菜や肉がファーストと呼ばれるの?

野菜、肉それぞれのファーストを呼ばれる理由として共通するのは「血糖値」。

飲み物や食べ物を口にすることで、上がるのは多くの方がご存じではないでしょうか。

その中でそれぞれどういう目的であるかは、以下通り。

【野菜ファースト】

  1. 食物繊維で糖の吸収を抑制し、血糖値上昇を穏やかに
  2. 噛む回数が増えることで、満腹中枢を刺激しやすくする

【ミートファースト】

  1. 脂質、たんぱく質先に食べることで、インクレチンが分泌
  2. 消化ホルモンの働きで、血糖値の上昇を抑制する
  3. 満腹感も得られやすい

目的は血糖値と満腹感ですから、結果として目指していることは、どちらも同じと言えます。

また、聞く人によっては突如として現れたように感じてしまうミートファースト。

その目的の消化ホルモン「インクレチン」は、製薬として糖尿病治療にも利用されています。

ですから、突如発生してきた食べ方というものでもありません。

加えてトレンドによって順番が変わってしまうというのは、明確な優位性はないということ。

順番よりも、食べる量が一番に影響する

冒頭でも記述しましたが、気にするべきは量であることが分かります。

順番として糖質をなるべく後にすれば、野菜も肉もどちらでも好きに食べてしまいましょう。

その理由は、量にはあっても、順番で劇的な差異は発生しないからです。

ファーストに似ていること

野菜、肉のファーストと呼ばれることに、近いものが最近よく耳にするようになりました。

糖質であるお米を、冷えた状態で食べるということ。

  1. 冷えることでレジスタントスターチが発生
  2. 食物繊維のような働きをする
  3. 温かい状態よりもカロリーが軽減する

米は私たちの主食であるのに、ダイエットの目の敵にされることが多い糖質。

一見は夢のようなことにも思えますが、実際はそうではありません。

温かい状態よりも、食べた際の満足度が低い

結果的に量を温かい状態よりも食べてしまったら、その意味は無くなるどころかマイナス。

甘い飲み物が温かいよりも、圧倒的に冷たい方が量を欲するとう事実。

なぜラーメンよりもつけ麺の方が量が多いのか考えれば、温度の差が大きいのが分かるのでないでしょうか。

満足度が負けてしまう小さな利点は、我慢と隣合わせです。

ぜつびん
同じ量で満足できるのであれば意味があっても、そうでなければムダな努力

食べる順番よりも量 あとがき

食べる順番よりも量 あとがき

よく言われる、耳にするからこそ、多くの人が実践する「食べる順番」。

ですが、野菜、ミートと言われることが変わるように、その差は明確にはないもの。

順番よりも、食べる量が一番に影響する

私たちが気にするべきは、順番よりも圧倒的に量です。

順番を気にして食べるのは、食事が楽しくはなくなる大きな理由の1つ。

ストレスになることで、食事制限、ダイエットが断念することにもつながってしまいます。

よく言われるからと言って、劇的な効果は期待できないのは、ダイエットでよくあること。

消費カロリー > 摂取カロリー

知識として聞くと頭でっかちになったりしますが、気にする必要がないことも多々あります。

仕組みとして変わらないことから攻める、重要視することが大切です。

 

以上が『ダイエットための食事は、順番よりも圧倒的に食べる量が関係する』でした。