心配や不安からのストレス…。起こりうる問題と解消する方法とは?

あなたは今、心配や不安、ストレスを感じていることはありますか?

毎日を生活をしていく中で、心配や不安に感じることは誰でもありますよね。

理由は経済面であったり、健康不安、人付き合いなどさまざまです。心配や不安はさらなるストレスとなり、解消をしない限り、1度感じた心配がや不安が消えることはありません

ですから心配や不安、伴うストレスは可能な限り減らしたいものです。

表に出せる心配や不安であれば周りの人が助けてくれますが、内にこもった心配や不安は解消するのがとても難しくなります。内面の感情までは見通すことができないからです。

また、自分は強いと感じている方は、実際に心配や不安を感じていても違うと思いこんでしまっている場合があります。気付いていない場合は、よりストレスがたまってしまう場合が多いんです。

ですから、心配や不安からのストレスであること、ストレスからの行動、原因であることを認識しておく必要があります。現在の状態の理由さえ分かれば、対応ができるからです。

そこで、心配や不安からのストレスで起こりうる問題と、解消する方法についてまとめてみました。改善への対象方法はかんたんなものが多いですので、1度確認をしてみてください。

行ってしまう行動と、解消方法

心配や不安から行って行動、起こうる原因は複数あります。

ぜったので今までに紹介してきた健康やダイエットに関係する5つの状態、それぞれの改善方法を紹介していきます。ぞれぞれに全て詳細記事もありますので、あわせてご確認ください。

その1.検索がやめられないサイバーコンドリア

知りたいことがあると、今ほとんど方がするのがネットでの検索。

スマホやパソコン、とネット回線さえあればどこにいても知りたい情報を得られるので、とても便利ですよね。便利過ぎるからこそ現代病として多くなっているのが「サイバーコンドリア」です。

サイバーコンドリアはサイバー心気症とも呼ばれ、不安から検索をするのが止められなくなります。何に対しての不安かというと、自身の病気についてです。

何か自分の体に症状が出た時は、病院に行く前に検索をする方が多いですよね。ネットは便利な反面、検索して出てくる内容が全て正しいとは限りません。

だからこそ、自分の体に出た症状が本来は違う原因であるのに、重篤な病気に掛かっていると感じて検索を止められなくなるのが、サイバーコンドリアです。

サイバーコンドリアの問題は、かかっていない病気にかかっていると自身で思い込んでしまうだけでなく、行う行動が病院に行くのではなく、検索をし続けることにあります。

毎日何時間も同じ症状について検索をしてしまう方は、サイバーコンドリアの状態になっていることを疑ってみてください。検索を繰り返し、不安だけが大きくなっていきますよ。

サイバーコンドリアの解消方法

サイバーコンドリアの改善方法は単純です。「検索をやめ、病院で診察すること」。

重篤な病気ではないかと不安で検索を続けても、解決はしません。病院で診察を受け、実際に病気なのか、そうでないのか解決することが、1番の解消方法です。

その2.心配しすぎて、心疾患のリスクが高まっている?

不安になって心配する理由はいろいろとありますが、そのなかでも「健康不安」。

健康不安を大きく感じて生活をすること、心疾患のリスクが高まる可能性が出ています。

ノルウェーで行われた調査「Hordaland Health Study」では、健康に不安を感じている人が73%も心疾患になる可能性が高いことが分かったんです。

結論ではなく、さらなる研究が行われている状態ですが、見逃せない大きな確立の数字です。

心疾患のリスクの軽減方法

健康不安があることで、心疾患のリスクを高めている可能性が高いです。

心疾患にならなくなるとはいえませんが、健康不安を減らすことがリスクの軽減方法につながります。ですから不安に思っているのであれば、思うだけでなく行動をしてみましょう。

食事であったり、運動であったりと方法はいろいろですが、不安は軽減しますよ。

その3.不安を招く原因は睡眠不足が原因だった

不安がなってしまう原因はさまざまですが、「睡眠不足」も大きな原因です。

カリフォルニア大学で行われた検証試験では、睡眠不足になると翌日で30%。翌々日になると50%の人が不安障害の閾値に達することが分かりました。

たった2日であっても、睡眠不足は半数の人が不安に思ってしまうんです。2日という短期間で不安に思ってしまうということは、慢性的な睡眠が不足してることは不安を感じやすくなっています。

睡眠は体力的な回復だけでなく、気持ちの回復も行っているんですよ。

睡眠不足からの不安の解消方法

解消方法はシンプルです。

睡眠が不足していることが原因で不安を招いていますので、今よりも睡眠時間を増やしてみましょう。特に毎日6時間未満の睡眠の方は、明らかに睡眠時間が不足しています。

睡眠をするべき時間に翌日でもできるなど、今どうしてもいなければならないことを除き、睡眠を取るようにしてください。不安の解消だけでなく、効率が上がりますよ。

その4.私が太りやすいのはストレスを感じながら食べていたから

ストレスから食べすぎてしまうことは、よくあることです。

食べすぎてしまう理由の他にも、ストレスを感じた状態で食べることは神経ペプチドYとインスリンの相互利用の関係で、インスリンの分泌レベルが高いことが分かっています。

インスリンの分泌レベル高いことは、脂肪をためこみやすい状態で太りやすい状態です。マウスの実験では10倍も分泌量が違うことが分かっており、同じ量でも太らない理由がありません。

同じ物を食べて太りやすくなるのは、特にダイエット中の方にはデメリットでしかないです。

ストレスを感じている時こそ、食事に気をつける必要がありました。

ストレスによる太りやすい状態の解消方法

まず、ストレスを感じているという時は、高カロリー食はなるべく避けましょう。同じ量を食べても太りやすくなることで太り、さらなるストレスを生む原因になります。

ストレスを0にするのは難しいですが、食事をする時は少しでも原因を各々のできる方法で軽減をしてから食べるようにしてください。少しの変化であっても、差は大きいですよ。

その5.感情を冷静に落ち着かせるためにはどうする

ため込んだストレスには、一定の状態をこえると爆発してしまいますよね。

気が短い、ガマン強い人と違いはありますが、感情の限界値は誰にでもあります。

その場で抑えられることができればいいのですが、抑えられずに爆発してしまうとその場だけでなく、後にも引きずってしまう場合がほとんどです。1度の感情が関係性を壊すんです。

感情が高ぶった状態は余計なこともしてしまうので、感情を抑えられた方がメリットが大きくなります。問題があるにしても、なるべく冷静な状態で行うことが大切でした。

高まった感情を落ち着かせる方法

高まった感情を抑えるには、いくつかの方法があります。

  • 顔や、手を冷やす
  • 泡を吹いているかのような呼吸をする
  • 思っていることの反対の行動をする
  • 感情を容認する

感情が高ぶった場合はその場を離れるだけでなく、少しでも冷静になれる方法を取ることが必要でした。思いの他にかんたんな行動も、感情の高ぶりを抑えるにはとても効果的です。

ためずに減らすという選択を

ためずに減らすという選択を

心配や不安からのストレスで起こりうる問題と、解消する方法についてまとめてきました。

心配や不安からのストレスは、しなくてもいい問題やリスクを高めていました。

全く0というわけにはいきませんが、どんな問題が起こるのか、改善方法があるのか知っておくのはデメリットを減らすことにつながります。

特に健康で気になることがある場合や、ダイエット中には心配や不安によるストレスは多くなる場合が多いです。ストレスを感じるほど問題が大きくなり、改善も難しくなります。

ですから、深い心配や不安になる前に、できる改善を試みてみるのが大切です。最初は小さな変化かもしれませんが、改善ができることは大きな変化につながります。

大きな変化につながることは、心配や不安も減り、ストレスも軽減しますよ。

また、解決できないことを自分だけでため込まないというのも、大切です。心配や悩みを打ち明けることは勇気のいることですが、勇気を出すことは思っている以上の効果があります。

だれでも人は弱い部分があります。許容量をこえたものをため込まないようにしましょうね。

以上が『心配や不安からのストレス…。起こりうる問題と解消する方法とは?』でした。