大きくなる心配や不安。落ち着かせるためにすぐにできる3つのこと

不安や心配。全く感じていない人の方が少ない思いです。

プライベートなことなので誰かに相談することもできず、最初は小さな不安であっても大きな不安に変わっていってしまうことが少なくなくありません

不安が大きくなるとともに、影響が大きくなってきます。

  • 過度な緊張
  • よる眠れない
  • 気が散ってしまう
  • 周りに人にあたってしまう

などなど、不安や心配を増やすことに良い面はありません。ただし、誰でもすぐに可能な方法の不安や心配と軽減する方法があります。思いの他にシンプルな方法で、解消へとつながるんです。

マサチューセッツ大学医学部医学および健康科学教授である、ジェームズ・カーモディ氏の心理の研究からの解消方法。日々で過ごす日常生活の中で試してみる価値があります。

3つのすぐにできる解消方法。不安や心配が手に追えない状態になる前に試してみてください。

【メタバリアEX】
富士フイルムの糖質ケアサプリメタバリアEX

不安を感じる心の状態

心配や不安になっている状態は、つらく大変なものです。多くの人が心配や不安になると心配や不安を取り除こうとするため、余計に考えてしまい逆効果になってしまいます。

発生している心配や不安を取り除こうとするのではなく、幸せを感じることが大切でした。幸せが大きくなってしまえば、心配や不安は自然と取り除かれていきます。

では幸せを感じるにはどうすればいいかというと、自分の行動や考えが集中させることです。集中ができずに注意が散漫になっているからこそ、余計な心配や不安を感じていました。

誰でもある好きなことをしている時や考えている時に、心配や不安と感じる人は少ないです。いつでも好きなことをするのは難しいですから、考えを集中させる3つの行動してみましょう。

  1. マルチタスクをやめる
  2. まったく別の行動をする
  3. 深い呼吸をする

散漫になっていた考えが全く別のことをしたり、1つのことに集中することにより、不安や心配を考えずに気持ちが安らいでいきます。個別にもう少し詳細に紹介していきます、

マルチタスクをやめる

マルチタスクとは複数の作業を同時に、並行して行うことです。

大人になればなるほど行わなければいけないことが増え、1つのことに集中するというのは難しくなります。マルチタスクを行えることが、効率の良さとも考えられがちです。

通常時であれば、マルチタスクは推奨するぐらいです。ですが、心配や不安を感じている時のマルチタスクは集中できないことで余計な考えをよび、非効率にもなってしまいます。

今まで感じていなかった、心配や不安も増えていってしまうんです。心配や不安を感じている時こそ、まずは目の前にある1つに集中してみましょう。マルチタスクは後からで遅くありません。

ぜったの
複数の考えや行動をいったん止め、1つのことにしてみる

全く別の行動をする

心配は不安を感じている時に、そのままの行動を続けても状況は変わりません。心配や不安を感じている時にそのまま続けるという根性論は、さらなる心配や不安を生むだけです。

根性論ではなく、自分自身でいたわってあげることが必要でした。いたわるといっても難しいことをするのではありません。今現在している行動とは別の行動をしてみるだけです。

この時にする行動もすごく大変なことである必要はありません。一息休憩を入れてみるや、コンビニに行って飲み物を買ってくるなどで十分です。

注意が散漫になっているからこそいろいろ考えてしまい心配や不安の原因になっていますので、いったん全く別の行動をしてみましょう。気分転換をすることは、心配や不安を軽減してくれます。

ぜったの
すぐにできる違うことをしてみる

深い呼吸をする

落ち着くために深呼吸とはよく言われることですが、大きな効果を得られます。

ゆっくりと空気を吸い込む、空気を吐き出す動作を、5回程度で構わないですので行ってみてください。時間ににして1分かかるか、かからないぐらいです。気持ちの切り替えになります。

意識して呼吸をすることは気持ちの切り替えになるだけでなく、ダイエットにも有効なんですよ。呼吸は生きていく上で絶対に必要なことであるからこそ、効果も大きいんです。

効果が大きい理由は、普段呼吸を意識して行っていないことが理由となっています。一呼吸一呼吸意識して行っている人はいません。呼吸は意識せずとも自然に行っている行為です。

呼吸は普段意識をせずに行っていない行為だからこそ、意識を変換して集中できます。1つポイントがありまして、人に言われてでなく、自ら行うことに意味があります。

誰でもその場で時間もかからずにできますので、深く深呼吸することはオススメです。ヨガや太極拳などゆっくりな動作のスポーツで気持ちが安定するのも、呼吸の効果が大きいですよ。

ぜったの
人から言われてではなく、自分からやってみる

取り除こうではなく、意識を他へ移す

取り除こうではなく、意識を他へ移す

私たちはみんな機械ではなく心があるので、心の状態によって日々の生活が大きく変わってきます。だからこそ、心の状態をなるべく崩さずにいることが大切です。

心配や不安はストレスとなり、スナック菓子などお菓子や、甘い物を食べることに安心感を求めてしまいます。たまにはいいですが、繰り返すことで当たり前となり食べすぎにつながるんです。

当たり前となったことは慢性となり、効果が薄れていきます。ストレスを感じて余分に食べてしまうことは肥満につながるだけでなく、肥満による新たなストレスと生むことになります。

心配や不安になった場合は取り除こうや、甘い誘惑に逃げるのではなく、意識を他に移すことが重要でした。意識を別のことに移すのは、行動をしてみると思いの他にかんたんです。

心配や不安を取り除くのではなく意識を他へ移すことは、結果としてストレス関連のホルモンの分泌も減ることが分かっています。代わりにセトロニン、ドーパミンが心地よさを生みます。

紹介した3つの行動はどれもかんたんにできるものですので、心配や不安を感じた時は行ってみてください。心配や不安は取り除こうではなく、意識を他に移すですよ。

 

以上、『大きくなる心配や不安。落ち着かせるためにすぐにできる3つのこと』でした。