四季の中で基礎代謝が一番高くなるのは、やっぱり夏ですよね〜!

最近はとても暖かく、過ごしやすい日々が増えてきました。

これから夏に向けて服がより薄着になりますので、ダイエットに励む方が多くなると思います。

ダイエットとなると食事とともに大切なことは運動。食事制限だけでなく運動をする方もこの季節は増えます。今の季節は少し運動をすると汗ばんで、気持ちのいい運動ができますよね。

運動をすることは筋肉も増やすことにつながり基礎代謝も上げることができるので、運動の効果は単純に運動をしているだけの消費カロリーだけの効果だけにとどまりません。

ですから基礎代謝を結果的に増やすことになる、運動はとてもオススメです。

 

また、基礎代謝を上げることは他の2つ代謝である活動代謝、食事誘発性熱産生と合わせて消費エネルギーが増えますので、より痩せやすくなるといえます。

代謝の中で一番エネルギーを消費するのはとんでもないスポーツマンでない限り、基礎代謝が一番エネルギーを消費します。ですから基礎代謝を上げることがダイエットには重要なんですよ。

 

そんな基礎代謝ですが、季節によって変動していることをご存じでしょうか?

1日の中でも基礎代謝は変動しますが、1年の中でも基礎代謝は実は消費するエネルギー量が違うんです。日本には四季がありますが、春夏秋冬で基礎代謝が実は変動していました。

季節によって変動するとなると、どの季節が一番エネルギーを消費するのか気になりきませんか? 季節で基礎代謝が変動するということは、痩せやすい季節、痩せづらい季節があるということです。

痩せやすい季節があるならその季節に少し頑張ることでより効果が得られやすく、痩せづらい季節は少し気持ちを注意することで油断せずいられるということなんですよ。

 

ちょっと気になる、四季の中で基礎代謝が一番高くなる季節についてまとめてみました。

【シボヘール】
シボヘール

基礎代謝が上がりやすい季節とは

基礎代謝が上がりやすい季節は「汗をたくさんかいて疲労が多くなる気がする夏です!」といいたいところですが、その答えは「」です。

冬になると特に女性誌などのメディアで、「夏に向けてダイエットを始めましょう! 」と毎年のように特集が組まれますが、冬は基礎代謝が高く痩せやすいといえるので、理にかなったものです。

ダイエットにはまとまった日数がかかるという面もありますが、基礎代謝が高いのも理由でした。冬の寒い季節の方が基礎代謝が高くなる理由は、「人間が恒温動物であることが理由」です。

恒温動物は体温のキープが絶対必要

恒温動物は常に一定の体温を保つことで、生命を維持しています。春夏秋冬の一年中私たちが36℃程度の体温が一定であるのは、人間が恒温動物だからです。

寒いから体温が高め、熱いから体温が低めにはならないですよね。その理由は恒温動物として体温の調整を体が自然い行っていたのが理由でした。

光音堂分は1年中体温を保つために基礎代謝としてエネルギーが使われるのですが、冬は気温が低く寒いので、体温を上げるためにより多くのエネルギーを消費します。

逆に夏は気温が高く熱いので、体温調整のためのエネルギーが少なく済むということです。熱いと汗をかき体温を下げようとしますが、体温を上げるような多くのエネルギーは消費しません。

ですから体温を一定に保つためにエネルギーをより消費する冬の方が基礎代謝が高くなり、夏は熱を発生させるためのエネルギーが少なくなるため、基礎代謝は低くなります。

どの程度の差が夏と冬であるかというと、その昔は10%程度と言われていましたが、6〜8%の差であると研究結果が出ています。6〜8%というと1日100kcal弱差が出るので、大きいですよ。

恒温動物とは?
気温や水温などの周囲の温度に左右されずに、対応を一定に保つことができる動物

熱の発生にはエネルギーが多くいる

熱の発生にはエネルギーが多くいる

基礎代謝が高いのは汗もたくさんかく夏のイメージがありますが、実は冬でした。

熱がエネルギーを多く必要なのは、家電品なども同様ですね。電気として蛍光灯やLEDランプなど光を発する使い方よりも、ドライヤーや、ヒーターなどの方が電気使用量が多いです。

熱を発生させるには家電としても、電力がより必要な使用方法でした。

 

夏と冬の基礎代謝の違いですが、体脂肪が少なく痩せている人ほど変動する基礎代謝が大きくなります。その理由は体温を維持する目的もある体脂肪が少ないため、体温が変動しやすくなるからです。

ですから痩せている人ほど冬は痩せやすい! という、少し面白い現象が起こります。毎年冬に痩せてしまう! 困る! という方は、冬は少しだけ夏よりも食べる努力が必要ですよ。

 

これから夏に向けて基礎代謝でいうと痩せづらいということになります。冬の食事量よりも気持ち少しだけ減らしてみるといいかもしれません。夏の期間は少しだけ注意ですよ。

夏は毎年太る! という方は、少しだけ冬よりも食事の量を減らしてみましょう。夏の代名詞であるガリガリ君1本のカロリーぐらいの差が、冬と夏では基礎代謝の変動として発生しています。

 

以上が『四季の中で基礎代謝が一番高くなるのは、やっぱり夏ですよね〜!』でした。