カロリーコントロールがしっかりできている私はもう完璧ですよね?

健康やダイエットを頑張っている方が、共通して興味があるのは食べ物のカロリー。

今は生鮮食品を除くほとんどの食品にカロリー表示がありますので、iPhoneやAndroidのスマートフォンや、パソコンのアプリでしっかりと記録を付けている方が多くなってきました。

記録をつけてさらに計算をすることで「カロリーコントロール」はバッチリということですね。

あなたは「カロリーコントロール」を気をつけてしていますか?

カロリーは多くの食品に表示されているとはいえ、全ての記憶を付けていくのは大変です。大変であっても、記録と計算を怠らずにカロリーコントロールをする方には頭が下がります。

なのですが、カロリーコントロールができている全ての方が健康で、ダイエットもうまくいっているかというと、そうではありません。そう、実はカロリーコントロールは完璧でないんです。

カロリーコントロールが完璧でない理由は、カロリーコントロールには不確定要素があるからです。せっかく時間と使って努力して頑張っているのに、なんで! という感じですよね。

そこで、カロリーコントロールの不確定要素について、まとめてみました。

カロリーコントロールの7+3の不確定要素とは

カロリーコントロールの不確定要素は食べた時で7つ、運動した時3つと、合計10個の不確定要素があります。食べた時、運動した時の不確定要素をそれぞれ分けて紹介していきます。

食べた時の7つの不確定要素

食べた時のカロリーコントロールの不確定要素は次の7つです。

  1. カロリーが同じでも栄養素によって性質と役割が異なる
  2. 同じ食材でも大きさや密度、生産環境によってカロリーが異なる
  3. 食べた物が全てエネルギーとして吸収されるわけではない
  4. 吸収されるエネルギーは人によって異なる
  5. 同じ人であっても季節やその日の体調の変化で吸収が異なる
  6. 食べる順番や生活習慣の違いで、エネルギーとして貯蔵する過程が異なる
  7. 同じカロリーであっても食品によってGI値が異なる

①カロリーが同じでもご飯と豆腐では糖質、たんぱく質と栄養素が異なるように、性質と役割が異なります。

②同じ食材であれば全て同じカロリーかというと、そうではありません。食べ物に表示されているカロリーも同じように表示カロリーの通りかとというと、実は違うんです。

あくまでも商品のカロリーを確認した時のサンプルが表示のカロリーで、あくまでも目安です。

③食べた物が全て吸収されるかというと、そうではありません。テレビの大食い選手権の出場選手が細身の方が多いことでも明らかですが、全てがエネルギーとして吸収されるわけではありません。

④人によっての違いだけでなく、同じ人であってもエネルギーの吸収は日によって変わってきます。

⑤ダイエット方法の1つに食べる順番ダイエットがありますが、とても理にかなっているんです。カロリー計算では全く同じカロリーでも、吸収されるエネルギーは変わってくるからです。

⑥血糖値を必要以上に上げなくする食べる順番ダイエットは、カロリーでは計算できません。

⑦食べ物にはそれぞれGI値があります。GI値とはブドウ糖を100として時の値ですが、低GI値の物は血糖値の上昇が抑えられるので、カロリーが高くでも太りづらいんです。

白く精製がされているものほど、GI値は高めの物が多くなります。GI値とカロリーは別物ですので、カロリーコントロールだけでは、見逃してしまう部分が多かったんです。

海外ではカロリーよりもGI値を大きく表示している物が多くあります。GI値は重要なんです。

ぜったの
同じ人でも食べた物が全て期待通りの吸収、働きをしているわけではない

運動した時の3つの不確定要素

運動した時のカロリーコントロールの不確定要素は次の3つです。

  1. 基礎代謝は人によって異なる
  2. 同じ運動量であっても人によってエネルギー消費量が異なる
  3. 同じ人でも気温や環境、その日の状況によってエネルギー消費量が異なる

①基礎代謝は性別や体格、その時の状態によって毎日異なります。

②同じ運動量であっても人によって負荷も異なれば、エネルギーの消費量も異なります。また、同じ人であってもその時の状況によって同じ運動量であっても、エネルギー消費量が異なるんです。

③エネルギー消費の目安は基礎代謝も運動した際も分かりますが、あくまでも目安です。実際は目安で考えている以上にエネルギー消費が少ない、または多いという場合があります。

ぜったの
消費カロリーの不確定要素が、カロリーコントロールを難しくしている

カロリーは、摂取も消費もあくまでも目安に

カロリーはあくまでも目安に

カロリーコントロールの不確定要素について紹介してきました。

カロリーコントロールの不確定要素は1つ2つではなく、10個もありました。カロリーコントロールは一見は完璧なように見えますが、完璧ではなかったんです。

完璧ではないからこそ、カロリーコントロールがしっかりとできているはずの方が健康でなかったり、ダイエットがうまくいかない場合があったんです。

ですが、完璧ではないからといって、カロリーコントロールはしなくていいのではありません。目安としてこれ以上に最適なものはありません。要は過信をしすぎなければいいんです。

きっちりやろうとすればするほど、できていないとわかった時のショックは大きくなります。ガチガチではなく、おおよそという感じで見ることができると、気持ちも楽になりますよ。

健康もダイエットもストレスは決していい影響になりませんから、気を楽に持ちましょう。

 

以上が『カロリーコントロールがしっかりできている私はもう完璧ですよね?』でした。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/funfunfunfun/absolute-funfun.com/public_html/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:646 Stack trace: #0 /home/funfunfunfun/absolute-funfun.com/public_html/wp-includes/template-loader.php(98): include() #1 /home/funfunfunfun/absolute-funfun.com/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/funfunfun...') #2 /home/funfunfunfun/absolute-funfun.com/public_html/index.php(17): require('/home/funfunfun...') #3 {main} thrown in /home/funfunfunfun/absolute-funfun.com/public_html/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 646