1日10,000歩 (1万歩)を歩くと、痩せられるの? その疑問に回答します

ウォーキングでよく聞く言葉「1日10,000歩 (1万歩)」。

今はスマホ、Apple Watchなどスマートウォッチで歩数と計測してくれますが、思い他に困難な数字。

極力歩くことを意識する、またはジョギングを習慣にしているなどでない場合は届きません。

そもそもを言えば、この1日10,000歩に明確な根拠などはない数値。

【1日10,000歩の起源】

  1. 東京オリンピックが1964年(昭和39年)に開催
  2. 翌年1965年(昭和40年)に山佐時計計器から「万歩メーター(歩数計)」が発売
  3. 当時の厚労省(当時の厚生労働省)が1日1万歩の健康法を提唱されたのが始まり

※万歩計は山佐時計計器株式会社の登録商標で、一般的には歩数計

それでもめちゃくちゃキリのいい数字だからこそ、気になる歩数。

また、ちょっと頑張れば届きそうだからこそ、気になることがある数字でもあります。

1日10,000歩を歩くと痩せるの?

特に歩くことは全身運動、かつ年齢を問わず行えることですから、やっぱり気になる部分。

そんな中というほどでもないですが、記事中でも画像で出しますが、私は月平均でも1日10,000歩をちょうど超えるレベル。

1日、2日ならなんとか届いても、月間までというと人を選ぶのは間違いありません。

ちょうど都合のよいサンプルとして、1日10,000歩を歩くと痩せられるのか解説していきます。

10,000歩ってどれくらいの距離

単に10,000歩と言っても、人ぞれぞれで身長も足の長さも異なるのもの。

だからこそ、以下のような違いが距離の差となって出てきます。

【歩数の目安:身長 x 0.45】

  • 155cmの場合:155 x 0.45 x 10,000 = 6.975km (約7km)
  • 175cmの場合:175 x 0.45 x 10,000 = 7,875 km(約7,9km)

身長が高い人ほど歩幅が大きくなるので、距離が伸びるというわけですね。

少ない歩数ならばまだしも、10,000歩となると大きな差が出てきます。

人によって差が出るこのことからも、明確な根拠ではないいうのが分かる部分です。

また、プラスして実際の距離を見ると、結構な大変だなとの想像がかんたんになります。

どの程度みんなは歩いている?

1日10,000歩は気になるところですが、多くの方は現在どの程度歩いているのか?

厚生労働省が調査したデータがありますので、確認してみましょう

全年齢平均値男性(2,124人)女性(2,444人)
1日の歩数6,793歩5,832歩

厚生労働省令和元年年「国民健康・栄養調査」の結果 / 2.歩数の状況

上記は全年齢の平均値ですが、1日10,000歩には男女ともに遠いのが現状。

年齢別に見ても、男性が20代の8,301歩、女性50代の6,841歩が最高値でした。

1日2日であれば意識すれば届きそうですが、月平均となると少し難しいかもしれません。

ちなみに、現在厚生労働省「健康日本21 (第二次)」記述されている歩数の目標は以下の通り。

歩数の目標男性女性
20〜64歳9,000歩8,500歩
65歳以上7,000歩6,000歩

1日10,000歩は結構頑張りが必要ですが、これなら少しの意識の変化で届きそうなレベル。

まずは、この歩数を目指してみると、結果的に1日10,000歩に届くのではないでしょうか?

ぜつびん
1日10,000歩はもちろん、全年齢で厚生労働省推奨の歩数目標にも届いていないのが、現状

10,000歩で痩せられるのか?

月間歩数平均

私の記録ですが上記の画像の通り、月平均で10.000歩を越えています。

ですが、すごく歩くことをしているかというと、実際はそんなことはありません。

  1. 仕事は在宅
  2. 引きこもり大好き
  3. 出ざるしかない場合を除いて極力外に出ない
  4. 歩数を増やしているのは、完全にジョギング

私が月間平均でも10.000歩を超えるのは、運動記録で公開しているジョギングをしているから。

Apple Watchを基本付けているので実数に近いと思いますが、ジョギングをしない日は500歩に余裕で満たない日も…。

日による差が少し極端ではありますが、それでも届くのも10.000歩でもあります。

で、実際痩せられるの?

月間徒歩移動距離平均

データとして当然ありますから、歩数のみでなく距離も証明として画像を見てください。

記述はしませんが、私は先述した例の175cmには到底届かない身長。

ジョギングであることで歩幅が広がるため、参考例と似たような距離になってます。

特に気はしていなかったですが、こうやって見てみると面白いですね

メインとなるのがウォーキング、ジョギングの差はあっても、気になるのは痩せるのかどうか?

ある程度意識して食べないと、痩せてしまう

体にかかる負荷の違いで消費カロリーの差は出てきますが、これは紛れもない事実。

実際、私はお菓子はなるべく控えていますが、特に食事制限は行っていません。

今は食事制限のメジャーと言える、糖質制限なんて逆に私には無理です。

加えて普段は普通盛りで食べ過ぎもしないですが、いわゆるチートデイは多め。

その際に食べる大好きなラーメン、甘いもの食べるタイミングを逃すと、意図はなくても体重が落ちてしまうのが現状です。

ただし、ウォーキングのみだと歩数は同様であっても、多少の違いは出てくると思います。

ですが、少なくとも太るのは困難になるのは、よく歩く人に太めの方が少ないのがその証明。

食事量には関係するが、太りずらく痩せやすくなる

これが、10,000歩を平均で歩けたら痩せるのか? の回答です。

めちゃくちゃ現状が歩数的に遠いと難しいですが、近い方は少し増やしてみる価値はあります。

ぜつびん
食事量に痩せられるかどうか関係するのは、どの運動を行っても同じ

1万歩を歩くと痩せるのか? あとがき

1万歩を歩くと痩せるのか? あとがき

きりのいい数字だからこそ、気になってしまう「1日10,000歩」。

ですが、冒頭で記述した通り、何か根拠があってできた歩数ではありません。

また、距離にすると結構ありますので、全世代の平均で届いていない数値でもあります。

だからこそより気になるのは、1日10,000歩を歩くと痩せるのか?

食事量には関係するが、太りずらく痩せやすくなる

これが、何も膨張も低くも見積もっていない、気になる回答の答え。

どんな運動をしてもですが、食事量が多すぎると、それ相応です。

それでも大きな準備がいらずに、行える全身運動が歩く、走るということ。

最初は1日10,000歩に届かせるというのは、大変だと思います。

ですが、基本出歩かない私のような人でも、ジョギングが要因でも届いてしまう歩数。

1日10,000歩にこだわる必要はないですが、少しいつもより歩いてみよう! というのはよい選択肢です。

運動が苦手な方も、歩くことはできますから、1日100歩、200歩と増やしてみましょう。

1日2日ではちょっとしたことですが、積み重ねでダイエットのサポートになりますよ。

 

以上が『1日10,000歩 (1万歩)を歩くと、痩せられるの? その疑問に回答します』でした。