食事制限で起こる便秘。体も重くて気分もよくないけれど、どうする?

食事制限のみのダイエットを行うと起こりやすいのが「便秘」。

出すべきもの出ないからこそ、体が重いだけでなく、気分も良いとはいえません。

  • 食べる量が少ない
  • 摂取水分量が少ない

特に食事制限のみダイエットを行う前には問題がなかった方に、当てはまること。

気持ちもどんよりとしていまいますから、ダイエットのやめるきっかけにもなっているんです。

また、出ないからといって、この状態の時にで秘薬に頼るのは、あまりいい選択とはいえません。

慢性化する = 効果がでなくなる

時には役に立つ便秘薬も、口にするものが少ないからの理由で使うのはよくありません。

便秘にはなりたくないけれど、ダイエットは継続したい…。

どんなことをすれば、ダイエット中でも便秘になりずらいのか、解説をしていきます。

便秘解消のためにできること

食事制限のダイエットが原因で起こる「便秘」。

飲む、食べる量減っているのですから、すぐにできることが1つ。

飲む、食べる量を増やす

減らしていることが原因なのですから、戻すのは悪くない手段です。

ただし、飲む、食べる量をそのまま戻して便秘は解消されても、ダイエットができない…。

だからこそ同じ食事制限ををするのでも、やり方を変更する必要があります。

  1. 一気に量を減らさない
  2. 食べる物を制限しない
  3. ウォーキング、ジョギングを加える

便秘にならずにダイエットを問題なく継続するには、少しの工夫を加えることで可能です。

1.一気に量を減らさない

食事制限をする時に多くの方が行ってしまうのが、「一気に食事量を減らす」。

大きな変更だからこそ、問題も発生する

やるからには一気! にという考える気持ち自体は分かりますが、明らかに頑張り過ぎ!

事実、便秘というあってほしくないことが発生してしまうのは、よろしくない行動の結果です。

食事制限で減らすこと自体は問題ないですが、やるなら一気にではなく徐々にです。

そうすることで、ここまでは減らしても体的に大丈夫をいう分量も分かります。

ボクサーが計量のための減量で行うようなことを、私たちはしてはいけません。

基礎代謝を下回るような食事制限は、問題が起こらないわけがありません。

ぜつびん
一気に食事を減らすのはつらいだけで、便秘、リバンウンドの三重苦になるだけ

2.食べる物を制限しない

口にする量と同時に行ってしまうのが、「食べる物の制限」。

  1. カロリーが低いもの優先
  2. 栄養素が不足する
  3. 食物繊維が取ればいいと思っている
  4. 水さえも制限する

食べる分量を減らすばかりか、カロリーで食べるものを選んでしまうと栄養素が不足します。

その状態で食物繊維ばかりをとっても、逆に便意が起こらないということも起こります。

水分量があるからこそ便もスムーズに出ますので、よろしくない行為でした。

ジュースなどを少なくするのはいいですが、水分を制限をしてはダメです。

飲んじゃいけない、食べちゃいけない= ストレス

ストレスも便秘に大きく影響しますので、完全にダメではなく、量や機会を少なくしましょう。

量が問題になるだけで、高カロリーの物をダイエット中に食べていけないではありません。

減らす際も、極端に減らすではなく、徐々にです。

ぜつびん
量は制限するべきですが、飲むのも食べるのもダメ!としてはいけない

3.ウォーキング、ジョギングを加える

運食事制限のみにするのではなく、してほしいのは「ウォーキング、ジョギングをする」。

やりたくない気持ちも分かりますが、動けない以外の場合は取り入れた方がいいです。

ウォーキング、ジョギング = 振動で腸が刺激される

便意が起こる、腸の蠕動運動ぜんどううんどう

自然な刺激を運動で与えてあげることが、腸の働き活発にします。

実際、ウォーキング、ジョギングを習慣にしている方ほど、便秘持ちは圧倒的に少ないです。

活動代謝を増やすことにもつながりますから、消費カロリーも増えるという、いいことづく目。

特殊で特別な運動をする必要はないですが、体を動かすことは便秘にも効果的です。

ぜつびん
私は以前便秘持ちでしたが、ジョギングが習慣になってから毎日快調そのもの! 元々運動習慣はあったにも関わらずにです

食事制限で起こる便秘 あとがき

食事制限で起こる便秘 あとがき

食事制限のみのダイエットを行って、起こりやすくなる「便秘」。

体も重く感じますし、気持ちもすっきりとしないので、大きなストレスになります。

加えて肌荒れの原因にもなるというだけでなく、慢性化しやすいのも便秘です。

  • 食べる量が少ない
  • 摂取水分量が少ない

ダイエットを成功させたい! と頑張り過ぎてしまっているのが、原因となっていました。

特に食事制限をする前は問題なく便が出て方は、ビンゴ! というぐらい当てはまります。

頑張り過ぎ = 自ら体に無理をさせ過ぎている

ダイエットをするには意識は必要でも、頑張り過ぎは不要です。

やり過ぎてしまうのは、スポーツ選手の行う減量と同じで、すぐにリバンウンドをします。

また、あたながダイエットが必要な状態へ、突然起きたらなっていたのではありません。

積み重ねがあって今になったのですから、落とす際も徐々にがベストな選択。

食事制限であっても、頑張り過ぎない少しの変化が、結果として大きく変わります。

頑張るのに、つらい、便秘になる、すぐにリバンウドをするのでは、やる意味がありません。

ダイエットをしたい気持ちは分かりますが、焦って頑張り過ぎないようにしてください。

 

以上が『食事制限で起こる便秘。体も重くて気分もよくないけれど、どうする?』でした。