夜眠れない…。タイプ別の理由を知り、対策をして朝までぐっすり!

疲労回復だけでなく、健康やダイエットのどちらにも重要な「睡眠」。

何も問題なく毎日ぐっすり眠れればいいのですが、大きな悩みとなっている方も多いです。

眠れないことは睡眠障害と呼ばれ、主に以下の3つのタイプに分けることができます。

  1. 入眠障害
  2. 中途覚醒
  3. 早期覚醒

1日、2日の短期間であればそんな場合もあるよで済ませられますが、継続して起こるようになると、思っている以上に大変な状態になるのは必然。

また、それぞれに理由があり、同じ眠れないであっても、その対処方法は異なります。

3つ睡眠障害がどんあ症状で、改善するには何ができるのか解説していきます。

1.入眠障害

布団やベッドに入っても眠れない「入眠障害」。

30分以上。1時間以上も眠れないなんてことも、多くなっていきます。

継続して眠れない日が続くことで不安となり、より深い入眠障害になることも…。

入眠障害でできること

主な原因は「ストレス」によるもの。

  1. 1度あえて、布団やベットから離れる
  2. 暖かい物飲んでみる
  3. 足元だけ暖かくする

① 眠れないと思うことがストレスになり、あえて眠る場所から離れて少し行動してみることも重要。

② ダイエットをしている方に多いのですが、きつめの食事制限や何時以降食べないと決めることで、寝るタイミングの際に明らかな空腹状態。

我慢していることがストレスになり、眠れない場合は暖かい飲み物を飲んでみましょう。

③ 足元が冷えていると、思っている以上に多くの方は眠れないです。

靴下を履くや、布団を余分にかけるなど、温めてあげましょう。

 

ぜつびん
ストレスを意識して減らすことが、改善への一歩

入眠障害 番外編

私がよくやってしまう、入眠障害になってしまうこと。

寝ようとする直前に激しい運動をする

私の場合ジョギング(5〜7キロ)ですが、疲れて寝れるどころか眠れません。

軽いものならば大丈夫ですが、運動をするタイミングは気を付けましょう。

2.中途覚醒

寝ている途中で目が冷めてしまう「中途覚醒」。

複数回になることも少なくなく、ひどい状態では1時間に1回などにもなりえます。

その都度すぐに寝れるわけではないので、睡眠が浅くなってしまうのは必然です。

中途覚醒でできること

主な原因は「体内時計のずれ」によるもの。

  1. 日中の活動量を増やす
  2. 日光を浴びる機会を作る
  3. 昼寝をしすぎない

① 活動が少ないと、睡眠を導くホルモン「メラトニン」の分泌量が減ります。

めちゃくちゃに運動しろ! ではないですが、体を動かなさ過ぎるのも問題です。

② 1日家にカーテンすら開けずに引きこもるなどは、体内時計はずれて当然といえます。

③ 夜寝れないからど、昼寝が増える方は多いです。

30分程度は問題ありませんが、越えてくるようだと体内時計はずれていきます。

ぜつびん
日中にするべく活動を自らで制限しないこと

3.早期覚醒

希望しているよりも2時間以上早く目覚めてしまう「早期覚醒」。

眠れにないわけではないですが、日に日に早く目覚めてします。

よく老人になると早寝早起きが増えると言われますが、その極端ともいえる形です。

早期覚醒できること

主な原因は「体内時計ズレが早くなりすぎ」によるもの。

  1. 朝日の日光を避ける
  2. 起きてすぐに何か口にしない

① 通常であれば問題日光を浴びましょうなのですが、体内時計が早くなり過ぎていることが問題。

あえて本来の希望の時間まで、日の光をを浴びないようにします。

② 日光と同じく、体内時計のスイッチが入ってしまう飲食。

こちらも同様に本藍の時間まで、あえて口にしないことが重要です。

ぜつびん
早くなり過ぎた体内時計を、修正することが必要

睡眠障害 あとがき

睡眠障害 あとがき

思うように眠れないのは身体的につらいだけでなく、健康やダイエットにも影響します。

個人差はあっても、1日に6〜8時間は必要とされる睡眠。

その時間もですが、質というのもとても重要です。

  1. 入眠障害
  2. 中途覚醒
  3. 早期覚醒

上記のような3つの主な睡眠障害が起こってしますと、質がどうしても低下します。

しょうがないではなく、改善する必要があることですので、可能な限りのことはしましょう。

眠れないからお酒の力を借りる

結果としてこれは浅い眠りにしかならず、全くオススメができない行動です。

年齢が上がるとともに、どうしても増えてしまう睡眠障害。

あなたの眠れない原因はどのタイプか認識し、できることをしてみてください。

また自分自身では何をしても変化が得られない場合は、お医者さんに頼ることも必要

それは逃げではなく、必要のある賢い選択です。

 

以上が『夜眠れない…。タイプ別の理由を知り、対策をして朝までぐっすり!』でした。