謎解明♪ 利尿作用のある飲み物を飲んで、脱水症状にならない理由

平成最後の夏はいつの間にか終わり、秋から冬へと変わる季節になってきました。

それにともなって、氷が入ってキンキンに冷たかった飲み物から、温かいコーヒーやお茶に飲み物が変わったという方も多いのではないでしょうか?

そのコーヒーやお茶というと「カフェイン」が多く含まれているのは、皆さんのご存じの通りです。ノンカフェインのものも中にはありますがわざわざ説明があるくらいですから、基本カフェインが含まれていると考えて間違いありません。

で、カフェインというと中枢神経を興奮させることによる覚醒作用で眠気などを覚ます他に、利尿作用もあることが知られています。確かにトイレが近くなりますよね。

ここで1つ疑問です。

利尿作用がある飲み物だけを飲んでいたら、脱水症状になるのでは? と考えたことはありませんか? でも、コーヒーやお茶ばっかり飲む方が脱水症状になったとは、まず聞いたことはないですよね。

利尿作用がある飲み物を飲んでも脱水症状にならないのは「体の仕組み」に理由がありました。

どんな体の仕組みがあるのか、この記事では紹介していきます。

【えんきん】
えんきんえんきん

飲んでも脱水症状にはならない

英文ですが、家庭医学の専門がである、ダニエル・ヴィジル博士のレポートをまとめたものです。

ダニエル・ヴィジル博士発表レポート
No, Coffee and Tea Aren’t Actually Dehydrating. Here’s Why

ここに何が書かれているのかというと、コーヒーやお茶を飲んでも利尿作用がたしかに高まるけれど、体が必要としている水分が排出されることはないということが書いてあります。

なぜならば、コーヒーやお茶はカフェインそのものを飲んでいるわけではなく、必ず液体が水分として口にしているからです。

そう言われると確かにそうですよね。コーヒーやお茶という飲み物を飲んでいる中で、カフェインが摂取されています。

摂取した必要な水分を排出しないというのは、「体の仕組み」がうまくできているということですね。

ですから、「コーヒーやお茶を飲み続けているとどんどん尿として排出され、脱水症状になる」というのはありえません。ありそうな気はしてしまいますけれど、勘違いによる誤った認識です。

実際、コーヒーやお茶などカフェインが含まれる飲み物で脱水症状になるようであれば、国として摂取量が制限される飲み物になってしまっているでしょうね。

気にせずおいしく飲みましょう

カフェインに利尿作用があるというのは紛れもない事実ですが、脱水症状を気にして飲む量を抑えていたなんていた方には安心する結果ですよね。

とはいえ、あまりに飲みすぎてしまうとカフェイン中毒になる可能性があります。バランスが必要です。

私は基本飲み物は常にコーヒーで、水は薬を飲む際にぐらいしか飲みません。なので、この研究結果を見た時は実際私は脱水症状になったこともないですし、その証明にもなりましたよ。

安心しましたので、ますますおいしくコーヒーを今まで以上に毎日飲むようにします。

以上が『謎解明♪ 利尿作用のある飲み物を飲んで、脱水症状にならない理由』でした。