ダイエットのよくする間違い。同じするなら過激によりも健康的に!

あなたは今ダイエットされていますか? それとも興味だけで止まっていますか?

ダイエット(痩せること)は男女の性別が関係なく、多くの人たちが興味を持ったり、行っています。

その理由として、なんとか今よりも痩せたい! きれいになりたい! かっこよくなりたい!  健康なりたい! というのが、多くのダイエットをする人たちの願いですよね。

興味があるからこそダイエットを開始する人たちも多いのですが、早くダイエットの効果を得たいからこそ、間違ったダイエットをしてしまう方が多いです。

間違ったダイエットとは「過激過ぎるダイエット」のことです。

本来はそんなダイエット方法は必要なく、健康的に痩せる方法はその人それぞれで存在します。食べない、極端に制限をするなどが代表な過激すぎるダイエット方法は誤ったダイエット方法です。

その人それぞれにあった健康的なダイエット方法は、してはいけない過激過ぎるダイエット方法を除いていくと、自ずと見えてきます。

そこで今回は間違った過激過ぎるダイエット方法をしないためにも、過激過ぎるダイエット方法を行った時の大きなツケ、デメリットについて紹介していきます。

ファンケル 本搾り青汁ベーシック 10日分セット

過激なダイエット方法の大きなツケ

過激なダイエット方法は、次の5つような大きなツケがもれなく付いてきます。

  • 過度なストレス
  • すぐにリバウンドする
  • 体調不良
  • 便秘・肌荒れ
  • 髪の毛がパサパサになる

代表的な過激なダイエットのツケですが、どれもがデメリットでしかありません。

しかも一時だけではなく、長く続くツケになる怖いものも多数あります。組み合わさることで、より大きなツケになるものも多いのが特徴です。

それぞれで個別にもう少しずつ、大きなツケによるデメリットを紹介していきます。

過度なストレス

ダイエット(痩せること)をすることは、どんな方法を行うとしても今までの自分の生活を変更しる必要があります。運動法、食事法、その他の方法でも同様です。

新しいことを始める、制限をするということは、ストレスを生みます。どんな方法をしても大小の差こそあれストレスと、うまく付き合うことがダイエットには必須です。

過激なダイエットは過激であればあるほど、大きなストレスを生みます。

ストレスははけ口がないとたまる一方ですので、自分で扱えない範囲のストレスを作る原因を自ら行うことは間違っています。

ぜったの
ストレス社会で自らストレスを増やすのは無謀です

すぐにリバウンドする

急激にダイエットをした場合、見た目の変化の前にすぐに体重の数値が減るため、より過激なダイエットをしてしまう人たちがいます。

見た目に変化のない体重の減りは、減った多くが体の中の水分です。いわゆるスポンジが乾いた状態ですので、少し油断しただけですぐにリバウンドします。

過激なダイエットはボクサーの計量前に行う減量と同じで、ダイエット(痩せること)とは異なります。飢餓状態におちいるため、開始体重よりも増えるなんてことはよくあることです。

ぜったの
急激な体重の減少は水分による一時的なものです

体調不良

過激なダイエットは体調不良の大きな原因です。

人だけでなく生きている全ての生物は、行きていくために必要な栄養素、成分があります。過剰であれば制限が必要ですが、不足しているものは補うしかありません。

ぜったの
一度なった体調不良は長引きます

便秘・肌荒れ

女性のみならず最近は症状がでることの多い、便秘と肌荒れ。

過激なダイエットをすればするほど、その症状が強く現れます。一度症状が現れると改善するのに長い期間を要しますので、各々で出ないように調整する必要があります。

過激過ぎるダイエットはそもそもの調整ができないので、便秘と肌荒れがしない方が珍しいです。自分から便秘や肌荒れをしたい! なんて方はいませんよね?

ぜったの
せっかく痩せても見た目が台無しです

髪の毛がパサパサになる

髪の毛がパサパサになったり薄くなったりするのも、過激なダイエットで起こる症状です。

髪の毛は「角化した細胞」いわゆる死んだ細胞の集まりです。死んだ細胞であるからこそ、切っても痛くないということです。

死んだ細胞であるからこそ、一度ダメージを受けてしまうと、回復するのは難しくなります。髪の毛はずっと付き合っていくものですので、わるい影響を与えないことが大切です。

ぜったの
後からケアをしてもなかなか戻りません

ダイエットは健康的に正しい方法で

ダイエットは健康的に正しい方法で

ダイエットはその方法一つで、これからの毎日が健康で楽しくなる場合と、ツラく健康的に被害を被ることがあります。

どうせ同じダイエットをするのであるば、前者の「これからの毎日が健康で楽しくなる」を目指したダイエットをするべきです。

ダイエットが必要になる肥満はその多くの場合、その人自身に肥満の原因があります。

夜寝て長起きたら、突然太っていたなんてことはありません。肥満になるにはなるべく理由と時間を要すると同じく、ダイエットをする際も徐々に変わって行くことが大切です。

思い立った時に一気に痩せたい! ダイエットしたいという気持ちは分かりますが、少しずつ健康的にダイエットを行うことが、結果的に時間も効率もよくなりますよ。

ダイエットをすることは間違いではありませんので、過激なものではなく、健康的なダイエット方法を選択して行うようにしましょう!

 

以上が『ダイエットのよくする間違い。同じするなら過激によりも健康的に!』でした。

関連 まとめ記事

分かっているのについしてしまう、ダイエット中の7つ間違いとは?