コンスタントに毎月100km走れると、太るのが困難になるのは事実!

ダイエットは今よりも痩せるだけでなく、キープしてこその成功。

太りたくない…

老若男女問わず、多くの方が願っていることではないでしょうか?

ですが、このキープというのは思いの他に難しいもの。

なんでも「普通」が、実際に行ってみると大変であるのと同様です。

痩せるまでいかずとも、太りたくないからこそ食事制限が無理難題となる…。

そこで今をキープしたい人こそ、知っておきたい情報があります。

コンスタントに月に100km走れると、太るのが困難になる

私は日々のジョギングの記録を運動記録として公開していますが、これは紛れもない事実。

しかも食事制限をあまり気にすることなく、太りずらくなります。

とはいえ「100kmって…」と思うかもしれませんが、実際始めてしまうと実はそう困難な距離ではありません。

なぜコンスタントに月に100km走れると、太るのが困難になるのか解説していきます。

走って消費するカロリー

ランニング、ジョギングは、いわゆる「有酸素運動」。

筋トレなどの無酸素運動と異なり、ある程度の時間継続して行えることも特徴です。

その気になるカロリーの計算は以下の通り。

消費エネルギー(kcal) = 体重(kg) × METs × 運動時間(h) × 1.05

体重と運動の強度(METs)、時間によって変わってきます。

ですが、こんな厳密に計算するのはとても面倒くさく、頭がこんがらかってしまいます。

これを毎回こと細かく計算しようとするのは、よっぽどのマニアでないとできません。

そこで、おおよその値にはなりますが、かんたんに計算できる方法があります。

体重 x 距離(km) = 消費カロリー

一気にかんたんになり、計算が得意な方であれば、暗算でも可能なレベルになりました。

しかも実際の感覚値としても、目安とするには十分な値が得られるのも特徴です。

100kmで消費するカロリーの目安

かんたんになった消費カロリーの計算を元に、より分かりやくなるように数値を出してみます。

体重走行距離消費カロリー
50kg100km5,000kcal
60kg100km6,000kcal
70kg100km7,000kcal
80kg100km8,000kcal

体重によって数値は変わってきますが、大きな消費カロリーです。

普通の1日の食事に換算すると、2日分以上のカロリーを消費することに!

この消費したカロリー分を余分に食べようというのは、かなり困難な値。

100kmコンスタントに走れると、太るのが困難という証明にもなっています。

おおまかでいいのか? と考える方もいますが、細かく考える必要なんて一切ありません。

正確な数値なんて実際出ませんし、頭でっかちになるのはダイエットには意味のないことです。

ぜつびん
運動の消費カロリーは大したことないとも言われますが、まとまるとかなり多くなります

走ることによる良い副産物

100kmを走るには、必要なこと、意識の変化が出てきます。

  • 食べ過ぎでは走れない
  • 栄養素、カロリーの重要性を知る

運動すると食べる量が増えるという方もいますが、あっているようで間違いでもあります。

たまにの運動であれば食べたくもなりますが、継続していると変わってくるのが食事量。

特に走ることは顕著ですが、いっぱい食べているとびっくりするほどに走れません。

必然的に走る日というのは、食べ過ぎを抑えることができます。

実際、私が走るのは夜ですが、夕食は朝、昼よりもかなり控えめ。

また、走るには馬力も必要だからこそ、栄養素、摂取カロリーの必要性の意識も上がります。

その結果として、起こる意識の変化が1つ。

食べる物や量を自らの意思で選ぶようになる

これがどうなるかと言えば、つらいはずの食事制限がそうではなくなるんです。

全く食べないということはないですが、お菓子など本来不要な物があまり欲しなくなります。

走ることで消費カロリーが増え、無理なくムダを省いた食事制限ができるようになる。

かつ無理なくですから、理想と言える状況が生まれます。

結果として、太りずらくなるのは必然でした。

でも、100kmなんて走れないよ…

100km走れると、太りずらくなる理由はなんとなくは分かった。

でも、そんなに走れないよ…。と感じる方も多いはず。

私も実際に行ってみるまでは、ずっとそう思っていました。

ですが、意外とやってしまうと到達できてしまうのが、100kmという距離。

ランニング、ジョギングの習慣のある方:月100km前後が最多

もちろん少ない方、とんでもなく距離を走る方もいますが、大半の方が走る距離が100km。

多くの方にとって継続して走れるというのは、無理のない距離でもあります。

かつ、走ることが習慣になっている方で、太っている方はほぼ皆無。

次第にランナー体型になっていくことでシュッともしますし、太りずらくなる証明でもありました。

100kmに到達するまでの期間

多くの走ることを習慣にしている方が、届く距離の「100km」。

とはいえこれから走り始める方が、いきなり初月で届く距離ではありません。

無理すれば可能でも、それはあまりよい選択とは言えません。

できる」が心身ともに一致していないと、継続ができないから

特にダイエットのための運動をするにあたって、続けられないことをするのはムダでしかありません。

少しづつでもいいので、無理なくできることをするのができることの拡大に繋がります。

そこで重要となるのは、まず5kmを走れるようになること。

なぜ、5kmなのかといえば、ちゃんとした理由があります。

月に10回休んでも、100kmに到達する

運動というと行うことばかり考えますが、休息を取ることも重要な要素。

3分の1休んでも100kmに到達するのは、気持ち的にも余裕が生まれます。

実際に私が100kmに初めて到達した時も、5kmを無理なく走れるようになってからでした。

では、5km、月に100km走れるまでには、どれくらいの期間がかかるのか?

  • 5km:長くても2〜3カ月
  • 100km:長くても半年

個人差はどうしても出てきますが、走る行為ができる方であれば到達が可能な距離。

走れるまでの蓄積も持久力に加えて体に変化が現れてきますから、行ってみる価値は大いにあります。

ウォーキングで100kmは困難ですが、走るのは思いの他にできるようになってしまいます。

ぜつびん
数値で見ると多く見えても、やってみると無理なく届く距離が100km!

100kmで太りづらくなる あとがき

100kmで太りづらくなる あとがき

コンスタントに毎月「100km走る」。

走り始めたばかりでは難しくても、継続すればほぼ間違いなく届く距離。

ランナー体型でシュッとして、圧倒的に太りずらくなる

これはダイエットをする方や、毎日を楽しみたい方にとって、理想的とも言える状況です。

私は100km以上を毎月走っていますが、現在太る心配は全くしていません

距離的に多くの方が届きますし、実際に私が太る心配がなくなったのが100km前後を超えた頃。

また、無理をしすぎずに継続が可能なレベルであるというのも大きなポイントです。

加えて言えば、私はお菓子はなるべく控えていますが、食事制限はしていません。

主にお米など炭水化物を減らす糖質制限をするのは、私にはちょっと不可能!

走るのが150km前後と少し多めなのもありますが、ある程度意識して食べないと逆に痩せちゃいます。

ですが、距離が増えると負担が増えるのも事実ですので、普通は100kmで十分です。

その上で、可能になれば起こることが1つ。

精神的にめちゃくちゃになり、ダイエットが捗る

太りづらくなるだけでなく、特に標準体重以上の方であれば食事を意識すれば痩せられます。

走る習慣が付いている方が基本的に太っていないというのが、その証明でもあります。

また、誰かではなく、自分のペースで行えるのもランニング、ジョギングの利点。

体型もシュッとし、気分も爽快になりますし、太る心配をしているあなたにこそオススメします。

 

以上が『コンスタントに毎月100km走れると、太るのが困難になるのは事実!』でした。