減らすのが難しいアルコール量。簡単に削減できる方法がありました

外出自粛で自宅時間が増え、多くのストレスが生まれる原因になっている昨今。

外食での提供も制限が付き、自宅で飲酒する量が増えた方も多いのではないでしょうか。

酒は百薬の長の呼ばれますが、飲み過ぎは大問題

禁酒することは難しくても、減らしたいと考えている方は多いです。

ですが、やってみるとなかなか減らすのが難しいのがお酒の量。

どうすれば強制的などの無理がなく、飲む量を減らすことができるのか。

悩む方が多い中、オーストラリア 食品政策プログラム責任者シモン・ペティグルー教授らのチームが行った飲酒量を減らす研究発表がされています。

誰もができるとても単純な方法で、被験者の飲酒量を一人当たり1週間で0.87杯減らせました。

どんなことを実施しての結果であるのか、解説をしていきます。

アルコール過剰摂取は世界的な問題

シモン・ペティグルー教授の住むオーストラリアだけでなく、世界的に問題となっている飲酒量。

WHO(世界保険機関)は加盟国に、2025年までに10%削減を目指すように勧告しています。

各国で推奨の飲酒量は異なりますが、日本では1日平均準アルコールは20グラム程度

お酒の種類別でどの程度の量なのか表すと、以下の通り。

準アルコール20グラム程度に相当する酒量
ビールチューハイ焼酎 (25度)
500ml (ロング缶1本)350ml (缶1本)100ml (グラス半分)
日本酒ワインウイスキー
180ml (1合)200ml (グラス2杯弱)60ml (ダブル1肺)

全く飲まない人であればなんとも思わないかもですが、飲む人からしたらかなり少なめ。

平均ですので一週間などで調整すればいいですが、言わばかけつけで終わってしまうような量。

その結果として毎日飲むのような方は、どう考えても飲酒量が多いということができます。

だからこそ、なんとかしてアルコール量は減らす必要があるんです。

アルコール量を減らす検証

お酒を飲む多くの人に取って、減らす必要のある「アルコール摂取量」。

シモン・ペティグルー教授らのチームは以下の検証を行いました。

  • 検証期間:6週間
  • 対象人数;7,995人
  • 実験内容:8つの条件のランダム振り分け

※8つの条件は論文に記載されているはずですが、記事上は効果のあったものだけ記載

興味深いのは、飲んではいけないや、お酒の種類を制限するのではないというのが特徴です。

ちなみに検証が行われたオーストラリアのお酒事情。

日本よりも基準が緩めで、推奨準アルコールは男性が30グラムで、女性じゃ20グラム

推定で6人に1人は、生涯にわたってアルコール摂取のリスクのある飲酒量を取っています。

いわゆる飲み過ぎの方が多いというのが、現時点での状況です、

アルコール量減少の検証結果

冒頭でも記載していますが、被験者の飲酒量を一人当たり1週間で0.87杯減らした事実。

少ないと思うかもですが、一カ月で3.7杯強。1年で45杯強と、ちりも積もればの結果です。

アルコール摂取量が減った検証の組合せは以下の通り。

  • なぜアルコールを減らす必要があるのかの広告(CM)を見る
  • 飲んだ量を記述する

飲む時間はお酒の種類を制限するなど、全く特別なことをしたわけではありません。

どちらもが、認知するという共通点があるのも興味深いところ。

特に飲んだ量を記述するというのは、ダイエットにも大きく関係する部分。

多くの方は飲んだ量を食べた物以上に覚えていないですから、知るということは大切でした。

数字として自身で認知することは、思っている以上の効果が結果として現れてきますよ。

アルコール量を削減あとがき

アルコール量を削減あとがき

減らそうを思っても、なかなか実現ができないのが「アルコール量」。

ですがその多くは、難しいことをしようとしているからできていませんでした。

シモン・ペティグルー教授らが行って結果の出た検証は、シンプル極まりないもの。

本人の減らそうとする気持ちが少しでもあれば、今日からでも実施が可能です。

  • なぜアルコールを減らす必要があるのかの広告(CM)を見る
  • 飲んだ量を記述する

とはえいえ、減らす必要があるという内容を見るのは、人によっては逆に反発心を生むかもしれません。

ですが、飲んだ量を記述するというのは、制限でもなんでもないので誰でも可能なこと。

認知するのは地味でも食べ物と同様に効果がありますから、ぜひやってみましょう。

その結果として飲酒量が減るのであれば、めちゃくちゃ簡単過ぎのラッキーと言えます。

食事制限や運動も共通ですが、無理に減らそうや実施しようではなく、自然にです。

 

以上が『減らすのが難しいアルコール量。簡単に削減できる方法がありました』でした。