科学者はついに人間の持久力の限界値が2.5倍と見つけてしまった!

健康やダイエットのために、運動を行う方が多くなっています。

食事と運動のバランスが大切! と健康やダイエットでは昔から言われている通り、食事だけではなく運動をすることはとても大切なので、とてもいい傾向だといえます。

運動をするにあたって必要なのは、体力です。体力がなければ運動は続けられません。運動の習慣がない人が運動を急にすると、自身の体力のなさにびっくりすることが多いですよね。

運動をするには「体力 = 持久力」が必要なんです。

あなたは運動をする習慣と「体力 = 持久力」がある方ですか?

 

一般的に「体力 = 持久力」があるといえばスポーツ選手などアスリートですが、私たちと違って持久力が無限にあるんじゃないかと思わせてくれますよね。限界はなく無限のように。

なんですが、無限の持久力を持っているようなアスリートを含め、人間の持久力には限界値があることが科学者による新たな調査によってわかってきました。持久力の限界値は以下の通りです。

【1日辺りの持久力の上限値】
安静時の代謝の2.5倍 約4,000kcal

※安静時の代謝とは安静時代謝量(resting energy expenditure)のこと。何もしなくても消費するエネルギー(基礎代謝の約1,2倍)

この結果は米国科学振興協会(AAAS)のサイエンス誌「Science Advances」にレポートがされています。(レポート日:2019年6月5日)

どのような調査でこの結果が導き出されたのでしょうか? 続けてご覧ください。

持久力の限界の確認方法とは?

研究者は持久力の限界を確認するために、現在最も過酷な持久力イベントを呼ばれるものからデータの分析を行いました。

1.Race Across USA

Race Across USAは140日間、3,080マイル(約4,928キロ)ランナーをつないで走るマラソン。

参加者の安静時の代謝と、消費カロリーを測定しました。尿サンプルも分析することで、レース開始時よりもカロリーの消費が減っていることを確認しました。

持久力が上がったというよりも、燃費のいい体になっているということです。

2.マラソン・水泳・北極探検、ツールドフランスなど

Race Across USAだけでなく、その他のマラソン、水泳、北極探検、ツール・ド・フランスなどの活動データの比較も行いました、

活動期間が長ければ長いほど、消費カロリーがすくなるのを発見しています。こちらもこちらも持久力が上がったというよりも、燃費のいい体になっているということです。

短時間の活動の参加時には、カロリー消費量は増大

比較的短時間の活動の参加時には、安静時の2,5倍以上の持久力を発揮します。

  • 1回のマラソン:安静時の15.6倍
  • ツール・ド・フランス:安静時の4.9倍
  • 南極横断:安静時の3.5倍

これらは一時的な持久力は高くなりますが、24時間連続で持続は不可能です。

今回の調査結果は、1日を通しての持久力、消費カロリーの限界値が2.5倍ということですね。

3.妊娠中の女性

研究者は妊娠中の女性まで、持久力の限界を調べました。

妊娠中の女性はおなかの中で赤ちゃんを育てることで、安静時の代謝の約2.2倍の代謝を行っていることを発見しました。お母さんは持久力の限界値の近くまで、毎日頑張っているんです。

妊娠中の女性は特に気づかってあげる必要があるのが、この持久力からもわかります。

アスリートの目指す持久力とは

持久力の限界値である2,5倍をこえると、故障します。つまりケガをするということです。

また、ケガをしなくても運動をすることでの消費カロリーのバランスがくずれて減ってくるため、2,5倍を維持することが難しいんです。4,000kcalをこえられないということですね。

ですから研究者は持久力が2.5倍の値をこえることは、アスリートの挑戦だと言っています。

それだけ難しいからこそ、持久力の限界値は2.5倍ということです。

2.5倍というと数値的には少ないようにも思えますが、4,000kcalを1日の運動だけで余分に消費するというのは、とんでもない数値だということがわかります。

持久力の限界値があるということは…

持久力の限界値があるということは…

持久力に限界があることについてまとめてきました。

スポーツ選手など持久力に限界が一見はなさそうに見えるスポーツ選手も、持久力の限界値は2.5倍までです。スポーツ選手でない私たちは、さらに低く数値になるのは、間違いありません。

持久力に誰れも限界があるということは、1日の運動で消費できるカロリーには限界があるということです。ですから食事の調整は抜きに、運動だけで痩せるのは難しいといえます。

持久力に限界があるからこそ、健康やダイエットのためには「食事と運動のバランス」が大切をいうことですね。食事だけででも足りないし、運動だけではダメということです。

健康もダイエットもバランスの取れた食事と、適度な運動を行って、今よりも健康で楽しい毎日を送れるようにしましょう。

以上が『科学者はついに人間の持久力の限界値が2.5倍と見つけてしまった! 』でした。