どうすれば運動をする意欲を継続して持ち続けることができるのか?

誰もが最初の始める意欲だけは高いのに、継続するのが難しい「運動」。

健康やダイエットのために運動を始める人は多いのですが、継続できる人の方がごく少数です。意志を持って始めようとする人は多いですが、続かないのも運動でした。

フィットネスが盛んなアメリカを例にすると、1月にスポーツジムに入会する人が多くなります。多くのなるのは、新年の目標として体重を減らす! 体調を整える! と考える人が多いからです。

ところが1月が終わるまでに80%の人が継続に失敗し、2月も含めるとほとんどの人が行かなくなります。スポーツジムにまで入って運動を始めても、3カ月継続できる人が少ないんです。

せっかく運動を始めるのですから、目標通りに継続したいと誰もが思いますよね。

ニューヨーク州立大学、ビンガムトン大学で健康研究をしている非常勤講師 ウィリアム・クラーク氏。クラーク氏が、運動への意欲を継続して持ち続ける方法についてまとめています。

  • あやまり:モチベションが長く続くと期待している
  • 正しい:規律は結果となる

考え方を少しだけ変えるだけで、運動の継続率は大きく変わってくるんです。具体的に上記2つについて紹介していきます。継続の失敗を多く経験してきた方は、続けてご覧ください。

意識を変えてみましょう

運動を始めるのは、とても大変です。

始めようとしても、始めない人が多いのも運動でした。ですから1回でも始めた時点で、頭の中でやりたいと考えているだけ人よりも、大きな1歩を進んだといえます。

0から1に変えることが一番大変ですから、1に変えたことはとてもすごいことなんです。だからこそすごいことを短期間でやめてしまうのは、とてももったいないことでした。

何回でも始める失敗してもいいのですが、あまりに続くとまたうまくいかないからと、0から1に変えずらくなります。だからこそ、早めに継続できる方法を知っておきましょう。

ぜったの

運動を始められる時点で大きな一歩! 次は継続をしてみましょう

モチベーションが長く続くと期待している

まず、多くの人が失敗する原因の「モチベーション」についてです。

  • できる:大会が近づいているので、朝早起きしてトレーニング
  • 難しい:毎朝早起きしてトレーニング

運動の熟練者で同じことをするのであっても、できるものと難しいことがあります。同じことでもできると難しいで異なるのは、短期的と長期的な目標の違いです。

モチベーションとは「短期的な目標」のみに有効になります。誰もがいつまでも笑っていたり、泣いたりしていないように、感情が大きく作用するモチベーションは長くは続きません。

運動の熟練者であっても、早起きしてと自分を追い込むようなモチベーションを保つのは難しいことでした。新たに運動を始める人は多くの場合、より自分を追い込む目標を立てがちです。

  • 難しい:毎日スポーツジムに通う
  • 難しい;自分の限界を越えて運動をする
  • できる:徐々に運動の負荷を上げていく
  • できる;一つでも運動をしてみる

運動を始める動機が強い人ほど自分を追い込んでしまい、考えただけでも難しいことをしようとします。運動はすぐに結果がでないからこそ、モチベーションを保てないんです。

追い込んでしまうからこそつらさだけが強くなり、モチベーションを奪われてしまうことになります。現在の状況よりも高すぎる動機は、モチベーションの敵です。

ぜったの
誰でもモチベーションは長く保てない

規律が結果となる

モチベーションとは逆に継続につながるのは「規律」です。

規律というと言葉が固くなりますが、要は「決まり」になります。やらなければいけないということです。運動を「やりたい」ことではなく、「やらなけばいけないこと」にします。

朝アラームで起きられない、明日は朝が早いのに遊びに出かけてしまう、深夜にお菓子を食べてしまうのは、モチベーションの問題ではありません。これは「規律」の失敗です。

逆に仕事だからできること、学生で勉強できるのは、「規律」ができているからといえます。やりたいことではなく、やらなければいけないことになっているからです。

運動を「規律」にするには、反復的時には退屈な行動を意味します。最初は忍耐が必要で退屈なのですが、「規律 = やらなければいけないこと」なってしまえば、後は慢性になります。

目安として3カ月定期的に運動ができていれば、もう慢性になりかけていますよ。

  • 無理がなくできること
  • 興味のある運動

規律にするのは難しいからこそ、できることから始める必要がありました。運動が規律になるまでは、難しいことはしては絶対にダメです。追い込むのではなく、できる自信を付けましょう。

規律になるまでの期間は人それぞれですが、身につくまでの近道はありません。モチベーションは続いても3週間。規律は1度身につけば、継続が難しい運動も何年でもできるようになります。

ぜったの
規律は一貫性となり習慣になる

継続ができる方法と考え方をする

継続ができる方法と考え方

運動を継続するには、モチベーションが重要ではありませんでした。

運動を「規律 = やらなければいけないこと」にすることは、かんたんとは言えません。ですが、無理をする必要がないこと。近道はありませんが、1度身につけば離れるものではありません。

あなたのまわりにいる運動を長く続けている人の様子を、少し見学してみてください。モチベーションではなく、自然と運動が「規律 = やらなければいけないこと」になっているはずです。

やりたいことではなく、運動をやらずにはいられなくなっているんです。できている人がいるということは、運動の規律にできないことはありません。必要なのは少しの忍耐です。

  • 無理がなくできること
  • 興味のある運動

近道がなく忍耐が必要だからこそ、できることから始めてください。運動はすぐに結果が出たり、継続することは難しいです。「規律 = やらなければいけないこと」に運動がなりますように!

以上が『どうすれば運動をする意欲を持ち続けることができるのか?』でした。