ダイエットサイト「ぜったの」運営者の運動記録【21年7月第3週】

ダイエットの必須項目と言える「運動」。

誰もが知っていることでありますが、いざ始めても継続して行う方の割合はかなり少ないです。

消費カロリー > 摂取カロリー

痩せるためには1日2日ではなく、一定期間消費カロリーが上回る必要があります。

活動代謝を増やす運動はつらいイメージが強いからこそ、食事制限のみでダイエットを行う。

身体的に運動ができない場合は別として、あまりよい選択肢とは言えません。

本サイト「ぜったの」でも、食事制限と運動を組み合わせたダイエットを推奨しています。

ですが、そこで感じるのは、「ダイエットサイトの運営者はオススメしておいて運動を本当にしているのか?」。

そう疑問に思ってしまうのは、逆の立場から考えると当然と言えます。

で、実際に私は定期的に運動をしていますので、公開していこうと始まったのがこの企画。

今回は21年7月第3週(7月12日〜18日)の記録を、公開していきます。

私が行っている運動

普段、私が行っている運動は以下の通り。

  1. ウエイトトレーニング (ダンベル)
  2. 筋トレ
  3. 懸垂 (ぶら下がり運動含む)
  4. スクワット
  5. ジョギング

文字にするとすごく運動しているようにも見えますが、実際はそうでもありません。

ジョギング以外は、気分転換や隙間時間に行っているものでなので、かな〜りゆるめ。

負荷の強さや回数などはあまり気にしていないですし、特に行った記録も付けていません。

ですから私が「ぜったの」で公開する運動記録とは、ジョギングになります。

普段どの程度の距離を走っているかというと、100キロは毎月走っているレベルです。

その他ではマルチチューブ(ゴムのエキスパンダー)で、肩慣らしをしていることが多い1週間でした。

引っ張っているだけなのですが、筋トレだけでなく気分転換になるので、1本持っておくと便利です。

21年7月第3週 ジョギング記録

私がジョギングの記録のために利用しているのは、「Nike Run Club」。

Apple Watchに入れたアプリで記録し、走った後でiPhoneと同期しています。

それでは、21年7月第3週(12日〜6月18日)のジョギング記録です。

日付ジョギング距離時間平均ペース(1km)
7月12日(月)0km0km0km
7月13日(火)8.22km56分06秒6分49秒
7月14日(水)0km0km0km
7月15日(木)8.27km56分44秒6分52秒
7月16日(金)8.23km55分31秒6分45秒
7月17日(土)8.30m57分14秒6分53秒
7月18日(日)0km0km0km
週間全体33.0km3時間45分36秒6分50秒

14日(火)は走る気満々だったのですが、スポーツウェアに着替えて外に出たらどしゃ降り。

長い時間ではなく通り雨でしたので、走ろうと思えば実施することも可能だった日。

ただし、1度途切れた意識を再び入れ直すというのは、大きな無理が生まれます。

義務感で行ってしまうと嫌なイメージが付き、結果として継続が難しくなることに…。

行うこと以上に休息が重要となってくる、運動。

特に天候が関係してくる場合は、いい休憩のタイミングだと思うことも時には重要です。

ぜつびん
ジョギングに関わらず運動を継続するには、意識が切れた状態から無理やり行わない

待望の梅雨明け

私が済む関東地方でも21年7月16日に梅雨明け。

必然的に外で運動することになるランナーには、この上なく朗報です。

雨に行動が左右されずらくなる

天気予報を見て走る計画を立てることが必須な、梅雨の期間。

自分のタイミングでない、雨の合間を狙って走るということも必要になってきます。

しかも仕方がないことですが、予報とズレれることも多いのはストレスでした。

また、雨が続き過ぎて走れる頻度減りすぎると、気持ちが途切れてしまうのは必然。

梅雨の期間が大きな原因となり、継続を断念してしまう方は少なくありません。

雨が振らないわけではないですが、空き時間に都度天気予報とにらめっこの期間が終わるのは朗報でしかありません。

ぜつびん
梅雨の期間はランナーにとって、試練の期間でした

21年7月第3週 あとがき

21年7月第3週 あとがき

ランナーにとって、梅雨明けで雨の心配が少なくなるのは朗報。

ですが、代わりに気をつける必要が出てくることもあります。

夏のスタートで、気温が上がる

朝昼晩のどの時間帯であっても、気温がどうしても高くなります。

走るということは自ら体温を上げていますので、気温とのダブルパンチ!

ここで無理をしてしまうと、嫌なイメージやケガの原因ともなりかねません。

こまめな水分補給と、つらいと思ったら負荷を下げる

頭の中では理解していても、これは思いの他に行動が出来ない方も多いこと。

絶対的に必要なことですので、怠らないようにしましょう。

ダイエットなどの目的に関わらず、運動は継続ができてこそ意味があります。

また、夏に無理なく行うことができれば、他の季節は容易にできるようになるのも特徴。

頑張りと無理は異なるということだけ、忘れないようにしまよう。

 

以上が『ダイエットサイト「ぜったの」運営者の運動記録【21年7月第3週】』でした。