ダイエットサイト「ぜったの」運営者の運動記録【21年9月第2週】

ダイエットの必須項目と言える「運動」。

誰もが知っていることでありますが、いざ始めても継続して行う方の割合はかなり少ないです。

消費カロリー > 摂取カロリー

痩せるためには1日2日ではなく、一定期間消費カロリーが上回る必要があります。

活動代謝を増やす運動はつらいイメージが強いからこそ、食事制限のみでダイエットを行う。

身体的に運動ができない場合は別として、あまりよい選択肢とは言えません。

本サイト「ぜったの」でも、食事制限と運動を組み合わせたダイエットを推奨しています。

ですが、そこで感じるのは、「ダイエットサイトの運営者はオススメしておいて運動を本当にしているのか?」。

そう疑問に思ってしまうのは、逆の立場から考えると当然と言えること。

で、実際に私は定期的に運動をしていますので、晒してしまおうと始まったのがこの企画。

今回は21年9月第2週(6日〜12日)の記録を公開していきます。

私が行っている運動

普段、私が行っている運動は以下の通り。

  1. ウエイトトレーニング (ダンベル)
  2. 筋トレ
  3. 懸垂 (ぶら下がり運動含む)
  4. スクワット
  5. ジョギング

文字にするとすごく運動しているようにも見えますが、実際はそうでもありません。

ジョギング以外は、気分転換や隙間時間に行っているものでなので、かな〜りゆるめ。

負荷の強さや回数などはあまり気にしていないですし、特に行った記録も付けていません。

ですから私が「ぜったの」で公開する運動記録とは、ジョギングになります。

普段どの程度の距離を走っているかというと、100キロは最低目安として行うレベルです。

ジョギングの他はストレッチ、ケガ予防のマッサージを重点的に行なった1週間でした。

21年9月第2週 ジョギング記録

私がジョギングの記録のために利用しているのは、「Nike Run Club」。

セルラー版Apple Watchに入れたアプリで記録し、走った後でiPhoneと同期しています。

それでは、21年月9第2週(6日〜12日)のジョギング記録です。

日付ジョギング距離時間平均ペース(1km)
9月6日(月)0km0秒0秒
9月7日(火)8.85km53分21秒6分2秒
9月8日(水)8.91km53分58秒6分3秒
9月9日(木)8.91km54分35秒6分7秒
9月10日(金)0km0秒0秒
9月11日(土)8.88km54分49秒6分10秒
9月12日(日)8.88km54分29秒6分8秒
週間全体44.4km4時間31分13秒6分6秒

先週の途中から少し走る距離を増やしたのですが、すこぶる快調で問題も起こっていません。

その理由はしてはいけないことをしっかりと認識し、絶対的に行っていないからです。

明日同じことができないような無理をしない

これは運動を継続しやすくなるだけでなく、ケガの予防にも役立っています。

自分のできる範囲内で、やれるべきことをする。

継続をしてこその運動ですから、今の自分ができる範疇で行うのがマストです。

ぜつびん
頑張るのと無理をするのは、全く異なる行為

走っていて追い抜かれた時どうする?

私が走っているのは「ジョギングコース」。

自分以外のランナーも走っているからこそ、毎回のように起こりえることがあります。

追い抜く追い抜かれることがある

時間帯で頻度の差はありますが、私も毎回走っていて体験することです。

この時に絶対的に注意するべきことがあります。

それは「ぶつからないように避ける」ではありません。

  1. 追い抜く → そのための無理はしない
  2. 追い抜かれる→ 追うことはしない

要は抜く抜かれる時に、自分のペースを変えるような無理をしてはいけません。

人が異なれば体型に走るペース、ジョギングをする目的も異なります。

そもそも走る理由が人それぞれで異なりますし、競争をしているわけではありません。

特に初心者の方の多くに抜かれると追ってくる方がいますが、完全によろしくない行為。

無理をするからこそ辛くて走るのが嫌になりますし、ケガをする大きな原因です。

ぜつびん
自分のペースで走れるのが、ジョギングの最大のメリット! 誰かに合わせて無理をするのは、ムダな行為です

21年9月第2週 あとがき

21年9月第2週 あとがき

私は公開している通り距離はそこそこ走っていますが、走るペースは決して速くありません。

そもそもが速く走ろうともしていませんが、だからこそ走っていて起こるえること。

追い抜かれることがよくある

先週は特に追い抜かれることが多い1週間でした。

元々はゆっくりなペースで走っているのに、抜くと追いかけてくる方が多かったです。

なぜ急に増えたかというと、涼しくなって走りやすくなったのが要因と考えられます。

その上で後ろから見ていて気付いたのは、走ることに慣れていない初心者。

フォームがぐちゃぐちゃなので、無理をしているというのがよく分かります。

【初心者ランナーの傾向】

  1.  走るフォームがぐちゃぐちゃ
  2. 抜くとムキになって追いかけてくる
  3. ペース配分がむちゃくちゃ
  4. 運動にあまり縁がなかったであろう太めの体型

何を目的で走っているかは不明ですが、無理をしているのが分かるのが特徴です。

経験しているからこそ分かりますが、無理は辛くなるだけですし、ケガをする大きな原因。

また、継続するからこそ意味を成すのに、運動をすることが嫌になってしまう行為です。

そもそもがジョギングは自分のペースで走れるのが、大きなメリットとなる運動。

特に始めたばかりのうちは、人の動向でペースを変えるのはよろしくない行為です。

ジョギングは運動としてオススメしますが、行う際に無理はしてはいけません。

特にダイエットが目的であれば、そもそも速く走る必要なんてありませんよ。

運動をする際はまずは負荷を上げるのではなく、いかに継続ができるかどうかです。

 

以上が『ダイエットサイト「ぜったの」運営者の運動記録【21年9月第2週】』でした。