あなたがダイエットを失敗するのは、記録を付けていないのが原因

薄着になる夏や、お風呂で鏡を見た際に特に気になる体型。

太っていると認識て痩せたい! と思っても、実際に行動できる方は何割か。

その中でも、実際にダイエット成功まで持って行ける方は、極少数…。

消費カロリー > 摂取カロリー

ダイエットの仕組みはシンプルであるのに、結果に結びつけるのは難しいのが現実。

失敗してしまう、断念する方は意思が弱いからかというと、実際はそうではありません。

記録を付けていないから

ダイエットに必要な食事制限、運動のどちらも同様。

細かく付ける必要は全くないですが、何を食べたかわからない、運動量が不明ではダメなんです。

では、なぜ記録することがダイエットの結果に繋がるのか、解説をしていきます。

見た目の判断は上級者だからこそできる

よくダイエットで言われる「数値ではなく見た目で判断」。

言っていること自体は全く間違っていませんが、これは理想形のこと。

これからダイエットを始める方が行うには、明らかに無理があります。

感覚値で行動をしてきたからこそ、今の体がある

同じことをするにしても、そこに行くまでの順序がありました。

そもそもが見た目の判断ですぐに行動を実行できる方が、太ることはまずありえません。

食事の記録

太めの方に特に多いのが、何を飲んだ、食べたかを記憶していない。

全て覚えておく必要はないですが、この差がカロリー摂取の大きな差になります。

飲む、食べる欲求が起こるのは、食欲によるもの。

  • 代謝性食欲:空腹から起こる
  • 認知性食欲:匂いや見たことで起こる

代謝性食欲は私たちが生活していくために必要で、飲んだり食べないと解消されません。

対して認知性食欲は、お腹が空いていなくても発生するもの。

だからこそムダな摂取カロリーを抑えるには、認知性食欲を抑えなければなりません。

記録することで何が起こるかといえば、「食べているからもういらない」となること。

太めの方の多くは食べていないではなく、口にしていることを忘れているだけ。

事細かくは必要ないですが、記録を付けることが認知性食欲を抑えることにつながります。

ぜつびん
昨日今日の飲んだ食べた物を思い出せないならば、余分に食べている可能性大!

記録がモチベーションを保つ

ダイエットを始める時は強く持っている「モチベーション」。

ですが、日を追うごとに落ちてくるのもの。

その理由は完全に明らかです。

モチベーションがいる:本来はしたくないこと

そこで、モチベーションを落とさないために行うのが、記録です。

行ったことが実績となり、自信につながる

ただやりっぱになるのではなく、記録があるというのは実績になるということ。

私たちの記憶はとても曖昧ですから、せっかく頑張ったことを忘れるのはもったいないです。

実績があれば、できる! という自信につながり、継続が断然にしやすくなります。

ダイエットを成功させるために必要なのは、効率や方法よりも、習慣化するまでいかにモチベーションを保つか。

例え他の方から見て小さなことであっても、やったことはあなたの自信となります。

習慣化さえできてしまえば惰性となり、モチベーションはもはや不要です。

ぜつびん
食事と同じく大まかな記録で、十分に効果が得られる

失敗するのは記録しないから あとがき

失敗するのは記録しないから あとがき

仕組みとしてはシンプルであるのに、ダイエットが難しいと言われる理由。

継続することが難しいから

1日2日で大きな変化が出るわけではないですから、尚更です。

ですが、多くの場合はやり方を間違えているからにすぎません。

  1. 意思が強く頑張り過ぎて、息切れをして失敗…。
  2. 行った記録を付けていないから自信がない…。

どちらも、ちょっとした修正で大きく変えることができます。

① 無理をし過ぎたら辛いだけなので、頑張り過ぎないこと。

② 記録を付けることで食べ過ぎを防ぎ、行った実績が自信となってモチベーションになる。

特に記録を付けるのは、ダイエットが習慣化するまでは言わば必須の工程。

するとしないでは、継続のしやすさが明らかに変わってきます。

また、継続できるということは、成功により1歩近づくということ。

毎回ダイエットを始めても失敗するという方は、まず記録を付けるようにしてみましょう。

 

以上が『あなたがダイエットを失敗するのは、記録を付けていないのが原因』でした。