起きたら寝汗…。ベッドのシーツはどのくらいの頻度で洗えばいいの?

起きると寝汗…。

夏になると、びっくりするほど汗をかいている時があります。夏でなくても睡眠中は汗をかいているのですが、特に寝汗が目立つのは夏ですよね。

かいた寝汗はというと、寝間着、シーツや布団、ベットが吸収しています。

寝間着は何日も継続して着る方は少ないと思いますが、シーツは無頓着な方が多くいます。特に男性で単身で暮らしている方は、万年床になっている方も多いですよね。

あなたはシーツをどのくらいの頻度で洗濯をされていますか?

毎日交換して洗濯をされている方は見本にするべき状態ですが、毎日でなくても、目安となる洗濯の頻度があります。目安となるシーツの洗濯の頻度は「週に1回」です。

特に次の項目に当てはまる方は、週に1回の洗濯は必須と考えましょう。

  • ほこりや花粉のアレルギーがある
  • あなたやパートナーの寝汗の量が多い
  • あなたやパートナが病気の状態
  • ペットを飼っている

毎日のように交換、洗濯をしている方は週に1回では落ち着かないと思います。普段シーツの洗濯、交換をしていない方は、なぜ週に1回もと考える方が多いですよね。

そこで、ベットのシーツをなぜ1週間に1度を目安に洗濯した方がいいのか、まとめてみました。

The Sleep Advisor:How Often Should You Wash (& Change) Your Bed Sheets?
【ディープチャージコラーゲン】
ディープチャージコラーゲン

シーツの下に同居人が増えている

あなたが睡眠中のシーツは、汚れ、汗、体の油を吸収しています。

日に日に吸い取って増えていく、汚れ、汗、体は、目には見えなくてもほこりやダニが増えていっているんです。見えないだけで、着実に同居人は増えていきます。

見えないから大したことはないと考える方もいますが、2年間万年床となっていた場合は、重量の10%がダニの死骸とふん便で構成されている可能性があります。

ちりも積もれば山となるとはその通りで、ダニと寄り添って寝ているような状態になるんです。

また、ほこりやダニはアレルゲンとなり、アレルギーの原因になります。

  • 花粉症
  • 湿疹 (しっしん)
  • 喘息 (ぜんそく)
  • せき など

起きるとせきや湿疹(しっしん)が出るという方は、シーツが原因になっている可能が高いんです。また、ほこりやダニだけでなく細菌も増えていきますので、シーツの交換は必須でした。

ぜったの
1人で寝ているつもりが、実はたくさんの同居人と暮らしていたんです

どのようにシーツを洗えばいいの?

可能であれば水ではなく、温かいお湯で洗濯をするのがベストです。
なぜなら、温かいお湯は細菌だと病原体を殺菌する効果が期待できるからです。温かいお湯で洗濯ができない場合は、室内干しではなく、天日干しで干すのをオススメします。
また、シーツを干して終了ではなく、アイロンをかけるのもオススメです。シーツの見た目だけでなく、アイロンの熱によって殺菌をすることにもつながります。

布団を干す目安はどのくらい?

シーツを変更するのであれば、布団を干す目安も気になる方も多いですよね。

布団を干すタイミングはシーツと同じく「週1回」が目安です。

普段お風呂やシャワーを浴びずに新しい洋服を着ないのと同様に、布団もシーツを交換するタイミングで干してあげてください。布団を干す際は、両面を干すことも忘れないでくださいね。

布団を干す環境がない、日中にタイミングが合わないという方は、布団乾燥機がオススメです。布団乾燥機があれば、布団はもちろん、ベッドにも利用ができます。

布団乾燥機は天候に左右されないこと、5,000円程度から購入ができますので、1台持っておくころをオススメします。

タオルはどれくらいの頻度がいいの?

シーツに似た物では、バスタオルやハンドタオルがあります。

バスタオルは1回利用して洗う方と、体をキレイにしてから拭いているので、繰り返し利用をする方がいます。人によって大きく変わってくるところですよね。

キレイにしているといっても、細菌は残っていること、拭いて湿気のある状態は細菌が繁殖します。ですから、バスタオルは3回までの利用に抑えるのがオススメです。

また、ハンドタオルの場合は毎日でなくても、1日おきには洗濯するのをオススメします。その理由は1日の利用される頻度が高いからです。利用する機会が多いほど、細菌は繁殖します。

ぜったの
バスタオルの利用は3回まで、ハンドタオルは1日おきの洗濯がオススメ

快適な睡眠は環境から

快適な睡眠は環境から

ベットのシーツはなぜ1週間に1度を目安に洗濯して方がいいのかまとめてきました。

シーツの洗濯が1週間に1度というのはベットの場合も、布団の場合も同様です。シーツを変えるというのは手間のかかる作業ですが、交換になれてしまえば当たり前のことになりますよ。

旅行や出張などでホテルや、旅館に宿泊する時は、シーツは新しいものになっています。新しいシーツは横になった時に、気持ちいいと思う方がほとんどです。

自宅で寝る時よりも、ぐっすりと眠れたという経験がないでしょうか?

快適な睡眠はシーツなど睡眠環境で、大きく変わるんです。

睡眠は健康状態に大きく関係します。人によって適正な睡眠時間が異なるといっても、6時間未満の睡眠は明らかに睡眠が不足しています。

ですが、厚生労働省の調査では睡眠時間6時間未満の明らかに足りていない方が、男性で36.1%。女性で42.1%と、とても多いんです。

また、睡眠が不足することは健康に関係するだけでなく、太りやすいことも分かっています。

睡眠時間男性女性
5時間未満7.59.2
5時間以上6時間未満28.632.9
6時間以上7時間未満35.033.4
7時間以上8時間未満20.016.9
8時間以上9時間未満6.75.5
9時間以上2.32.1

シーツをまめに交換して快適な睡眠環境を作ることは、特に布団やベットに入ってから寝られない方の睡眠時間を増やせる可能性が高いです。

十分な睡眠時間が確保できることは、気持ちもすっきり、体もすっきりします。

シーツをまめに交換することはアレルギーや細菌の予防、快適な睡眠環境だけでなく、睡眠時間の確保につながる可能性をひめていたんです。

今まであまり交換していなかった人ほど最初は大変ですが、週に1回のシーツ交換をしてみてはいかがでしょうか?

 

以上が『起きたら寝汗…。ベッドのシーツはどのくらいの頻度で洗えばいいの?』でした。