食事制限が一番難しい夜ご飯を減らすには、一体どうすればいい?

ダイエットに必要な「食事制限」。

運動をすることで割合の比重は減らせますが、全く無しでは難しいのが現実。

毎日がチートデイパラダイス = 食べ過ぎ

肥満、ダイエットが必要な方の殆どは、単純性肥満(過食)が原因。

また、制限と言葉から我慢するようなイメージがありますが、適正な量に戻す意味もあります。

その理由は単純に、太るということは今の体に取って食べ過ぎであるからです。

ただし、食べ過ぎとは分かっていても、慣れがあるからこそ減らすのが難しいのが現実。

特に夜の食事は、朝や昼よりも難易度がかなり高め!

逆に夜の食事がうまく適正に量に持っていければ、食事制限はかなり容易になります。

1日の食事を全て頑張ろうとする人がいますが、これは正直に言って頑張り過ぎ!

何をすれば夜の食事量を減らすことができるのか、解説していきます。

食べるタイミングで変わる食事量

食事はバランスよくとはよく言われますが、3食同じバランスは難しいです。

  • 朝食:少なめ
  • 昼食:普通
  • 夕食:多め

特に意識をしないで食事をした場合は、多くの方がこの形になるのではないでしょうか?

加えて、朝 > 昼 > 夜 の順に、食事制限をしようとしても難易度が上がっていきます。

その理由は、食事をする時間に対しての余裕度が変わってくるのが大きな要因。

1日の終りだからこそ、他のことに気を使わなくてよくなるからこそ尚更です。

夜は気が緩むのは人だからこそ必然ですが、少し度が過ぎてしまう場合もありました。

夜ご飯を減らすにはどうする?

減らすのが難しい夜ご飯を減らすには、どうすればいいか? この記事の本題です。

  1. 時間の余裕を減らす
  2. 食べ過ぎのデメリットを作る

やるべきことはシンプルで、つい食べてしまう逆のことをすればいいんです。

趣味の時間に熱中するなどもいいですが、私がオススメするのは一押し!

夜に運動する

ながらなど軽いものではなく、少しがんばった無酸素、有酸素運動がベストです。

ある程度時間を取りますし、何より食べ過ぎてしまっては運動をすることができません。

やろうと思えばできますが、思うように体が動かないですから、かなり不快。

必然的に先に食べる場合は、夜ご飯の量が減ることになります。

また、逆に後に食事であっても、思いの他に食べられないので量が減ります。

おまけに運動したことによる活動代謝も増えるので、消費カロリーもアップ!

ダイエットをしようとする方にとって、メリットがかなり多いと言えます。

また、夜が少ないからこそ、朝の食べる量が増えるという、バランス変換が起こりやすいです。

私は運動記録で公開している夜のジョギングが運動のメインですが、夕食は少なめ。

エネルギーが必要な朝にバランスぽ比重が増えることは、日中の活力も変わってきますよ。

また、無理やり頑張ってではなく、必然的にそうなってしまうというのもポイントです。

ぜつびん
運動と兼ねるからこそ、休息日があり、毎日ではないからこそ行いやすい

3食全て頑張るのはあまりよろしくない

食事制限はダイエットに必要ですが、頑張り過ぎてします方もいます。

3食全てで食事事制限をする

行う内容が今まで食べていた1口、2口分をならいいのですが、多くはそうではありません。

減らし過ぎてしまうからこそ、基礎代謝を切るような摂取カロリーになることもざら。

低カロリーな物を好んで選ぶからこそ、栄養素が不足となることもも少なくありません。

頑張り自体はすごいのですが、その結果として起こるのは以下のこと。

飢餓状態:体を守るためにエネルギー消費量が減る

要は頑張っても痩せづらい体に…。

しかも、飢餓のイメージとは異なりますが、これは太っている方でも起こります。

頑張り過ぎの食事制限は、ただあなた自身がつらいだけということ。

単純に摂取カロリーを制限するのではなく、ある程度食べる日がある方が現実的に痩せられます。

ぜつびん
食事制限はダイエットに必要でも、やり過ぎは禁物!

夕食を減らす あとがき

夕食を減らす あとがき

食事制限をする際に、通常はどうしても一番難しくなる夕食。

多くの方に取って夜ご飯が一番メインの食事なるからこそ、大変でした。

  1. 時間の余裕を減らす
  2. 食べ過ぎのデメリットを作る

必然的に増えない要素を足してあげれば、思いの他かんたんに夜の食事量は減らせます。

割合が多くなっている夕食だからこそ、その効果は絶大です。

そこでやつれるのはなく、健康的に痩せるには、夜に運動をすることがオススメ!

毎日行う必要もありませんから、追い詰められるなんてこともありません。

逆によくない食事制限は、多くの方がやりがちな以下の方法。

3食全てで食事事制限をする

これは単につらいだけですし、ダイエットをする際に継続できないことをするのはムダ!

しかも、逆に飢餓状態になり痩せづらい体になってしまいます。

また、止めたとたんにリバウンドにまっしぐらと、いいことは何もありません。

食事制限の言葉のイメージから、我慢が強いられるものと考えてしまいがち。

ですが、その意図は食べ過ぎを適正な量に戻すことにあります。

夜ご飯を少し減らせると、想像以上に接収カロリーが変わりますので、少し意識をしてみましょう。

つらいと感じることが多い、食事制限のイメージが大きく変わってきますよ。

 

以上が『食事制限で一番難しい夜ご飯を減らすには、一体どうすればいい?』でした。