一般道ではなくジョギングコースを選択することが、走る習慣になる

多くの方がダイエットなど目的を持って運動として始める「ジョギング」。

私も毎月累計で100キロは走っていますが、オススメしたいことがあります。

可能な限りジョギングコースで走ること

「どこでも走れたらいいじゃん!」 と思うかもですが、実際は大きく異なります。

一般道を走るのと、ジョギングコースと大きく異なるのは次の2点。

  • 信号などで遮られるかどうか
  • 走りやすい or 走りにくい

ウォーキングであれば特に気にしなくてもいいことが、大きな問題となってくるんです。

問題となるのは、ケガの原因と継続のしやすさついて。

ジョギングコースを普段から走っている私の目線も含め、どういうことなのか解説をしていきます。

ジョギングは走りやすいを第一に

私を含め多く方がジョギングをするのは「ダイエットや継続的な運動のため」。

トライアスロンなど競技ありきで行うのとは、その目的が全く異なります。

  • ダイエットや継続的な運動 → 走りやすい環境
  • トライアスロンなど競技 → 突発含む負荷を増やす

ジョギング時に、不要な負荷をかけないことが、とても重要。

だからこそ、無駄な負荷がないジョギングコースがオススメなんです。

冒頭で記載した一般道と大きく異る点について、少し深堀りをしていきます。

1.信号などで遮られるかどうか

一般道とジョギングコースでまず大きく異るのが、「信号など遮られるものの有無」。

自分の意図しない時点で、一般道では止まらなければいけない場面が出てきます。

  1. ストップ・アンド・ゴーが多くある
  2. 信号のタイミングでペースを急にアップ
  3. 歩いている方が優先

ペースが一定にできないのと、問題になるのはストップ・アンド・ゴー。

これが何を示すかと言えば、特に下半身の負荷が増え、気持ちに関わることが起こります。

ケガをしやすくなるだけでなく、集中力をそがれる

ジョギングコースでは無理をしなければまず起こらないことが起こるんです。

ケガもしやすく、集中力をそがれるのは、継続がしづらいということでもあります。

また、短距離型の繰り返しになりますから、走っていても体ががっちりとしやすい。

ダイエット目的でジョギングをする方の多くの思いとは、目的の意図が異なるんです。

ぜつびん
私はジョギングコース&自宅までの一般道での1回のランが、約7,3キロ。距離として短くはないですが、途中トイレで止まらない限り、最初から最後までノンストップです

2.走りやすい & 走りにくい

一般道とジョギングコースで大きく異なるのが「走りやすい & 走りにくい」。

比べるまでもなく、圧倒的にジョギングコースが走りやすいです。

  • 一般道 → 走ることは考慮されていない
  • ジョギングコース → 走るためにある

上記に加えてあるのが、信号など意図しない遮られるのが圧倒的に減ること。

走るスピードは人それぞれでも、通常に歩くよりも早くなるのがジョギング。

ウォーキングでは問題なかったことが、走りやすさに大きく影響。

可能な限り余計な負荷を取り去るのが、継続にも大きく関係してきます。

ぜつびん
私は引っ越す前は基本スポーツジム、ジョギングは駒沢公園。今もジョギングコースなので問題はないですが、さらに上を行く走りやすさでした

トレッドミルはどうなの?

スポーツジムに必ずあると言っていい「トレッドミル」。

いわゆるランニングマシーンのこと。

走りやすさだけで言えば、ジョギングコースよりも良いのは事実ですが、問題もあります。

  1. 通常走るのとは、足の付くポイントが異なる
  2. 背景が変わらないので、飽きやすい

走ってみると分かりますが、この違いは思っている以上に大きな差になるんです。

とはいえ、天候に左右されず、ケガがしづらいというメリットがあることも付け加えておきます。

1.通常走るのとは、足の付くポイントが異なる

どういうこと? と思うかもですが、1歩ことに足の着地するポイントが異なります。

  1. トレッドミル → 主にかかと側
  2. 通常のジョギング → 主に爪先側

ローラーが周り設置断面が動くのと、体が移動していくことの違いで起こること。

またクッション性も異なるので、体への負荷はトレッドミルの方が少ないです。

ですから良い悪いは別として、本来の実力以上の動きもできてしまうもの。

だからこそ無理したり、通常のジョギングを同じように走ってケガをする場合も多いです。

ぜつびん
走ることは同じであっても、その内容としては異なってくるもの

2.背景が変わらないので、飽きやすい

トレッドミルの最大の弱点と言ってもいい「背景が変わらない」。

実際は場所移動をしていないのですから当然ですが、モチベーションに関係する部分。

ハームスターになった気分になる

距離が短い、または割り切ってなら問題なくても、この影響は大きいです。

ジムに通われている方なら分かってもらえると思いますが、トレッドミルの特徴。

利用する人の多くは太っているか、痩せ気味の走り慣れている方に二分される。

まずはと利用してみる方は多くても、継続が難しいマシーンの代表格です。

ぜつびん
無理をしなければ足に負担がかかりづらいのは、大きなメリット! 足に問題がある場合は、選択肢としてベストです

走るならジョギングコース あとがき

走るならジョギングコース あとがき

数ある運動の中でも特に習慣化しやすい「ジョギング」。

であるからこそ始める方は多いのに、続けられない場合も多いのも事実。

その大きな理由の一つに、場所を含め闇雲に走っているからというのも関係しています。

可能な限りジョギングコースで走ること

一般道とは走りやすさが変わってきますから、継続のしやすさが変わってくるんです。

走る前は「そんなに違いがないでしょ?」と思うかもですが、想像以上に大きく異なります。

  1. 継続がしやすい
  2. 結果が出やすい
  3. 太る心配をしなくてもいい

多くの人がジョギングを始める理由が、走る場所次第で叶えやすくなるんです。

お住まいの地域にもよりますが、行う人口が多いからこそ、思いの他に多くあるジョギングコース。

ウォーキングであればどこでもありですが、ジョギングは場所を選ぶことが重要です。

継続のしやすさと、それに伴う結果が変わってきます。

 

以上が『一般道ではなくジョギングコースを選択することが、走る習慣になる』でした。