ダイエット目的のジョギング! 小雨の時はやる、やらなないどっち?

ダイエット目的の運動として行う方も多い「ジョギング」。

トレッドミドルと呼ばれるルームランナーを使用して室内で行う方もいますが、その多くは野外で走ること。

だからこそ、天候に大きく左右されるスポーツでもあります。

  • 晴れ、曇り:問題なく走る
  • ;走るのを止めておく
  • 小雨:走るのを迷う…

晴れと雨の時は判断がしやすいのですが、走れそうだからこその迷いどころが小雨の時。

特に習慣にするために意識して頑張っている時は、大きな悩みどころです。

走れそうでも小雨の時は走るのを止める

これは、現在も少なくとも月間100キロは走っている、私からのオススメです。

なぜ小雨の時はジョギングをしない方がオススメなのか、解説をしていきます。

小雨で走らないことをオススメする理由

走ろうと思えばジョギングはできる天候の「小雨」。

  1. 足元が滑る = ケガをしやすい
  2. 不快でストレスになりやすい
  3. イヤホンや携帯が壊れる原因

小雨は大したことがないと思ってしまいますが、晴れや曇りにはないことが起こります。

「傘をささなくてもいいかな?」と思える、いわゆるミスト状態でも発生するできごとです。

1.足元が滑る = ケガをしやすい

小雨で地面が濡れているからこそ起こる「足元が滑る = ケガをしやすい」。

歩いている時であればしっかりとグリップできても、足元が間違いなく滑りやすくなっています。

地面の濡れが微妙 = 予測が付けづらい

がっつり濡れていたり、水たまりだとまだ分かるのですが、小雨状態は突然滑る場所があるんです。

また、ジョギングの最中は、あなたの体重の3〜4倍の重さが足元にかかっている状態。

意図しないところで転んでしまったり、つるっと滑って足の筋を伸ばし過ぎてしまいます。

無理をしてケガをしてしまったら、せっかくの運動が元も子もありません。

ぜつびん
小雨だららと走っての転んでケガや、無理に踏ん張って筋を痛める人は多い

2.不快でストレスになりやすい

小雨時に実際に走ってみると分かりやすいですが、「不快でストレスになりやすい」。

ジョギング = 走る = 自ら雨に当たりにいく

体全体に雨が当たるのですが、特に顔に随時ぶつかってくるのは不快そのもの。

避けるのではなく向かっていくのですから、思っている以上に雨が当たります。

また、着ている服やシューズにも水分を含み、不快で走りづらくなる場合も少なくありません。

実際に小雨に走ったストレスにより、ジョギングが嫌いになる方も多いですよ。

ぜつびん
現在、外出時には必須のマスク。小雨により濡れることで顔にひっつき息苦しいだけでなく、めちゃくちゃ不快になります

3.イヤホンや携帯が壊れる原因

ジョギングのお供に音楽を聞いたり、記録のために持っている「イヤホンや携帯」。

防水仕様であっても、思いの他に壊れる

私も小雨が原因で複数のイヤホンを壊しましたが、濡れる行為は本当によくありません。

防水仕様といっても、小雨であっても随時濡れている状況は大きな壊れる原因。

ジョギングは30分以上も走る人も多いですから、防水性能を超える場合もよくあることです。

また、足元が滑って転び、物理的に携帯の画面を割る方も少なくありません。

ぜつびん
小雨の水分、物理的な原因を含めて、お供のイヤホンや携帯が壊れやすい

小雨時のジョギング あとがき

小雨時のジョギング あとがき

やろうと思えば走れる状態だらかこそ、選択に迷う「小雨時のジョギング」。

競技をしている選手であれば練習にもなりますが、ジョギング目的がダイエットの方。

走れそうでも小雨の時は走るのを止める

運動をすることはとてもいいことですが、やらないという勇気も必要です。

小雨は一見は大したことがなさそうであっても、思いの他に影響が大きいコンディション。

月にコンスタントに100キロオーバーを走りなれている方であればまだしも、異なるのであればしない選択がベスト!

急がば回れということわざもありますが、余裕を持つことがダイエット目的のジョギングには必要です。

特に無理をして転んでのケガや、ストレスを自ら選択するのは、完全によろしくない行動。

晴れは曇りの走れる日はまた訪れますから、小雨時にジョギングをするのは止めておきましょう。

 

以上が『ダイエット目的のジョギング! 小雨の時はやる、やらなないどっち?』でした。