「小腹が空いた」はまやかしの食欲。対応を間違えると、あなたは太る

一日を過ごしていると、ふとした瞬間に感じる「小腹が空いた」。

口が寂しくなったり、何かの区切りがついた時によく起こることです。

ですが、小腹が空いたと感じる時に、重要なことが一つ。

本当の食欲ではない

食欲ではあるのですが、逆に言えば食べなくていいということ。

絶対食べてダメとなるとストレスになりますが、太らないためにはなるべく避ける必要があります。

事実、小腹が空いたで食べてしまうことは肥満に継ががることが殆ど。

小腹が空いた時にできる対処方法と、なぜなるべく避ける必要があるのかを、解説していきます。

本当の食欲ではないとは?

小腹が空いたが本当の食欲でないというのは、その種類に理由があります。

  • 代謝性食欲:空腹でお腹が空いた状態
  • 認知性食欲:食べ物を見て、時間やタイミングなど

私たちが感じる食欲は、上記の代謝性と、認知性に分けられます。

どちらを気を付ける必要があるかといえば、完全に認知性食欲。

なぜなら、代謝性食欲は体が必要としているからで、食べるべきであるから。

対して認知性食欲は”食べられる状態”なので、何かを口にしなくても問題はありません。

小腹が空いた = 認知性食欲

食べる必要のない食欲だからこそ、小腹が空いたは本当の食欲でないと言えます。

小腹が空いたを抑える方法

認知性食欲の小腹がが空いたを避けるには、方法がいくつかあります。

  1. 歯を磨く
  2. 柔軟程度に体を動かしてみる
  3. 食べること以外を考えてみる

歯を磨く以外は、どこにいてもできる行為。

こんな単純なことで意味があるか? というと、ちゃんとあります。

認知性食欲の持続時間は5分程度

代謝性食欲は食べないと解消するのは難しいですが、5分程度の行動で変わるんです。

食欲を抑えるのは大変だと思われがちですが、認知性食欲は簡単に抑えられます。

ぜつびん
小腹が空いたは、5分の行動で食べないに変えられる

“食べなくてもいい”を抑える理由

小腹が空いたの”食べなくてもいい”を抑えるには、理由があります。

食べられる時が、1番多く食べ物を口にしてしまう

食べる必要がないにも関わらず、カロリーを多く接種する機会になるんです。

  • 食べだしたら、意外に食べられる
  • より食欲が増した
  • 甘かったり、カロリーが高い物が多い

口にしてしまったからこそ、止められなくなってしまうのは日常茶飯事。

食べることが必要な代謝性食欲と違い、たちが悪いものと言えます。

5分をうまく過ごすことができれば、解消できる食欲であるのにも関わらずにです。

後からカバーするのは大変

食べてしまっても、後から運動でカバーをするという方もいます。

ですが、これは思っている以上にとても大変なこと。

  • 小腹が空いた → 2、300キロカロリーはざら
  • ジョギング30分 = 200キロカロリー程度

小腹が空いたで食べるのは傾向として甘い物の場合が多いため、カロリーが高くなりがち。

上記ではあまく見積もりましたが、もっと多くのカロリーを接種することも少なくありません。

かつ、小腹が空いたは日によっては、1日に何回も起こることも…。

食べなくていい食欲で口にしてしまうと、想像している以上に後からカバーをするのは大変です。

だからこそ必ずとは言わなくても、小腹が空いた時に食べないを選択することが重要でした。

ぜつびん
私はジョギングが習慣になっていますが、毎日小腹が空いて食べた分をプラスして走れと言われたらつらい…

小腹が空いた あとがき

小腹が空いた あとがき

「小腹が空いた」は1日を過ごしていると度々起こることですが、注意が必要です。

本当の食欲ではない

“食べられる”であって、食べる必要がない食欲だからというのが、その理由。

かつ、思っている以上に食べるのを避けることも、容易にできる食欲です。

認知性食欲の持続時間は5分程度

本物の食欲でないからこそ、少しの時間の使い方で食べるか食べないかが変わります。

また、小腹が空いて食べるのは、比較的カロリーが多い場合が殆ど。

回避することができれば、1日のトータル接種カロリーを大きく減らせます。

食事制限というと難しく考えますが、「小腹が空いた」は少しの意識の行動で変えられますよ。

 

以上が『「小腹が空いた」はまやかしの食欲。対応を間違えると、あなたは太る』でした。