タイト(少しきつめ)の服を着ると、あなたのダイエットが加速する!

  • 2020年11月10日
  • 2020年11月10日
  • コラム

多くの人にとって家にいる時間が増えた2020年。

なるべく外出を控えたり、出かけるとしてもマスクにウィットティッシュなど、準備をしてからの人が多くなりました。絶対的な対策がないからこそ、まだこの状態は長く続きそうです。

また、顔がマスクで隠れるからこそ、女性はメイク、男性は髭の処理などが楽という、朝の時間のメリットは生まれました。では、服装についてはどうでしょう。

あなたは少しゆるめ。またはだぼっとした楽な服を着てはいませんか? その着方は ダイエットを考えている、興味にある人であれば、好ましい着方ではありません

単純なようですが、タイト(少しきつめ)の服があなたのダイエットを加速させるんです。

  1. タイト(少しきつめ)の服に効果がある理由
  2. 上着で隠れる秋冬こそ始めやすい
  3. 外出が少なくなるからこそできる

3つの項目に分け、なぜタイト(少しきつめ)の服がダイエットを加速させるのか。なぜ今行うことをオススメするのかを解説していきます。

タイト(少しきつめ)の服に効果がある理由

現状の体の状態よりもタイト(少しきつめ)の服をオススメするには、理由があります。

  • ダイエットをしていると意識ができる ←意識
  • 着ていると量が食べられない ← 行動
  • ちょっと頑張れば替われそうな気がする ← 意識

関係してくるのは意識と行動の部分。自分は頑張ろうとしているだけでなく、なんかできそうな気がする。この”なんか“が、気持ちの面でとても重要なんです。

昔からたくさん食べる前にベルトを緩めるような表現が使われますが、実際にきゅっと少ししまっていると、量が思いの他に食べられません。食べ物が目の前にあってもです。

タイト(少しきつめ)の基準。静止している時ではなく、動いた時にきついなと感じレベル。この少しというのが、意識の面に関わってきますから、大きなポイントでした。

きつければいいわけではない

きつめの服というと、女性のスキニーパンツのぱつんぱつんを越えた服を着てしまう人がいます。ですが、常に締め付けられている負担が体にあるため、オススメはできません。

運動の負荷を上げて続けるのが難しくなるのと同様、頑張り過ぎはストレスになります。ダイエットをしているんだ、ここから変わりたい! という、適度であるのが大切!

30分、1時間も着ていたら不快なきつい服は、諦める原因となりますのでやめましょう。

ぜったの
きつめときつすぎは、全く異なるもの

上着で隠れる秋冬こそ始めやすい

タイト(少しきつめ)の服を着て気になるのは、周りの目。

実際は見られていなくても、そんな気がしてしまうんですよね。だからこそ、秋と冬こそがチャンス! 狙い目の時期なんです。

  • 上着で隠せる
  • 汗が出ずらい
  • 長袖長ズボン

仮に周りの目があったとしても上着で隠せるため、大きくは気になりません、長袖長ズボンを当然のように着られることも、タイト(少しきつめ)の服を着るのに最適!

また、服を着ていて不快な思いをするのは、汗でびっちょりとすること。真夏にタイトな服であればさらに不快感が増しますが、秋冬は汗が出づらい。これは大きなメリット!

周りから隠せて、余計な要素もない。実施をするには最適な季節といえます。

寒くなるほどエネルギーは消費されている

始めるのに最適である理由は、まだあります。

私たち人間は「恒温動物」。生命を維持するために、体温を保つ必要があります。どうやって保っているかというと、エネルギー(カロリー)を燃やしているんです。

一見は汗がダラダラと出る夏の方が消費するような気がしても、気温が高いことであまり使われないエネルギー。秋、冬の寒くなってからの方が、基礎代謝は増えるんです。

熱を発生させるのに、エネルギーを多く使うのは電化製品なども同様。ですから、頑張った効果を確認しやすいのが、秋と冬ともいえるんです。

外出が少なくなるからこそできる

多くの人が外出をしずらい、または控えるようになった現在。

思うように行動でできないからこそマイナスに考える人も多いですが、タイト(少しきつめ)の服を着るには、見方を変えれば最適ともいえます。

  • 人に見られることを考えなくてもいい
  • 食欲が抑えられる
  • 着替えがすぐにできる

上着で周りの人に見られないとはいえ、もしもを考えて着る服を選んでしまうもの。自宅にいる状態であれば誰かに見られることはないですから、どんな服を着ても問題ありません。

少し締め付けられることで、自然と食欲が抑えられること。もう今日はいいかなと、着替えたい時にすぐできるのは、外出時していない時の大きなメリット。

無理をしすぎないで済むんです。

デメリットを見方によってメリットに置き換える

なにかデメリットがあると、人はマイナスに考えてしまうもの。

特にダイエットをしている時は気持ちが敏感になりますから、少しの変化が気になってしまいます。マイナスに考えてしまうと、より深くに行ってしまうんです。

ですから、ほんの小さなことであってもデメリットがメリットに変えることができれば、よりダイエットに頑張ることができ、結果にもつながります。

外出できないのは、ダイエットがしやすい環境

ダイエットは気持ちが大きく作用するからこそ、プラスに考えるのはいいことでした。

少しの気持ちの変化が結果につながる

気持ちの変化が結果につながる

タイト(少しきつめ)の服を着る。小さな変化で単純なようですが、シンプルだからこそ多くの人が始めやすく、結果へをもつながりやすいんです。

  1. タイト(少しきつめ)の服に効果がある理由
  2. 上着で隠れる秋冬こそ始めやすい
  3. 外出が少なくなるからこそできる

食事制限や運動を始めるよりも「やるぞ! 」と意識が少なくてもすむのを特徴。しかも秋、冬のタイミングはさらにやりやすく、周りの人に気付かれないタイミングでもあります。

やっぱり成功した時は気付いてほしいけれど、している時は知られなくないのがダイエット。めちゃくちゃ頑張らなくて、かつ、気つかずに始められるのはメリットでしかありません。

しかも、タイト(少しきつめ)の服を着る際に注意するのは、大きくは1点だけ。

静止している時ではなく、動いた時にきついなと感じレベル

大きな無理は必要がありません。きつすぎて体に負担になリ過ぎるのは、継続することが必須なダイエットにとって、失敗するといっているようなもの。

どんなにきつくても最初から折れない意思持っている人は、ダイエットが必要な状態にはなりません。私や僕にでもできり、継続できる軽めからであるのが、結果へとつながります。

頑張っていないようで食欲にも変化が出て、少しきつめの服だからこそ、結果が出た時にも自身で気づきやすい! 頑張れる理由になりやすいからこそ、ダイエットがはかどりますよ。

 

以上が『タイト(少しきつめ)の服を着ると、あなたのダイエットが加速する!』でした。