ダイエットの仕組みは単純なのに、沢山の方法があるのはなぜ?

ダイエットを成功させるために、絶対的に必要なこと。

消費カロリー > 摂取カロリー

1日2日ではなく、一定の期間で消費カロリーが上回る必要があります。

この仕組みは老若男女関係なく、変ることはありません。

やるべきことは1つであるのに、星の数ほどあるのがダイエット方法。

既にたくさんあるのにも関わらず、日に日に新たなものが増えていくのも特徴です。

ではなぜ、ダイエット方法はたくさんあるかと言えば、まずは1つの答え。

人ぞれぞれで状況が異なるから

性別や年齢、現在の体型や生活環境が異なるからこそ、できる事も変わってくるんです。

また、求めるレベルも違ってくるので、行う内容はひとそれぞれであるのが特徴。

だからこそ、自分に合う方法を選択しないと、想定通りにうまく行かないのがダイエットです。

人それぞれでどんな状況の違いや、なぜ失敗してしまうのかなど、具体的に解説をしていきます。

ダイエットの目的

まずは、ダイエットの目的から。

  1. キレイに、カッコよくなりたい
  2. 健康のために必要とされて

できたらいいなと、しなければいけないは全く意味合い違うこと。

同じダイエットであってもも、その状況が大きく異なります。

1.キレイ、カッコよくなりたい

だらっとした体型よりもキュッとした体型にとなり「キレイ、カッコよくなりたい」。

痩せたい願望 = 緊急状態ではない

痩せたい思いとしてはあるけれど、どうしてもではない状態。

なんですが、傾向として多くなるのが、無理に頑張り過ぎてしまう…。

なれる未来が想像ができるからこそ、過激な選択肢をする方が多くいて、かつ失敗します。

急ぎ過ぎない、適切な対応をすれば結果としてうまくいくにも関わらずにです。

ぜつびん
自分のを追い込み、極限に頑張らなければならないと考える方が多い

2.健康のために必要とされて

ダイエットをしたいではなく、「健康のために必要とされて」。

太り過ぎると、日常生活の中で支障や、今後のリスクが生まれるようになります。

肥満状態 = 早急に改善する必要がある

見た目の問題ではなく、未来のためにダイエットをする必要があります。

なんですが、傾向として多くなるのが、自分には無理だからと諦めてしまう…。

状況がよくならないばかりか、悪化していく場合が非常に多いです。

どんな方法論よりも、行う本人の意識が成功の鍵となってくるダイエット。

その多くに当てはまるのは、有識者のサポート無しでは痩せるのは難しいというのが現実です。

ぜつびん
本人ではどうしようもないから肥満であるので、その多くの方がサポート無しで痩せるのは厳しい

体型による違い

目的も違えば、現在の状況も異なってきます。

  1. さほど太ってはいない
  2. 太っている

同じダイエットをするのでも、現在の体型の違いで行う方法論が変わってくるのは必然。

特に体型で関係してくるのが、運動について。

できる状態であるのに食事制限のみを行い、することを極端に拒む。

現状では問題があるのに過度に運動をしてしまうという、逆パターンになる場合が多いです。

1.さほど太ってはいない

大きくは太ってはいないけれど、キレイやカッコよくなるために「ダイエットをしたい」。

運動はせずに、食事制限のみ

割合として断然に多いのが、このパターン。

体重が減っても脂肪だけでなく、筋肉も含めて減少していくのは、糖新生の仕組み。

しまりのない体になるだけでなく、リバウンドしやすい体に変化していきます。

さほどのレベルであったのに、時とともに完全に太っているに変わる方も少なくありません。

ぜつびん
無理をした食事制限のダイエットをしている場合が多い

2.太っている

太っているからこそ、必要に迫れて行う方が多い「ダイエット」。

  1. 過度に運動をして、体を痛める
  2. 怪しげなサプリメントに手を出す
  3. ムダに準備や道具にお金を使う

頑張り過ぎてしまう、または楽をしようとする両極端の人が出やすい傾向です。

興味深いのは、どちらの選択もよろしくなく、そのほどんどの方が失敗するということ。

頭でっかちや、変に効率を求めるからこそ、うまくいきません。

また、お金を躊躇なく支払う傾向も強いので、カモになっている方も多いです。

ぜつびん
肥満のレベルが上がるほど、冷静な判断ができていない方が多くなる

沢山のダイエット方法が生まれる理由

仕組みとしてはシンプルであるのに、ダイエット方法が星の数ほどあるのはなぜか?
これには、それぞれの人で状況が異なるという他に、もう1つの明確な理由があります。
  1. 多くの人が興味がある
  2. なかなかうまくいかない
  3. 悩みが深い
  4. 多くの方が金を出すことをいとわない
  5. マウントを取れたら一攫千金

多くの人が興味、なかなかうまくいかないから悩み、お金を出すこともいとわない

ですから、頭角を何かの拍子で表すことができた場合、一攫千金を得ることができます。

一個人や、会社というレベルでは、完全になくなってしまうんです。

そんな中で大きな数字の成果の提示、かんたんなイメージに人は大きく引かれるのは必然。

だからこそ、飲むだけで痩せるなんて、明らかに嘘の物も多く出回るわけです。

ダイエット市場の規模

年々留まることを知らない、「ダイエット市場の規模」。

アメリカの有名な調査会社「KENNETH RESEARCH」により、市場規模が明らかになっています。

Weight Loss and Weight Management Diet Market (減量・体調管理ダイエット市場)

【ダイエット市場】

  • 日本;2兆円
  • 世界全体:1.920億米ドル(2,069兆円)

上記は、2019年時点でのデータ。

2020〜27年でさらに10,5%以上の成長が予測されています。

日本で2兆円と言うと、理美容(髪に関すること)産業と同程度。

理容室、美容室の店舗数、利用する方を考えれば、どれだけ大きな市場なのか分かります。

また、2025年の世界人口予測は79億人。

一方で肥満に悩む方は27億人以上と予測されていますので、上昇していくという数値にも納得しかありません。

多くの人が興味を持ち悩むダイエットですが、あなたが食い物にはならないことが重要です。

ぜつびん
方法論が星の数ほどあるのは、悩みが深く、市場規模がとてつもなく大きいから

ダイエットの方法 あとがき

ダイエットの方法 あとがき

したいと思う方が老若男女関わらず多いと同様に、たくさんある「ダイエットの方法」。

やり方としては星の数ほどあっても、成功させるための仕組みはとてもシンプル。

消費カロリー > 摂取カロリー

結果として消費カロリーが上回ればいいので、難しく考える必要はありません。

問題が出ずに自身が継続ができる方法であれば、要はなんだっていんです。

そんな中でダイエットが失敗してしまう人は、以下の方法論をとりがち。

  1. 完璧を目指し過ぎ
  2. 短期間で変わろうとし過ぎ
  3. いろいろと手を出しすぎ
  4. 自分に合わなダイエットを継続し過ぎ

頑張らないとや、難しく考え過ぎることで、柔軟性が欠けている場合が殆ど。

難しいと言われるダイエットも、その仕組はシンプルだからこそ、誰にでも合う方法もあります。

あなた専用のやり方という方法は間違いなくありますので、難しく考えないことが重要。

流行りだからや、急激な変化を求めすぎなければ、半年、1年後に大きく変わります。

失敗を繰り返したり、問題を起こすよりも、キープできるダイエットをしてください。

 

以上が『ダイエットの仕組みは単純なのに、沢山の方法があるのはなぜ?』でした。