外で運動をする際にするマスク。どんな対応をするのがベストなの?

自宅の中はともかく、外出する際はマスクが必須な現在。

仕方のない部分でもありますが、このことが運動不足の方を増やす大きな原因なっています。

同じ運動でもマスクの有無で負荷が大きく変わる

特に習慣がない方にはそもそもでもつらいイメージ運動が、更に大変になるんです。

海外の論文でマスクの有無は大差がないと以前見ましたが、「本当かよ?」 というのが実情。

実際私は運動記録でジョギングを公開していますが、マスクの有無は体感として大きな負荷の差があります。

この記事を作成時点では基本3回走って、1回休みにしているペースの私。

ですから大体平均で週5は走っていることになりますが、その時マスクはどうしているのか?

周りの人の有無でマスク付けたり、首元にズラしたりしている

常に付けていたら正直に苦しいので、ケースバイケースの対応です。

この一文では説明不足ですので、実際にどういう形なのかを解説をしていきます。

現状も外で運動ができるんだということと、今後の参考になればと幸いです。

マスクを全くしないのは難しい

よっぽどの小さい子を除き、老若男女が付けるのが必須と言えるマスク。

稀に付けていない方もいますが、なんとなく近づきたくはないものです。

街中で走っている方でノーマスクの方も見かけますが、あまり気分はよくないもの。

現在の状況では運動時でも、人がいる場所ではマスクは必須

気分的にも、共同生活をする上でのエチケットと言えるのではないでしょうか?

以前のように戻って欲しいですが、現状ではそれは難しいというのが現実です。

とはいえ歩いていても、時として息苦しく感じるマスク。

運動時はより吸気量も増えるため、リアルに負荷が上がっているのを体感できる形です。

では、私が現状1回9km弱走っている中で、どのようなマスクの対応しているか続いて記載していきます。

人がいる場所ではマスクを付ける

私が走っているのは「ジョギングコース」。

厳密に言えば最後の1kmちょっとは外れるのですが、その多くはコースでのラン。

このジョギングコースを走ることには、メリットがあります。

  1. 信号などで遮られない
  2. 走るために考慮されているので走りやすい
  3. 人が行き来がわかりやすい

マスクに関係することで言うと、「③ 人の行き来がわかりやすい」が大きく影響。

一般道のような突然人が現れるということがなく、事前に予測ができるんです。

この予測というのは、前からすれ違う、後ろから追い抜かれるどちらもが対象。

すれ違う時だけマスクをする

私はジョギング時にイヤホンをしていますが、音量は人と会話ができるレベル。

日によってすれ違う機会が多い場合もありますが、常にしているよりもかなり楽です。

ペース的に早くはないので抜かれる場合もありますが、近づいて来ているのは事前に分かりますよ。

ちなみに前述のジョギングコースから外れる最後の1kmちょっとは、常にマスクをしています。

これは突然横から人が出てくるなど、予測が難しいというのがその理由です。

ぜつびん
運動時に常にマスク着用はつらいですが、すれ違う時だけであればかなり楽! 余計な負荷が減ります

運動時のマスクは何がいい?

ひとえにマスクといっても、現在は沢山の種類があります。

  1. 不織布プリーツマスク
  2. 医療用マスク (サージカルマスク)
  3. 防塵規格マスク
  4. 布製マスク(布生地は様々)
  5. ウレタンマスク

この中で運動時に向くマスクはどれなのか?

実際に何度も繰り返して使用し、体験から言えることが1つ。

ウレタンマスク一択

これは運動するからこその、切実な理由があります。

空気を吸いやすいとうのも1つの理由ですが、それだけではないんです。

運動をして体に熱を持つからこそ、体温を下げるために体から溢れ出る汗。

この汗で濡れてしまったマスクは、顔に引っ付いて離れません。

結果として、何が起こるのか?

息がしづらいではなく、息ができない

運動をする人にとって、凶器の沙汰と言っておかしくない状況。

いろいろな種類をこれまでに試していますが、ウレタンマスク以外は正直凶器です。

汗が出ないような軽めでない限り、運動時のマスクは選択する必要がありました。

一般的に予防効果としては懐疑的なウレタンマスクですが、運動時にはかなり優良です。

洗濯して繰り返し使える & すぐに乾くというのも便利と言えます。

通常時は私も別のマスクですが、運動時に限ると見直されるべき存在ではないでしょうか?

雨が降ったら凶器となるマスク

運動時には種類の選択の必要が出てくる「マスク」。

前項では運動時にはウレタンマスクをおすすめしましたが、適用外の天候が雨です。

雨で濡れたマスク:顔に張り付いて呼吸が全くできない

これはどの種類であっても、同様です。

首を締めて殺しにくるというか、まさに顔に引っ付く凶器。

きつさとして濡れタオルを顔に押さえつけられたイメージが、近いかもしれません。

息が吸えないというのは、運動時は特に一瞬で活動限界値を超えてしまうことになります。

素直につらいとかそういう問題ではなくなるので、雨の場合のマスクは注意が必要です。

ぜつびん
マスクをするのであれば、顔に引っ付かないように手で引っ張っていないと、一瞬で意識が飛びます

運動時のマスク事情 あとがき

運動時のマスク事情 あとがき

今の世の中の状況で、マスクをしないという選択はなかなか難しいのが実情。

それは運動時だからいう、自分本位の考えはあまりよろしいとは言えません。

エチケットとしてできることはする! これが社会生活に必要なことではないでしょうか?

それでもマスクをして運動は、圧倒的にきつくなるというのが実情。

周りの人の有無でマスク付けたり、首元にズラす

私が行っている方法ですが、これがベストな選択の1つと言えそうです。

その理由は、人に不快感を与えず、自分も罪悪感を感じることもない。

実際、今年に入ってからはずっと同じ対応ですが、問題は起こっていません。

※雨の中で走って、マスクが顔に引っ付いて凶器になったのは別

加えて、現在マスクが理由の1つとなり、運動不足になっている方は多いはず。

室内で行うとなるとスポーツジムに通う方を別とすると、圧倒的に有酸素運動不足。

無酸素運動をがっつり出来ない場合は、体はなまっていくばかりです。

ついでに余分な食料の備蓄をしていると、食べ過ぎてしまって太ることは必須。

現在の状況であっても、私が行っている通り、時の場所を選べば運動は十分に可能です。

マスクをしない言い訳の理由にはせずに、忘れずに適度な運動をすることを心がけて下さい。

運動をしないことが習慣になると、取り戻すにはなかなか難しいですから…。

 

以上が『外で運動をする際にするマスク。どんな対応をするのがベストなの?』でした。