あなたが夜中に途中で目覚めてしまう7つの理由を排除しましょう

私たちの三大欲求は「睡眠欲、食欲、性欲」3つ。

性欲は人によってあまりない人がいたり、年齢が高まることにより落ちていきますが、睡眠欲と食欲は誰もが生きている限り持ち続けています。私たちの生活に直結するものです。

エネルギーを消費するからこそ食欲は必須なことですが、疲れた体を休息する睡眠欲も毎日欠かすことができません。ですが、眠たいし、疲れているのに夜中に目覚めてしまうことがあります。

途中で目覚めてしまうのは休息を著しく妨げますし、またすぐに寝ることはできないなどストレスの原因にもつながります。この途中で起きてしまうことには、必ず原因があります。

眠りのプロと言える寝具をメインで扱うBed Threads.が、夜中に目覚めてしまう7つの原因についてまとめていました。目覚めてしまう原因について紹介していきます。

7つの原因を避けることができれば、途中で起きてしまう悩みが激減する可能性は高いですよ。

途中で目覚めてしまう人はとても多い

就寝後に途中で目覚めることは、睡眠不足の原因になります。1度目覚めてしまうと再度寝るまでには思いの他に時間を要するのはご存知の通りです。

睡眠不足にならずに就寝するには、途中で起きずに眠るのが必須でした。

通常は睡眠状況は一緒に暮らしている家族のことしか分からなくても、睡眠不足で悩んでいる人は思っている以上に多いです。オーストラリアでは3分の1にあたる方が苦しんでいます。

組織であるSleep Health Foundationが調査した結果ですので、信頼性が高いといって間違いありません。国に限らず共通しますから、日本も同様に睡眠不足で悩む方はとても多いんです。

大きな原因となる途中で目覚めることが少なくなれば、自然と睡眠時間が長くなり、睡眠不足の解消に役立つことになります。

途中で目覚めてしまう7つの理由と、改善方法について続けて紹介します。

寝る室温になっていない

私たちが寝ている時の状態は心拍数が落ちると同時に、体温も活動時よりも落ちています。体温が落ちることも、眠れる準備になっているわけです。

ですから室温も16〜18度と比較的涼しい室温が睡眠時は理想的です。24度以上になると暖か過ぎて起きてしまったり、逆に12度未満では寒すぎて眠れなくなります。

ぐっすりと眠るには、少し涼しめの室温がポイントでした。

寝る直前にシャワーや湯船につかることは、体が芯から温まり体温が上昇するため、睡眠の状態から離れることになります。寝る直前に筋トレや運動をするのも、眠れなくなる原因です。

就寝中に温めるのであれば、就寝することで冷えている足元をオススメします。

寝る前の飲酒

眠るために飲酒をする方は多いです。実際に飲酒することで眠れる人は多くいますが、浅い眠りの状態です。小さな音でも敏感になり、起きてしまいます。

深い眠りにつくことが途中で起きずに眠るのに必要ですので、飲酒は少しずつ減らして行く必要がありました。実際の経験として、時間のわりに疲れが取れないのもご存じの通りです。

飲酒に頼らない、睡眠に変えて行きましょう。

ストレスの多い考え方

ストレスの多い考え方は睡眠に入りづらいだけでなく、途中で目覚めてしまう原因です。悩みが0というわけには現代社会では難しいですが、なるべく取り除く必要がありました。

自分だけで深い悩みが継続して取れない場合は、専門家に相談することが大切です。自分だけで悩みを解決してしまおうとすると、より深い悩みへと発展していきます。

専門家や医師に相談をすることは、悪いことでも弱さでもありません

睡眠時無呼吸症候群

健康番組でもよく取り上げられる睡眠時無呼吸症候群。無呼吸を遅い呼吸となり、体内の酸素レベルを低下させる障害です。一気に酸素を吸い込むため、自分の呼吸で目覚めてしまいます。

よく自分のいびきで起きたなんて聞く場合がありますが、睡眠時無呼吸症候群である可能性は高いです。厚生労働省の調査では、男性で9%。女性で3%と思いの他に人数は多いんです。

運動や生活環境の改善により回復はできるのですが、個人の判断はよろしくありません。他の要因がなく途中で目覚めてしまう方や、家族に指摘された方は、医院を受診しましょう。

睡眠途中で起きてしまうことだけでなく、もっと大変なことになる可能性があります。

ぜったの
医師に助けを求めるのは、逃げではありません

消化不良

ダイエットのために寝る前の3時間前に食べない! と聞いたことがある人は多いと思います。3時間とはいいませんが、2時間前以降は食べないこともが大切です。

睡眠をしようとしても、食べ物を食べると胃や腸は活発な活動を続けています。その状態では横になることで満腹感や不快感を感じ、眠れなかったり、途中で目覚めてしまう原因です。

寝る前にスマフォやテレビを見ながら食べてしまうお菓子も、控えるのをオススメします。どうしてもの場合は、アルコールを含まない少量の飲み物にすると影響は少なくなりますよ。

部屋が明るすぎる

窓越しからの朝日で目覚めるのは、自律神経の切り替わりもスムーズとなるよい目覚め方です。反対に就寝時に部屋が明るいと、今日休息の時間だと体に信号がうまく送られません。

その結果、眠ろうとしているのにいつまでも眠れなくなってしまいます。

目を閉じているのに明るさを感じる状態は、完全に明るすぎです。就寝時には可能な限り部屋を暗くして寝るようにしましょう。体が眠る状態へと変わっていきます。

真っ暗だと眠れないという人は、LEDランプでは大抵は付いているオフタイマー、無音声で画面移動がないテレビをオフタイマーにすることをオススメします。ぐっすりと眠れますよ。

明るい状態は朝日で目覚めるのと同様に、途中で目覚めてしまう大きな原因です。

スマートフォン

私たちの生活の必需品となったスマートフォン。

便利ではあるのですが、睡眠を妨げる原因です。眠る前に少しと思って触ったのに、小一時間触っていた…。なんて経験がある人は多いですよね。スマートフォンは睡眠を妨げるんです。

枕元や手元にスマートフォンを置いておくとつい触ってしまうだけでなく、気になって目覚めてしまう理由になっています。就寝時には手の届かない場所に置いて充電しておきましょう。

目覚ましもスマートフォンのアラームではなく、昔ながらの目覚ましを使うことも有効です。スマートフォンに依存しすぎないことは、睡眠の質が変わってくることになります。

朝までぐっすりは生活が変わる

朝までぐっすりは生活が変わる

7つの原因を全て一度にすることはできなくても、いくつか実行できる内容があったかと思います。できないことを無理してやってみるのではなく、まずできることをしてみましょう。

誰でも注意すればできるであろうオススメとしては、次の3つです。

  1. 就寝前の2時間以降に食べない
  2. 部屋を暗くする
  3. 寝る時にスマートフォンを触らない

多くの人は、この3つだけでも途中で起きる率は減る確率が高くなりますよ。

寝ても途中で目覚める回数が増えていくと当たり前の行動になってしまいますが、通常の状態ではありません。途中で目覚めることがないのが、本来の眠りです。

朝まで通して寝ることは睡眠の質が上がるだけでなく、休息がしっかりと取れることで生活が変わっていきます。少し気遣いで変わってきますので、あなた自身をいたわってあげましょう。

少しの変化が徐々に多きな変化に変わっていきます。睡眠の休息はしっかりとです。

 

以上が『あなたが夜中に途中で目覚めてしまう7つの理由を排除しましょう』でした。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/funfunfunfun/absolute-funfun.com/public_html/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:646 Stack trace: #0 /home/funfunfunfun/absolute-funfun.com/public_html/wp-includes/template-loader.php(98): include() #1 /home/funfunfunfun/absolute-funfun.com/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/funfunfun...') #2 /home/funfunfunfun/absolute-funfun.com/public_html/index.php(17): require('/home/funfunfun...') #3 {main} thrown in /home/funfunfunfun/absolute-funfun.com/public_html/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 646