実はよく分からない! ミネラルの基礎と働きとはどんなものなの?

健康を維持するためや、ダイエットを成功させるには食事が重要です。

健康やダイエットは食事が直結するからです。運動はもちろん大切ですが、食事は生命を維持するためにも毎日する必要があるのはみなさんご存じの通りです。

特にたんぱく質、脂質、糖質は三大栄養素と呼ばれ、最も重要な栄養素です。また、三大栄養素の他にも、五大栄養素、六大栄養素と呼ばれるこちらも重要な栄養素もあります。

三大栄養素、五大栄養素、六大栄養がどんなものかというと、次の通りです。

三大栄養素たんぱく質、脂質、糖質
体内エネルギーの原料に体組織やホルモンの原料、生命を維持するために必須な栄養素
五大栄養素三大栄養素に、ビタミン、ミネラルを加えたもの
三大栄養素の体内代謝に必須の栄養素
六大栄養素五大栄養素に食物繊維を加えたもの
不要となったものの排出、血糖値上昇の仰制の役割をする

三大栄養は基本として共通で、五大栄養素にはビタミンとミネラル。六大栄養素には食物繊維がプラスをされたものです。どれもよく見たり、聞いたりする栄養素ですよね。

プラスをされたものだと、六大栄養素に含まれる食物繊維が1番想像がしやすいです。

逆に、五大栄養素のプラスをされたビタミンとミネラルはよく聞く栄養素ですが、実際にどんなものなのかは種類も多いため、想像がしづらい栄養素ですよね。

ビタミンについては別途まとめていますが、気になるのはもう1つの「ミネラル」です。

ミネラルもビタミンに負けないぐらい種類が多くあるので、一言では説明ができません。そこで、今回はミネラルの基礎から種類、ミネラルの働きとはどんなものなのかまとめてみました。

ミネラルとはなんですか?

ミネラル(mineral)は「体内では生合成ができない、生体を構成する主要な4元素(酵素、炭素、水素、窒素)を除いた総称」の無機質です。

かんたんにいえば、体内で合成できないので、摂取が必要な栄養素です。

ビタミンと同じ様に普通に食事をしていても摂取ができますが、不足すると欠乏症を起こしたり、逆に摂取をし過ぎると過剰症を起こしやすくなる栄養素です。

ミネラルは不足しても、過剰に摂取してもダメだということですね。

ですからミネラルは、毎日必要な分を食べることで摂取する必要がありました。

ミネラルの種類とは?

ミネラルは現在、必須ミネラルとして16種類があります。

そのうち主要ミネラルが7種類、微量ミネラルが9種類となっており、以下のように分けられます。

主要ミネラルカルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、マグネシウム、硫黄、塩素
微量ミネラル亜鉛、セレニウム(セレン)、クロム、コバルト、マンガン、鉄、銅、モリブデン、ヨウ素

主要ミネラルと微量ミネラルの違いは、体に含まれる量の違いです。

ミネラルの働きとは

ミネラルのは必須ミネラルとして16種類もありますので、主要ミネラルの7種類の働きを1例として紹介します。

ミネラル働き
カルシウム歯や骨の構成元素、筋肉収縮、神経伝達
リンカルシウムやマグネシウムと一緒に骨を構成、糖をエネルギーに変える働き
カリウム体内の浸透圧を調整
ナトリウム体内の浸透圧を調整
マグネシウム葉や骨の構成成分、酵素の働きを活性化
硫黄たんぱく質やホルモンの成分
塩素体内の浸透圧を調整

体内の浸透圧を調整とありますが、これは体内の水分量の調整のことです。体液の維持の重要の役割のことです。ミネラルの働きは言葉にすると、少し難しいですね。

ミネラル欠乏症、ミネラル過剰症とは?

ミネラルは私たちに必要な栄養素ですが、不足するとミネラル欠乏症。逆にミネラルを摂取をし過ぎると、ミネラル過剰症になります。欠乏症、過剰症の主な症状は以下の通りです。

ミネラル欠乏症過剰症
カルシウム骨粗しょう症高カルシウム血症、高カルシウム尿症、軟組織の石灰化、泌尿器系結石
リンクル病体内のカルシムの不足
カリウム心臓や消化機能低下、生殖機能の減退、発育不全高カリウム血症
ナトリウム疲労感、血液濃縮、食欲不振高血圧
マグネシウム筋肉の痙攣(けいれん)、震え、不整脈高マグネシウム血症
亜鉛味覚低下、免疫力低下、皮膚炎、成長障害銅の吸収を阻害
セレニウム(セレン)心筋症、心筋梗塞毛髪や爪の脱落、疲労感、嘔吐(おうと)
クロム糖尿病特になし
マンガン代謝異常運動失調
貧血鉄沈着症
貧血、白血球減少吐き気
モリブデン頻脈(ひんみゃく)、夜盲症特になし
ヨウ素甲状腺肥大症甲状腺腫

ミネラルの欠乏症も、過剰症も少し怖いものが多いです。特に意識をしなくてもミネラルは摂取できるものが多いのですが、気を付けるということが大切です。

ぜったの
ミネラルの欠乏症は毎日の生活に支障をきたすものが多いです

ミネラルも毎日摂取が必要です

ミネラルについて紹介してきました。

ミネラルは五大栄養素の1つと呼ばれるだけあって、私たちの生活に欠かせない栄養素でした。

ミネラルは食品に含まれるため、特に意識をしなくても摂取ができる栄養素です。三大栄養素であるたんぱく質、脂質、糖質のバランスが取れていれば、不足することはあまりありません。

ですが、ダイエットなどでカロリーだけに目が行き、三大栄養素のバランス(PFCバランス)が取れていない場合は、欠乏症、過剰症の可能性が高まってしまいます。

PFCバランスが崩れることはミネラルのバランスも悪くなりますので、食事はカロリーだけに目がいかないようにしてください。ミネラルは生活のための重要な栄養素です。

普段あまり意識をすることはないかもしれませんが、たまに気にしてみてはいかがでしょうか?

以上が『実はよく分からない! ミネラルの基礎と働きとはどんなものなの?』でした。