適度な運動とはよく聞くけれど、一体どのくらいなのですか?

あなたは普段から日常的に運動をされていますか?

美容のためにダイエットや、健康に興味が高い方は日に日に多くなってきています。以前から習慣的に行っている方はもちろん、運動を始める方が増えてきていますよ。

食事だけに気をかけるだけでなく、運動も心がけて行うというのはとてもいいことです。運動習慣がない方は最初はためらってしまいますが、運動をしてみると爽快感あり気持ちがいいですよね。

運動をしようとすると「適度な運動をしましょう」とよく見たり聞くことが多いと思います。よく見たり聞いたりするから流してしまいますが、この「適度」ってどの程度なのかわかりますか?

同じ適度であっても食事であれば対象の方の基礎代謝にプラス活動代謝合わせた同等か、上回らない程度の食事量を摂取すればいいですよね。

消費と摂取が極端に異ならない、バランスの取れた食事が適度な食事といえます。

なんですが同じ適度でも運動となると、どのくらいが適度なのか難しくなります。運動の適度はどの程度なのか分かる、なんとなく分かっていても説明は難しいですよね?

よく分からないからこそ、運動の適度はどのくらいが適度なのか気になると思います。

そこで今回は「適度な運動」とは一体どの程度の運動のことをいうのか、まとめてみました。

【黒モリモリスリム】
黒モリモリスリム黒モリモリスリム

よく知らない適度な運動とは?

適度な運動の答えを先にいうと「1週間に150分の運動」です。

運動のレベルは継続して歩くウォーキングをするレベルの負荷で問題ありません。息を切らす激しい運動ではなく、少し息が弾むくらいの運動でいいということですね。

この1週間に150分というのはこれくらいかな? という数字ではなく、オーストラリアの研究者たちが14年分(20万人以上)の成人の健康の調査データから導き出した数字です。

どんな調査結果になったかというと、次のようになりました。

  • 調査期間:14年間
  • 調査人数:20万人以上
  • 調査結果;運動をしない人との比較
  • 週の運動時間150分:死亡リスクが31%少ない
  • 週の運動時間450分:死亡リスクが39%少ない

1週間に150分の運動を行っていた人たちは運動していなかった人たちと比較すると、31%も死亡リスクが下がっているという結果だったんです。31%はかなり多きな差ですよね。

1週間に150分の適度な運動をすることは、明確に健康に過ごせるということです。運動は健康にいい! というのは数字としての結果でも出ています。

1週間に150分ではなく3倍の450分と、完全に運動習慣がついた人たち。この人たちを運動をしない人たちと比較すると、39%の死亡リスクが下がる結果となりました。

適度な1週間の運動時間150分の3倍、1日1時間をこえる運動をすると死亡リスクさらに下がります。ですが、運動量に見合うほどの変化は見られませんでした。

毎日1時間運動することは、社会人ではよっぽど意識をして行わないと難しいです。ですから、余計に1週間150分の運動は適度な運動ということができます。

ぜったの
運動の効果の効率いいのが150分

適度な運動をさらによくするには

適度な運動とは1週間に150分と分かりました。

運動習慣ある人であれば1週間に150分は余裕でクリアできる時間ですが、運動習慣がない人は少しだけ頑張らないとと届かない時間ですね。

この1週間150分という時間は変えずに、より死亡リスクを下げる方法があります。それは150分のうちの「30% = 45分」を汗ばむくらいの少し激しい運動を行うことです。

軽いウオーキングのような軽めの運動だけではなく、負荷のかかる運動も加えるということですね。

この30%の負荷を加えた人たちは150分の運動をしている人たちの中で、さらに死亡リスクが9%も低くなりました。運動をしていない人たちよりも死亡リスクが減っていいる中での9%は大きいです。

また、150分の30%をこえる時間を少し不可のかかる運動をしていた人たちは、150分の運動をしている人たちの中で13%も死亡リスクが減ることがわかりました。

150分の30% = 45分以上を少し負荷のかかる運動をすることを目指せば、時間を増やさなくても効率的な運動になるということです。

運動しても少ししか変化がないのであればためらいますが、これなら頑張れますよね!

ぜったの
少し運動の負荷を上げることが同じ時間でもメリットが上ある

適度な運動を心がけましょう

適度な運動を心がけましょう

適度な運動とはどんな運動なのかを紹介してきました。

適度な運動とは1週間に150分という時間、そのうちの30%である45分を少し負荷のかかった運動をするとさらに良い」でした。

こちらのほうが、1日何千歩歩きましょうよりも、意識がしやすいですよね?

150分と1週間分けると1日21.4分。そのうち2日を負荷の少しかかった運動をすることで可能です。運動習慣がまったくない方が150分は少しハードルが高いですが、不可能な時間ではありません。

まずは急ぎではない時に歩ける距離の移動はウォーキングをすることを意識すると、1週間の運動の目安時間150分に近づけるようになりますよ。

少し負荷のかかる運動は、150分の運動が問題なくできるようなってからで構いません。少し無理をして頑張ってしまうのはストレスを生み、運動が嫌いになってしまいます。

毎日を健康に過ごすためには運動は必須ですので、適度な運動をこころがけて少しだけ頑張ってみましょう!

 

以上が『適度な運動とはよく聞くけれど、一体どのくらいなのですか?』でした。