音楽を聞きながらの作業はパフォーマンスが上がるのか?

何か勉強や仕事、運動など作業をする時は、パフォーマンスを上げたいもの。

上げることができれば効率につながり、より良い時間を過ごせます。人それぞれでパフォーマスンスを上げる方法はありますが、音楽を聞きながら作業をするのも1つの方法です。

  • 作業のパフォーマンスが上がる
  • 気が散って集中できない

パフォーマンスを上げる1つの方法ですが、音楽を聞きながらの作業は、二極化するのも事実。

アメリカ バルーク大学 心理学博士 マヌエル・ゴンザレス氏。ラトガース大学 心理学教授 ジョン・アイエロ氏によって、音楽を聞きながらの作業のパフォーマンスの研究が発表されています。

果たして音楽の聞きながらの作業は、パフォーマンスが上がるのか。聞くのであればどんな音楽が効率が上げられるのか、続けてご覧ください。

音楽を聞くことの作業への影響

音楽を聞くことにより心理的変化は、特別に好きな方でなくてもご存じの通りです。心理学者であればなおさら気になるところで、作業内容は読書や運動までの影響を研究されています。

  • かんたんな作業:単語リストの中から「a」含む単語をチェク
    例:happy、package ← 「a」が含まれるのでチェック
  • 複雑な作業:単語のペアを記憶して後から思い出す
    例:hung up the phone(電話を切る) ← ペアになるので記憶して後から思い出す

今回の発表では上記2つの作業について、影響が出るのかの検証です。

  1. 音楽を聞かない
  2. シンプルな音楽を聞く
    楽器数が少なくテンポもゆっくりな曲
    例:喫茶店で流れている音楽
  3. 複雑な音楽を聞く
    楽器数が多くテンポの早い曲
    例:ロックバンドの曲

かんたんな作業、複雑な作業を、音楽を聞かない、2タイプの音楽を聞きながら検証を行いました。同じ作業を行うことで、どうパフォーマンスへ影響するかが分かるわけです。

ぜったの
音楽を聞くことの作業への影響調査は、シンプルで分かりやすいもの

作業への検証結果

検証内容はシンプルですが、パフォーマンスに違いが出る結果となりました。

  • かんたんな作業
    複雑な音楽を聞くのが一番パフォーマンスが高い
  • 複雑な作業
    音楽を聞かないのが一番パフォーマンスが高い

行う作業内容の違いにより、違いが出てきたんです。

この差は作業による精神的リソース(余裕)が影響すると、考えられています。かんたんな作業では余裕があるので、複雑な音楽を聞くことで適度に圧迫ししてパフォーマンスが上がるわけです。

単純で余裕があり過ぎると集中力がそがれますが、適度な圧迫が集中につながります。かんたんな単純作業を行う時は、複雑な音楽を聞くとパフォーマンスが上がりやすくなるんです。

逆に複雑な作業を行う際は、集中することで余裕が少なくなります。さらに音楽で圧迫すると精神的リソースが不足してしまうので、聞かないことがパフォーマンスが上がりやすいんです。

同じ曲であっても聞く際の時と場所によって心地よくあったり、うるさく感じるのも精神的リソースが関係していると言えます。音楽は心理的影響を受けやすいものです。

ぜったの
行う作業内容により、音楽を聞く、聞いた方がいい場面がある

行う作業の難易度によって選択を

作業の難易度によって選択

作業を行う際の音楽を聞くことによるパフォーマンスへの影響は、各々の好みにより差は出てきます。個人で差が出ることから、誰にとっても同じというようにはなりません。

ですが、精神的リソースを音楽によって利用をするのはよい選択肢の1つです。

  • かんたんな作業:余裕があるので音楽を聞きいて作業
  • 複雑な作業:集中する必要があるので音楽は聞かない

作業へのパフォーマンスを意識をしているのであれば、常に音楽を聞かない、常に聞くのではなく、行う作業によって選択をしてみてください。

音楽を聞く、聞かないの選択1つで作業へのパフォーマンスが上がれば効率がよくなり、時間的な余裕も生まれるんです。娯楽である音楽を、うまく利用してしまいましょう。

以上が『音楽を聞きながらの作業はパフォーマンスが上がるのか?』でした。