ダイエットにモチベーションが必須と考えているうちは必ず失敗する

多くの人がダイエットを成功させるために必要だと思っている「モチベーション」。

ですが、始めるきっかけとしては必要であっても、それ意外のことでは不要なもの。

寧ろモチベーション頼りで食事制限なり、運動を行っている方は、十中八九失敗します。

なぜそう言い切れるのか?

モチベーションがいる:本来したくないことだから

短期間ではなく、中期、長期的に行う必要があるダイエット。

モチベーション頼りであっては、どんな強靭な意思を持っていても息切れしちゃいます。

では、何がダイエットを成功させるために必要なのか?

習慣化させること

これができてしまえば同じことをするのであっても、モチベーションなんて一切不要です。

もよおしてきたから、トイレに行くぐらいの感覚でできるようになってしまいます。

実はダイエットに不要なモチベーションと、習慣化させるためにはどうすればいいのか解説をしていきます。

プロでも続かないモチベーション

同じ体重を減らすでも、計量のために私たちでは到底不可能な極限の内容を行う「プロの選手」。

軽量をパスしないと試合に出れないから

痩せたいではなく、痩せなければいけない状態。

プロであるからこそのモチベーションで、過激な減量や水抜きなんてことまでを行います。

計量までに10〜15kg落としても、パス後に栄養補給で食べまくり、動けるレベルで一気に戻す。

減らすのもですが、増やすリバウンドも極端なことを行っています。

これは私たちが行うダイエットでは不要であり、逆にしてはいけないこと。

プロ選手の試合前の減量方法というのは、全くもって参考になりません。

また、この極端な計量のための減量を、どの程度の期間で行っているのか?

数週間〜長くて1カ月強

本来はもっと期間を長くできた方がいいのですが、これ以上はモチベーションが保てない…。

つらいこともガンガン行うプロであってもなのですから、私たちがそれ以上に続くわけがありません。

行っている内容に違いはあっても、モチベーション頼りでは期間は短くなるのは必然。

三日坊主なんていうのは、正にモチベーションが切れる典型です。

続かないモチベーションの例

ダイエットと同じく、モチベーション頼りで続かない典型が「勉強」。

  • 資格取得をしたい
  • 英語を使えるようにしたい

学生のうちはテストでいい点をいうのがありますが、大人になると向上心から。

新たなことができると視野も広がりますし、職種によって資格手当が付いて給料がアップするなんてことも。

ですが、ダイエットと同じ様に始めても、目的の達成まで継続出来る方は稀。

要する時間も桁違いにかかりますから、モチベーションだけで行うのは不可能に近いです。

ぜつびん
所要時間だけでいえば、勉強はダイエットの比ではい

成功に必要なのは習慣化

勉強も同様ですが、ダイエット成功に必要なのはモチベーションではなく「習慣化」。

よく言われる習慣化までに要する期間は3週間(21日)。

これさえできてしまえば、ダイエットなんてもはや楽勝です。

  • モチベーション:必ず切れる場面がくる
  • 習慣化:惰性でできる

全く同じことを行うであっても、全く難易度が変わってきます。

いやいや頑張るのと、しないと気持ち悪いぐらいの違い。

なんとかモチベーションを保とうとするような無理は、ダイエットには正直に不要です。

習慣化させるためにはどうする?

ダイエットために食事制限なり運動をすることを「習慣化させる」。

必要なのは何かをしなければではなく、しなくていいことをやらないことが重要です。

ダイエットが続かない人がよく行う、共通点が1つ。

痩せたい意思が強いからこそ、自分の限界を越えてしまう

頑張っていることは分かりますが、正直にムダな行動。

私たちが行うダイエットに、突破するべきプロの計量のようなものはありません。

しなくていいいことをして自ら首を締めてしまったら、モチベーションなんて途端に切れて無くなってしまいます。

短期間ではなく、中期、長期の時間が必要になるダイエット。

モチベーションには限界がありますから、しなくていいことをしては絶対にダメです。

ぜつびん
レベル1の状態で、10、20が必要なことをするのは、無謀でありムダ!

何気に多い習慣化していること

モチベーションは一時的に保てるから、習慣化こそが大変! と考える方も多いかもしれません。

継続するのは難しいと思うかもですが、生活の中で習慣化していることは多くあります。

  • もよおしてきたから、トイレに行く
  • 眠くなったから寝る
  • 隙間時間でスマホに手が伸びる
  • 今太っているのは、現在の生活があるから

どれもモチベーションがないとできないではなく、習慣化から行っていることであり、結果。

難しく考えなければその内容に関わらず、思いの他に習慣化することは可能です。

痩せている人に秘訣を聞くとよく帰ってくるのが「何もしてない」の回答。

その多くは、痩せる生活が習慣になっているからなので、言葉その通りの答えでした。

また、行う前は大変に思うダイエットのための食事制限に、運動。

現在の自分の限界値を越えなければ、思いの他にできてしまい、それが習慣化していきます。

結果として、ダイエットの成功へ道も近づいて行くんです。

ぜつびん
不要な負荷をかけなかければ、どんなことでも習慣化することは可能!

モチベーション頼りは不要 あとがき

モチベーション頼りは不要 あとがき

多くの方がダイエットに失敗するのは、モチベーションに頼り過ぎるから。

始める際には必要でも、プロであっても保つことのできる限界は1カ月程度。

モチベーションがいる:本来したくないこと

意地ができないその理由は、正にこれにつきます。

どんな強靭な心の持ち主であっても、私たちは機械ではないからこそ限界が訪れます。

だからこそ、モチベーション保とうではなく、習慣化させることが最も重要。

習慣化:惰性でできる、やらないと逆に気持ちわるい

モチベーションなんてなくても、自然とできるようになってしまいます。

つらいと思われがちのダイエットも、全然苦ではなくなってしまうんです。

私が実際に行っているジョギングのデータを公開している運動記録

習慣化できていますが、そうなった理由は不要な無理をしていないから。

距離はそこそこありますが、走るスピードもゆっくりで、休みもちゃんと取っています。

明日も同じことができることしかしない

実際はもうちょっとできるとしても、限界値を越えないことが習慣化となっていました。

必ずどこかで切れるモチベーションよりも、惰性でできるようになってしまう習慣化。

急ぎすぎない意識の変化で誰でも可能ですので、ちょっとだけ考え方を変えてみましょう。

 

以上が『ダイエットにモチベーションが必須と考えているうちは必ず失敗する』でした。