ダイエットを成功させるために、気合や無理な頑張りなんて不要です

よく言われる言葉「今度こそ本気で痩せる! 」。

そう自分に言い聞かせて、ダイエットを行う方は多いです。

始める方は多くても、その大半の方は失敗に終わるのがダイエット。

だからこそ、気合を入れて行わなければいけないという気持ちが高くあるものです。

ダイエットをするのに、そんな気合はいらない!

ですが、これが本当のところの事実。

特に、標準体重、美容体重と言われるレベルを目指すのであれば、完全に不要です。

逆に気合を入れすぎるからこそ、ダイエットが難しくなっています。

無理をする、頑張りがダイエットには必要だと思っている

この考えこそが、失敗する確率を大幅に増加させている大きな原因。

なぜダイエットに、気合も無理をする頑張りも不要であるのか解説をしていきます。

ダイエットの仕組み

ダイエットを成功させるには、誰もがご存知な以下の実行が必要です。

消費カロリー > 摂取カロリー

1日、2日ではなく、一定期間消費カロリーが上回る必要があります。

この仕組はどんなダイエット方法を行うとしても、決して変わることはありません。

一定期間必要であるのは、今の体を維持しようとするセットポイントが働くため。

だからこそ痩せるのも大変ですが、たまに食べすぎても太らなくもなっていました。

この体に起こる仕組みをある程度は知っておかないと、ムダなダイエットの行為をすることになります。

気合が入っているからこその間違い

本気ので痩せるつもりで、気合の入って行う「ダイエット」。

1日でも早く、今の自分を変えたい!

私も元肥満。その気持ちはとてもよく分かります。

幼少期から結構な長い期間太っていましたから、それは痛いほどに。

ですが、私も相当数の失敗を繰り返しましたが、この気持ちの強さが逆によろしくありません。

自分の限界値を超えることをしてしまう

要は頑張り過ぎてしまうんです。

言葉は冷たくなりますが、限界値を超えるのはダイエットにとって完全にムダな行為

頑張ったのはすごいことではなく、単なる自己満足でしかありません。

ぜつびん
気合が空回りしたダイエットは、うまく行かないのが必然

ダイエットを成功するために必要なこと

ダイエットを成功させるには、「消費が摂取を上回ること」。

どんな方法を行うにしても変わらない事実ですが、仕組みを少し思い返してみましょう。

1日、2日ではなく、一定期間消費カロリーが上回る必要がある

消費カロリーが上回ることは必須ですが、大幅や急激である必要はありません。

逆に急激な変化をしてしまうと、体を守るために飢餓状態に入ってしまいます。

気合を入れて頑張り過ぎたからこそ、つらいだけで全く意味のない行為。

  1. 基礎代謝を切るような摂取カロリー
  2. 1日100kcalでも摂取を消費が上回る

どちらが結果的にダイエットがうまくいくかといえば、断然に後者の②の方。

また、消費カロリーが上回ること自体は、実際はそんなに難しくありません。

その差を大幅にしようとするからこそ、自らで困難なものへとしてしまっているんです。

圧倒的で違いは全く不要で、ちょっとだけ上回ことができれば結果へとつながります

また、ダイエットをしようする方の多くが、脂肪が多く体に付いている状態。

気合を入れた急激な変化を求めるからこそ、ずっと消えない肉割れの原因も作っています。

頑張り過ぎることは単につらいだけで、何1つもいいことはありませんでした。

ぜつびん
大幅にでなければ、消費カロリーが摂取カロリーを上回るのは難しいことではない

頑張り過ぎの判断基準とは?

意識をしていなくても、通常持とはやっぱり異なる「ダイエット時の精神状態」。

普段なら行わないような判断をしてしまうことも、少なくはありません。

加えて、実際は頑張り過ぎているのに、そのことに気付いていないなんてことも…。

その結果として体調を崩したり、運動でケガをしてしまう方も多くいます。

今はできたけれど、明日同じことをする想像ができない

この状態は、明らかに無理をした頑張り過ぎ!

想像ができなというのは、今やるべきことの範疇を大きく上回っています。

限界値を越えている

何よりも継続することが肝となるダイエットにおいて、全くもって不要なこと。

1日、2日しかできないようなことは、するべきではありません。

気持ちも途切れてしまいますから、頑張り過ぎていると気付いた時点でやめましょう。

ぜつびん
同じことがまたできる想像が難しいのであれば、完全に無理をした状態

ダイエットに気合は不要 あとがき

ダイエットに気合は不要 あとがき

ダイエットをする方の多くが考える「今度こそ本気で痩せる! 」。

その気持ち自体は分かるのですが、空回りする大きな原因となっています。

消費カロリー > 摂取カロリー

この仕組自体は必須ですが、だからといって、大幅な差を作り出す必要はありません。

逆に頑張り過ぎて基礎代謝を切るようなことをしてしまうと、飢餓状態に。

痩せづらくなる状況を自らで作り出して、ダイエットをより困難にしています。

飢餓状態は太っている方でも起こりますし、停滞期が長くなる大きな原因。

頑張り過ぎなくても少しづつ消費カロリーが上回っていれば、変化は必ず訪れます。

しかも無理がないからこそ、そうつらくもなく、リバウンドもしずらい。

現在の体を維持しようとする、セットポイントも徐々にその値を下げていってくれます。

何を言いたいかといえば、ダイエットに無理は不要ということ。

長年肥満だった私が痩せ、今も維持が容易にできているのには理由があります。

継続ができないような無理はしない

続けられないことを逆にしないことが、結果へとつながりました。

しかも一時的に数値が減るではなく、無理なくキープすることもできています。

特に、標準体重、美容体重を目指すのであれば、気合や無理は確実に不要なこと。

継続ができないなんて感じたことは、スパッと止めましょう。

ダイエットは成功してこそで、その過程を過度に頑張り過ぎる必要はありません

今の自分ができることを、無理をしない範疇で行えばいいんです。

少し余裕も持った気持ちで挑み、過程ではなく結果を出しましょう。

 

以上が『ダイエットを成功させるために、気合や無理な頑張りなんて不要です』でした。