ダイエットを成功させるには目標より目的。邪でゲスであるほどいい!

ダイエットを行うために殆どの人がたてる「目標」。

何気なく始める方も中にはいますが、その割合としては少ないです。

また、食事制限に、運動。片方や両方同時になどは人によりますが、行うには大変なこと。

だからこそ意思へとつながる目標はとても重要ですが、もっと意識すべきことが1つ。

目標よりも圧倒的に重要なのは目的

この目的がぶれている、ぼんやりしている場合は、ほぼダイエットは失敗します。

実際に長い期間太っていて、今は普通の状態を無理なくキープしている私から成功させるためのダイエットする目的の提案。

ダイエットの目的は邪な考えをもて!

いやらしい、よくない気持ちを表す”よこしま”な考えは、大変だからそ必要なこと。

何回も目標を持って始めてはみるけれど、そのたびに失敗を繰り返すという方。

ダイエットを成功に導く目標ではなく、目的について解説をしていきます。

目標と目的の違い

文字として見れば漢字では1文字違いの「目標と目的」。

  • 目標 = 達成したいこと
  • 目的 = 達成して行いたいこと

比較すると、その意味の状態が思いの他に異なることが分かります。

いうなれば「目標 = 想像」と、「目的 = 具体例]。

私たちが普段生活で誰かの話したり、文章を見る機会に具体例がある方が分かりやすいです。

ダイエットも行ってみると想像以上に以上に大変だからこそ、明確であるのが重要になります。

ぜつびん
目標は義務で、目的は自身でやりたい、達成したいことにもなる

具体例から見る目標と目的の違い

具体例として、目標と目的の違いを見てみましょう。

  • 目標 = 3カ月で5キロ痩せる
  • 目的 = 痩せることで可愛い、カッコよくなる

「目標 = 想像」と「目的 = 具体例]の差が、はっきりと違いになりました。

また、目標というと仮に達成ができたらそこで終了ですが、目的はさらなる未来が続いていくという差もあります。

結果的にその方法よりもも、精神的な部分が重要となるダイエット。

小さな違いに思うかもしれませんが、とてつもなく大きな違いになるんです。

目的は邪な考えになるほど良い

目標よりも意思の強さへともつながる「目的」。

邪な考え、ゲスくなるほど更にいい
キレイで、お利口さんにならないほどいいいんです。
なぜなら、ダイエットの限らず目標は誰かに公表することはあっても、目的は自分の中にだけあればいいから。
個人の心の中の思いであるからこそ、その意思が強くなるのは必然でした。

邪でゲスい考えの具体例

では、邪でゲスい考えの具体例を見てみましょう。

  • :痩せてキレイ、カッコよくなる
  • :痩せてモテたい
  • :痩せて特定の人にモテたい
  • :モテるのは当然、生活を一変させる

具体例が強くなるほどに、目的として強いものになります。

なぜダイエットを行うかという部分を強くし、立てるだけの目標からは卒業しまししょう。

目的が先にあるからこそ達成がしやすく、リバウンドを減らし、届いた状態の維持しやすさにもつながります。

目標はもちろん大切ですが、目的があるからこそ適切な形になりますよ。

ダイエットは目標より目的が重要 あとがき

ダイエットは目標より目的が重要 あとがき

行ってみると大変で、時間もかかることだからこそ、ダイエットをする際に重要なこと。

目標よりも圧倒的に重要なのは目的

行う方法は数多くありますが、精神状態と意思が最も重要なダイエット。

その方法ではなく結果につながればいいのですから、邪でゲスな目的を持ちましょう。

ちなみに太っていた私が、痩せられた目的となった具体例は以下の通り。

  1. 気になっていた人がいた
  2. 痩せたら付き合ってもいいよと言われる
  3. 普通よりも細身の体型へ
  4. 付き合うよと言われたので、その場で振る

その人のことは好きで気にはなっていましたが、振るまでがセット!

付き合うのに、◯◯をしたらなんて条件を付けてくる人とは、やっぱり嫌ですから…。

それでも痩せられる目的と要因なったことは、今となってみたら感謝ですね。

話を戻すと、目標を立てるのではなく、結果につながるからこそのダイエット。

大変だからこそ目的を邪でゲスななことにして、意思を強くしましょう。

 

以上が『ダイエットを成功させるには目標より目的。邪でゲスであるほどいい!』でした。