あなたは吸っている? 現在の喫煙者の状況とやめたい人の割合とは

あなたは喫煙をされていますか?

喫煙がかっこいいともてはやされた時代は完全に過去のもので、喫煙者には厳しい時代となっています。吸っている人の健康被害だけでなく、デメリットが多くなっているんです。

ここ数年の喫煙者のデメリットだけでも、次の事があります。

  • 税金の変更で商品価格の上昇
  • 喫煙者は採用しない
  • 喫煙による無断休憩で懲戒解雇
  • 路上喫煙で罰金
  • 改正健康増進法による喫煙できる環境の厳格化 など

税金は世界的にも上昇していること、デメリットというよりはマナーの部分が多いです。ですから、今まで見逃されてきたことが厳格化されたといった方がいい内容です。

ですが、7月1日から段階的に施行される改正健康増進法は、喫煙者には厳しい状況になります。

改正健康増進法によって具体的にされる内容は、以下の通りです。

2019年
7月1日施行
第一施設
学校、児童福祉施設
病院、診察所
行政機関の庁舎
敷地内禁煙
2020年
4月1日施行
第二施設
事務所
工場
ホテル、旅館
飲食店
旅客運送事業船舶、鉄道
国会、裁判所
原則屋内禁煙
(喫煙を認める場合は喫煙専用などの設置が必要)
経過措置
既存の経営規模の小さな飲食店
喫煙可能である旨を提示することにより、店内で喫煙可能
喫煙目的施設
喫煙を目的とするバー、スナックなど
店内で喫煙かのうなたばこ販売店、公衆喫煙所
施設内で喫煙可能
2019年
1月24日施行
屋外や家庭など喫煙は周囲の状況に配慮

喫煙ができる場所が減っていくことは、喫煙のあり方を変える可能性を秘めています。

そこで、現在の喫煙者の状況と、やめたいと考えている方の割合についてまとめてみました。

ぜったの
従来の紙巻きだけでなく、電子、加熱式も同様の対応です
【ディープチャージコラーゲン】
ディープチャージコラーゲン

喫煙者は大幅に減少傾向

広告の大幅な規制や、価格の上昇、健康ブームから、喫煙者は大幅な減少傾向です。

厚生労働省が調査した喫煙者の状況の結果がありますので、ご覧ください。

概要総数 (%)男性 (%)女性 (%)
平成19年24.139.411.0
平成29年17.729.47.2
減少率-6.4-10.0-3.8

厚生労働省平成29年「国民健康・栄養調査」の結果 / 2.喫煙の状況

現在公開されているデータは平成29年のデータが最新ですが、10年前の平成19年と比較しても大幅に喫煙者が減少しています。

男性の減少率は特に大きく、10人に4人だったのが10人に3人と、大きな変化です。

あなたの周りでも、以前は喫煙をする人が減っているのを実感してはいませんか?

ぜったの
喫煙者とは毎日吸っている、または時々吸う日があると回答した人

年代別の喫煙者の実態

現在(平成29年)の年代別の喫煙者の割合は以下の通りです。

年齢男性 (%)女性 (%)
総数29.47.2
20-29歳26.66.3
30-39歳39.78.5
40-49歳39.612.3
50-59歳33.49.8
60-69歳30.67.3
70歳以上16.22.9

※男性総数:3,106人、女性総数:3,478人

多くの方のイメージ通りの結果だと推測できますが、男性の喫煙者が多いです。

女性もまだ減る余地がありますが、男性は大きく減らす余地があるといえますね。

70歳以上で一気に男女どちらも喫煙者が一気に減るのは、高年齢者だけでなく、健康面を配慮したものだと考えられます。やめるのであれば、もう少し早くやめた方がいいのですが…。

ぜったの
総数としては減っている男性の喫煙者ですが、まだ喫煙者は多いです

喫煙をやめたいと考えている割合

喫煙者が減っていることはやめる方を多くなっているのが理由ですが、現在は喫煙をしていてもやめたいと考えている方が多くいます。

現在(平成29年)の喫煙者で、喫煙をやめたいを考えている方は以下の通りです。

年齢男性 (%)女性 (%)
総数26.139.0
20-29歳30.426.7
30-39歳24.838.7
40-49歳25.436.1
50-59歳25.347.1
60-69歳25.427.5
70歳以上28.358.1

※男性総数:912人、女性総数:251人

男性の喫煙者もやめたいと考えている方は約3割いますが、女性の喫煙者がやめたいと考えている割合は全年代でとても多いです。

女性のやめたいと考える方が多いのは喫煙が健康面だけでなく、老化現象など美容に大きく関係しているのが理由と考えられます。

あくまでも考えですので実際に喫煙をやめるわけではありませんが、喫煙者がさらに減っていくのはほぼ間違いないといえます。特に女性の喫煙者は大きく減りそうですね。

70歳以上の喫煙者が少なかったですが、やめたいと考えている方が男女ともに多いことで、減っている理由と結びつく結果になっています。

ぜったの
喫煙者は今後も減っていくのは間違いなさそうです

喫煙はマナーを守りましょう

喫煙はマナーを守りましょう

現在の喫煙者の状況と、やめたいと考えている方の割合についてまとめてきました。

喫煙は嗜好品(しこうひん)ですので、喫煙をすることは個人の自由です。

自由であるからこそ、マナーやルールを守る必要があります。喫煙者だけの健康であれば自己責任ですが、受動喫煙は許されない状況です。

また、改正健康増進法によって、喫煙ができる場所は少なくなっていきます。

7月1日から施行されるのは、第一施設である学校や病院ですので、大きな影響は出ないかもしれません。ですが、来年(2020年)4月1日からの第二施設もとなると、状況は一変します。

喫煙をやめる意志がなる、やめられる方は、今からやめることをオススメします。なぜなら特別な施設、完全な喫煙スペースが確保がされていない場所では、喫煙ができなくなるからです。

健康やダイエットのためには喫煙は厳禁です。喫煙をしている方には喫煙のメリットがあるのだとは思いますが、喫煙しないことのメリットは喫煙をすることよりも大きいですよ。

まずは喫煙をやめることを考えてみてはいかがでしょうか?

喫煙を継続する方は、今よりも一層ルールーやマナーが求められます。受動喫煙にならないようにするのはもちろん、ポイ捨てなどしないよう、ルールを守って喫煙をしてくださいね。

 

以上が『あなたは吸っている? 現在の喫煙者の状況とやめたい人の割合とは』でした。