おいしい桑の葉青汁を1日2杯飲むことで、昨日までの私とは体が変わる

健康にために不足していけない食品、食材といえば「野菜」。

他の食材、食品は十分に摂取ができても、不足しやすいのが野菜です。

1日の野菜の摂取量の目標は350gですが、厚生労働省の調査では全世代において摂取量の目標に届いていません。具体的にどの程度の量が足りていなかというと、以下の通りです。

厚生労働省の調査全体 (g)男性 (g)女性 (g)
野菜の摂取量276.1282.8270.0
摂取量の不足量73.967.280

厚生労働省平成29年「国民健康・栄養調査」の結果

上の表の表は全世代での平均です。この数値は野菜を目標値には届かなくても比較的多く食べる60代以降の方が平均値を上げており、20代、30代は特に野菜が足りていません。

あなたは毎日の野菜の摂取量が目標の摂取量である、350gに届いていますか?

 

食事は人それぞれで習慣がありますので、急に野菜の摂取量を増やすというのは難しいです。1日2日であれば注意をすることで増やすのは可能ですが、継続するのはかなり厳しいといえます。

難しいからといって、毎日のように野菜の摂取量が不足することは、健康状態に影響を与えるのは間違いありません。体調がすぐれない方の食生活を聞くと、野菜が足りていないんです。

 

不足している野菜を他の方法で摂取するには複数の方法がありますが、その中でも最も手軽に不足をした野菜を補う方法は青汁と飲むという方法です。

青汁は少量で不足した野菜を補うことができるので、健康のために飲んでいる方も多いですよね。本来は野菜その物で十分な量を摂取するのが望まれますが、不足するのであれば青汁なんです。

青汁といってもたくさんの青汁がありますが、どんな青汁を飲んでいいのかわからない青汁初心者の方にオススメをするのは「おいしい桑の葉青汁」です。

 

おいしい桑の葉青汁はケールではなく桑の葉でできた青汁で、胃腸薬で有名な太田胃散が生産、販売をしている野菜不足を補うだけでなく、とても飲みやすい青汁なんですよ。

とはいっても、太田胃散は知っていても、おいしい桑の葉青汁がどんなものなのか知らないという方が多いと思います。太田胃散って胃腸薬の他にもあったんだと思ってしまいますよね。

そこで、おいしい桑の葉青汁がどんなもので、不足している野菜を補ってくれるのかなど、口コミなども交えてまとめてみました。青汁に興味がある方は、特に続けてご覧ください。

飲んでみることをオススメする方

おいしい桑の葉青汁の特徴

おいしい桑の葉青汁を飲んでみることをオススメをするのは、次のような方たちです。

  1. 野菜をあまり食べていない
  2. 栄養バランスがわるいのが気になる
  3. おなかの調子がよくない
  4. 青汁に少し興味がある

①特に20代、30代の独身の男性に多いのですが、野菜は付け合せぐらいしか食べていない方がいます。圧倒的に野菜が不足しているのですが、急に野菜をたくさん食べるのは難しいです。

ですので、まずは青汁を飲んでから野菜を増やしていくというのは、よい選択肢です。

②自身で栄養のバランスがわるいと気になっている方は、思っている以上にバランスが崩れている場合が多いです。食生活のバランスを改善することが必須ですが、最初は難しいですよね。

徐々に改善していかないとストレスになりますので、補助して青汁がオススメができます。

③おなかの調子がわるい方は、腸内環境のバランスが崩れています。すっきりできなかったり、急におなかが緩くなるのを繰り返すのは、いい状態とはいえません。

おなかの調子が気になって食べる量が減る方もいますので、まずは青汁を飲んでみましょう。

④青汁が健康に役立つというのは「まずいー! もう一杯!」とCMが流れていた頃から言われていますが、まずいのインパクトの大きさから今もためらってしまうかとも多いですよね。

今もまずい青汁はありますが、おいしい青汁も増えています。ためらってしまうからこそ、太田胃散で実績のあるおいしい桑の葉青汁は最初の青汁としてオススメができますよ。

ぜったの
おいしいと名前がつくのは販売会社である、太田胃散の自信の現れです
【えんきん】
えんきんえんきん
サイト内紹介記事

おいしい桑の葉青汁の特徴

おいしい桑の葉青汁を飲むことによって不足している野菜を補うことができるのは、次のような特徴があるのが理由です。

  1. 熊本県の農園で栽培する桑の葉を使用
  2. N-アセチルグルコサミン、MBPも配合
  3. 特許もある高級抹茶でおいしさをがアップ
  4. 太田胃散が作った自慢の青汁

①青汁というとケールの場合が多いのですが、おいしい桑の葉青汁は名前にもある通り、桑の葉を使用してできた青汁です。桑の葉だからこそ、ケールよりも多い栄養素、おいしさになっています。

熊本県の農園で栽培されている桑の葉までは他の青汁でもあることなのですが、生産者が峯隆吉さんというところまで公開されているのは、珍しいです。しかも無農薬であるのは安心ができます。

栄養素が多くなっているのは、桑の葉からだけでなく、無農薬、生産者まで公開できるからです。

②桑の葉だけでなく、ヒアルロン酸のもととなる「N-アセチルグルコサミン」。カルシウムに関与する有効性たんぱく質のMBPを含有しているのは、おいしい桑の葉青汁ならではです。

桑の葉だけではなく、増大をさせる健康成分が、しっかりと含まれているということですね。

③おいしい桑の葉青汁が青汁の中でもおいしくなっているのは、特許庁の地域ブランドにも認定された抹茶を桑の葉に加えることで、うまみとコクが増しているからです。

いくら体によくてもおいしくなければ続けられませんから、おいしいのはメリットです。

④胃の調子がわるい時にお世話になった人も多い、「太田胃散」。おいしい桑の葉青汁は太田胃散が生産、販売をしている自慢の青汁です。ですから、他のメーカーにはない青汁になっています。

ぜったの
オンリーワンな青汁となったのは、大田胃酸がだからこそです

現時点では不要の方

おいしい桑の葉青汁の特徴を踏まえた上で、現時点では不要の方もいらっしゃいます。

  • 食事のバランスがしっかりと取れている
  • 毎日健康で、心配なことは何もない

食事のバランスがしっかりと取れている方は、運動に気をつけている方が多く、毎日健康に過ごせている方が多いです。体が健康であれば、心配ごとは少なくなります。

何も改善する点がありませんので、現時点では必要がありません。今後生活をしていく中で生活に変化があり、野菜不足と健康に不安が出てきた場合は、おいしい桑の葉青汁をご検討ください。

おいしい桑の葉青汁の購入価格

おいしい桑の葉青汁の購入価格

おいしい桑の葉青汁は2通りの購入方法によって、支払金額が異なります。購入する際は1番都合のいい購入方法を選択してください。

  • 通常購入:6,480円(税込・送料648円)= 支払金額:7,128円
  • 定期お届けコース:4,536円(税抜・送料無料) 30%OFF & 送料無料

届く物は全く同じですので、定期お届けコースが断然にお得な購入方法です。

お得な定期お届けコースなのですが、名前にある通り定期購入になります。ですが、お届け回数にしばりのない利便性を高めるための定期購入ですので、安心して申し込める定期購入です。

2回目以降のお届けも、届く物、支払金額に変更はありません。

定期お届けコースの内容変更、スキップ、解約は、次回お届け予定日の7日前までに連絡をすることで可能です。

おいしい桑の葉青汁定期購入の内容変更・スキップ・解約の連絡先
電話:0120-13-3756
受付時間:10:00〜17:00(土日祝を除く)
メール:customer@ohta-isan.co.jp

1日辺りのコストはいくらですか?

2通りの購入方法よって支払金額が異なるということは、1日辺りのコストも異なります。気になる1日辺りのコストは次の通りです。※税込・送料込総支払額

通常購入:7,128円 = 30日分 = 237.6円
定期お届けコース:4,536円 = 30日分 = 151.2円

1日辺りのコストで見ても、断然に定期お届けコースがお得であるのが分かります。

おいしい桑の葉青汁の推奨量は1日2袋となっていますので、1袋単位にすると通常購入が118.8円。定期お届けコースが72.6円と、他にはないお手頃なコストで青汁が飲めます。

ぜったの
信頼のブランド、定期購入の回数しばりなし、コストと、三拍子そろった青汁といえます
【黒糖抹茶青汁寒天ジュレ】
黒糖抹茶青汁寒天ジュレ
サイト内紹介記事

気になる口コミやレビューはどうですか?

気になる口コミやレビューはどうですか?

おいしい桑の葉青汁の利用者の気になる口コミ、レビューは次のようになっていました。

参考にしたい悪い口コミ

おいしい桑の葉青汁には効果がなかった、がっかりしたという悪い口コミから紹介します。

悪い口コミ

①青汁はやっぱり青汁

②毎日飲まなければいけないのがめんどくさい

③1日6袋飲んでいたら、便が緑っぽくなってきて不安

①おいしい桑の葉青汁は一般的な青汁に使用されるケールではなく、名前にもある「桑の葉」が使用されています。ケールよりもおいしく飲みやすいですが、青汁には変わりありません。

溶かすのを水ではなく、牛乳やヨーグルトにすると、おいしく毎日飲めると思いますよ。

②食事や睡眠が毎日必要なように、毎日飲まなければ効果は限定的になります。1日で健康にはなれないと同様に、継続して飲むことがポイントですので、頑張って飲んでみてください。

食事や睡眠がめんどくさいと感じないように、習慣にするとめんどくさくなくなりますよ。

③おいしい桑の葉青汁の1日の推奨量は2〜3袋(標準2袋)です。標準の推奨量の3倍もの量は1日で飲むことは、オススメができない飲み方です。青汁が健康によくてもよろしくありません。

食べた物が便に形として残るのはよくあることですが、飲みすぎることで緑っぽくなることはありえます。たくさん飲むのではなく、推奨量の2〜3袋まで少なくしてみてください。

飲んでみたくなる良い口コミ

悪い口コミもあれば、おいしい桑の葉青汁には効果があった! 期待以上だったという良い口コミもありますので、続けて紹介します。

良い口コミ

①飲みやすい青汁なので毎日飲める

②野菜はなるべく食べるようにはしていますが、飲み始めて体調がよくなりました

③おなかの調子が不安定だったんですけれど、安定してきましたよ

④青汁はいろいろ飲んできました。その中でも1番自分にあっている気がします

①おいしい桑の葉青汁は名前の通り、桑の葉を使用した青汁です。一般的な青汁に使用されているケールよりも、飲みやすいという方は多いです。

また、飲みやすさだけでなく、栄養素も多いのが桑の葉を使用した青汁のポイントです。青汁は毎日飲むことが大切ですので、おいしく飲めるのは継続して飲めることになります。

②野菜は気をつけて食べていても、毎日十分な野菜を食べるというのは難しいです。メインとなるのは野菜を食べることですが、補うために青汁を飲むのはよい選択肢といえます。

野菜と青汁を合わせて十分な摂取ができることは、体調のよい変化も大きく期待ができるんです。

③おなかの調子がわるい方は、食事のバランスがわるくなっている場合が多いです。偏ってしまって、特に野菜が不足している方が多いので、補って上げることは安定にもつながります。

おなかがすっきりできなかったり、ゆるくなったりと繰り返す方にこそ、オススメができます。

④青汁といっても1つではなく、いろいろな種類があります。使用する原材料や製法によって大きく異なりますので、それぞれに合う青汁を選択するのが大切です。

おいしい桑の葉青汁は胃腸薬の太田胃散から販売されているということで、本来の健康状態を取り戻そう! 不足した野菜を補おう! と生産、販売がされているものです。

多くの方が青汁に求めている効果が期待できるので、合う方は多い青汁になっていますよ。

青汁に興味があるけれど、どれがいいのだろう? と考えてしまう方にこそ、オススメができます。

【イージータブレット ターミナリア】
【イージータブレット ターミナリア】
サイト内紹介記事

おいしい桑の葉青汁で注意すること

おいしい桑の葉青汁で注意すること

おいしい桑の葉青汁についての注意点が、購入方法と利用方法でそれぞれあります。こちらも合わせてご確認ください。

購入方法の注意点

おいしい桑の葉青汁の購入方法での注意点は、次の2点です。

  1. 購入方法によって支払金額が異なる
  2. 定期お届けコースはお届け回数にしばりはありませんが、定期購入

①購入価格の部分でも紹介しましたが、おいしい桑の葉青汁は2通りの購入方法によって支払金額が異なります。購入をする際は、あなたにとって1番都合のよい購入方法を選択してください。

②定期お届けコースはお届け回数にしばりはありませんが、定期購入です。内容変更、スキップ、解約の連絡を行わない限り、定期的にお届けとなります。

もし不要になった場合は、連絡を忘れないように行ってください。

おいしい桑の葉青汁定期購入の内容変更・スキップ・解約の連絡先
電話:0120-13-3756
受付時間:10:00〜17:00(土日祝を除く)
メール:customer@ohta-isan.co.jp
ぜったの
定期購入の内容変更、スキップ、解約の受付は次回お届け予定日の7日前までです

利用方法の注意点

おいしい桑の葉青汁の利用方法の注意点は、次の2点です。

  1. メーカーの推奨量を守って飲む
  2. 何か問題が起こった場合は飲むのをやめる

①おいしい桑の葉青汁の推奨の飲み方は以下の通りです。

1日の推奨量2〜3袋 ※標準2袋
推奨の飲み方1袋を80〜120ccの水、または牛乳などに溶かして毎日飲む

おいしい桑の葉青汁の1日の推奨量は2〜3袋(標準2袋)です。1袋を80〜120ccの水、または牛乳などに混ぜてよく溶かしてから、毎日継続してお飲みください。

毎日継続して飲むことが、不足している野菜を補うポイントになります。朝、夜に1袋を飲む習慣を付けると飲み忘れもなく、継続して飲めますのでオススメです。

アイス、ホットでもどちらでもおいしく飲めますが、加熱をする際は最後に加えてください。

②おいしい桑の葉青汁を飲むことで、基本的に問題は起こりません。万が一何か問題が起こった場合は、すぐに飲むのをやめてください。

問題が起こってからも継続して飲むことに、メリットは何もありません。

販売会社概要

おいしい桑の葉青汁の販売会社の概要は以下の通りです。

販売業者株式会社 太田胃散
店舗運営責任者植杉 進一(ヘルスケア営業部)
所在地〒112-0011
東京都文京区千石2-3-2
電話番号0120-13-3756
FAX03-3944-0087
メールアドレスcustomer@ohta-isan.co.jp

飲み過ぎや胸焼け、胃の不快感がある時に手放せない太田胃酸が生産、販売をしています。

野菜不足の心配はもういらない

野菜不足の心配はもういらない

おいしい桑の葉青汁について紹介してきました。

毎日しっかりと野菜を食べられている方には、青汁は不要なものです。本来は複数の緑黄色野菜を、毎日バランスよく十分な量を食べられるのが望ましいのは変わりません。

ですが、冒頭き記述した厚生労働省の調査結果でも分かる通り、全世代が野菜の摂取量が不足している状態です。誰もが不足しているからいいのではなく、不足分は補ってあげる必要があります。

ぜったの
野菜の摂取量平均;全世代の平均276.1g ※73.9gの不足

1日73.9gというと思っているよりも不足していないと考えてしまうかもしれませんが、1週間で517.3g。1カ月で2.217kg。1年では26.97kgも野菜が不足しているんです。

全世代の平均値ですので、若い世代や外食メインの方は、さらに野菜が不足しているのは間違いありません。野菜は気を付けていても、不足しやすいんです。

誰もが不足しているからいいのではなく、不足しているのであればなんらかの方法で補う必要があります。補なうことをしなければ、健康の状態に関係するのは間違いがないからです。

 

不足した野菜を補う方法は複数ありますが、おいしい桑の葉青汁を飲んで補うのは選択肢の1つとして検討に値するものです。青汁であっても、おいしく飲めるのも大きなポイントですね。

胃の調子がわるい時に、太田胃酸を飲んで助かったという方は多いです。おいしい桑の葉青汁は太田胃散が生産、販売しているものですので、安心と効果も期待ができます。

定期購入を選択しても回数にしばりがなく、1日辺りのコストでみても他の青汁と比べても試しやすい青汁となっています。野菜が不足して…と悩んでいるのであれば、検討してみてください。

不足している野菜を補った時に、生活が変わるかどうかあなた自身で確認してみてはいかがでしょうか? きっと今よりも元気で楽しく過ごせる毎日になる可能性は高いですよ。

※現在本ページ経由で「おいしい桑の葉青汁」は購入ができません

【おなか想いのビフィズス菌】
おなか想いのビフィズス菌

サイト内紹介記事