思いの他に食べている間食。無理なく量を減らすにはどうすればいい?

ダイエットを成功させるために「絶亭的に不可欠」ななこと。

摂取カロリー < 消費カロリー

行ってみると難しいダイエットも、その仕組としてはとてもシンプル!

そこで行うのは、食事制限や運動。

両方を合わせて行うなどの方法は行う人しだいですが、必須なこと。

逆の場合であれば痩せることはなく、その状態を継続していると、当然ながら太ります。

誰もが知っているからこそ、ダイエットをする際にほぼ全ての方が行う食事制限。

朝、昼、夜の食事の量を減らそうとする

基本のセオリーなのですが、特に太めの方にとっては、最初に選ぶ選択としては間違い。

メインの食事よりも、まずは、間食を減らす

まず最初にこれができなければ、ダイエットを成功させるのは相当に難しいです。

なぜなら、実際に思いの他に間食での摂取カロリーが多いから。

では、どうやって間食を減らす、またはやめるためにもっともかんたんで最適な方法はこの2つ。

  1. 飲んだ、食べた物の記録を付ける
  2. すぐに食べられる物を備蓄しない

仕組み自体がシンプルなダイエットだからこそ、その対応も同様。

具体的にどういう理由であるのかに加え、行う内容について解説をしていきます。

①飲んだ、食べたものを記録付ける

なせ間食を減らすために、「食べた物を記録」するのか。

人の記憶は曖昧だから

特に飲んだ、食べた物となると、顕著な差となって現れます。

昨日の食事であれば応えられても、一昨日となると、多くの方が詳細は曖昧になるはす。

食事であっても記憶が薄れるのですから、間食となるともっと顕著になるんです。

飲んだり、食べた物があるけれど、すぐに応えられる記憶がない…。

本来必要のない過剰なカロリーを接種している可能性が高いです。

ぜつびん
私は太りやすと言う方の多くは、実際は食べています

記録は自分が認知するため

飲んだり、食べた物を記録する方法というのは、いわゆる「レコーディングダイエット」。

書いたところで何が得られる? と思う方も多いですが、認知ができることは大きな差です。

細かく書く必要もなく、飲んだ食べたと認識することは、無駄な食欲も防げます。

②すぐに食べられる物を備蓄しない

なぜ人は間食をしてしまうのか。

そこに山があると同じく、手に届く場所に食べる物があるから。

食事よりも圧倒的に手間がなく食べられる物が多い間食。

すぐに食べられる物を備蓄しない

シンプルですが、思いの他に効果的です。

備蓄をするのであれば食事と同、間食になる物も口にするまでの手間がかかる物にしましょう。

用意することがめんどくさければ、自然とそこまでして…となるのも人の性。

逆に「すぐに食べられる物 = 不必要なカロリー摂取」になるのは必然でした。

間食が一切ダメではない

「すぐに食べられる物を備蓄しない = 間食はダメ!」ではありません。

食事と同様、手間がかかっても食べたいという時には無理は不要です。

体が欲しているの物だから

手間がかかっても食べたくなっているおの無理に制限を行うと、ストレスになります。

0にするには難しいですが、ダイエットの一番の天敵がストレス。

一切ダメ! ではなく、食べてもいい余地を残しておくこもとも、間食が減る要因になります。

ぜつびん
間食を減らすには、絶対ダメと制限を書けないことも重要!

間食を減らす あとがき

間食を減らす あとがき

自身が思っている以上に、飲んで食べている「間食」。

だからこそメインの食事よりも、まずは、間食を減らす必要があります。

これができるようになれば摂取カロリーが減るだけでなく、できるという自信へ。

思いの他に頑張れる、私や僕はやれるんだ! というのは、ダイエットを加速させます。

その結果として近づいてくるのは、成功です。

  1. 飲んだ、食べた物の記録を付ける
  2. すぐに食べられる物を備蓄しない

間食を減らすには、単純なようですがとても効果的な2つの方法。

ダイエットが成功させるにはある程度の期間がかかるからこそ、まずはかんたん実行しやすいことから行いましょう。

間食が思いの他に大きな摂取カロリーになっていることは多いので、思っている以上に効果があります。

ついでに、できるという自信へとつながるのもポイントです。

 

以上が『思いの他に食べている間食。無理なく量を減らすにはどうすればいい?』でした。