1日3回の食事は太る? いえ、関係するのはトータル摂取カロリーです

人によって1日の回数は異なっても、毎日行う食事。

私たち現代人の多くは朝昼晩で3回の方が多いですが、気になる情報がネット上にあります。

1日3食は太る原因

たしかに1回、2回の方に比べたら、増える食事の回数。

そう思っても致し方ない部分はありますが、これは明らかなご情報

食事で太るのは、回数が理由ではありません。

トータルの摂取カロリーが消費するよりも増えるから

ごく当たり前のことなのですが、一部分だけが突っ走してさも当然のことのようになるのはネットの悪い部分。

食事の回数によっての傾向、どういう事を注意すべきかを解説していきます。

1日3回の食事

一般的な食事の回数「1日3回」。

  1. 食事の間隔が離れず一定
  2. 1度での量が少なくて済む
  3. 食べられない感覚が少ない

食は多くの人たちにとって、大きな喜び。

空腹の時間が少ないので、我慢やストレスを感じづらいが大きな特徴。

何か習慣やよっぽどの理由が無い限り、変更する理由のない食事の回数です。

3回の食事で気をつけること

食事の間隔が一定であることで、食の我慢が少なくなるのは、大きなメリット!

ですが、太らないためには気を付けることも、当然のようにあります。

食べることが慢性となり、必要のない食事をすることがある

これは、空腹や体が欲していないのに、食べる時間だから食事をするということ。

食べる必要ではなく、食べられるから食事をすることは、カロリーの過剰摂取になる大きな要因です。

ぜつびん
時と場合によって、3回食べなければいけなという考えはやめる

1日1回、または2回の食事

食事のタイミングはそれぞれですが、「1回、または2回の食事」。

朝は食べないという方の場合に多くなりやすい、食事回数。

  1. 食事の間隔が長くなる
  2. 1度に食べる量が多くなりやすい
  3. 食べられない感覚が大きくなる

食事の間隔が大きくなることで、我慢やストレスも感じやすくなります。

空腹の時間を楽しめるか、苦痛に思うかで、人により合うわないが発生するのが特徴です。

1回、または2回の食事で気をつけること

食事の間隔が長くなることで、起こりやすくなること。

1回の食事の量が多くなりやすい

食事の回数が減ることによる弊害で、結果的に摂取カロリーが多くなることもざら。

昔から2回の食事はお相撲さんの食べ方と言われるのも、1度にたくさんの量を食べられるのも大きな理由。

また、1日1食。または2食で太っている方の多くの傾向が1つ。

食事の回数は少なくても、間食が多くなっている

しかも食事よりも食べたことを忘れてしまいやすいのが、間食。

食べた記憶はないのに、結果的にトータル摂取カロリーが大きくなり、太るということも起こりやすいです。

人を選ぶ食事回数で、ダイエット目的で1回、または2回にすることはオススメができません。

ぜつびん
回数を減らすデメリットも知ってから行う必要あり!

1日の食事回数 あとがき

1日の食事回数 あとがき

ダイエットに興味がある人であれば、痩せるためには誰でも知っているセオリー。

摂取カロリー < 消費カロリー

ダイエットを成功させるためには、食べる回数を減らすことではありません。

一般的な3回がいい。1回、2回のどれがベストかは、人によりけり。

1日3食は太る原因
これは明らかな間違いで、気にすべきはトータルの量でした。
その証拠に、食事を最大限効率的な結果へとつなげる代表格の「ボディビルダー」。
体を大会に向け絞りつつ、筋肉を引き締める時の1日の食事回数は「6〜7回」。
エネルシーを活かすために食べる物や量は制限がるのですが、回数が太る原因になっていないのは明らか。
特にネット情報で誰かがいいと言っていたからはなく、あなた自身に合う回数を見つけてみてください。

以上が『1日3回の食事は太る? いえ、関係するのはトータル摂取カロリーです』でした。