【効果てきめん】甘い物を減らすには、温かくして食べましょう!

食べすぎはよくないと思っても、つい欲してしまう「甘い物」。

「砂糖 = 糖質」がたっぷりで、美味しいけれど太る大きな原因。

誰もが分かっているのも関わらず、どんな食べ物よりも我慢が難しいものでもあります。

無理をせずに甘いものを減らすことはできないのか

多くの方がそう思いはするけれど、実現させるのはかなり難しいもの。

それでいて食べていけない! と制限してしまうと、大きなストレスの原因に!

では、どうすれば無理なく、甘いものを減らすことができるのか。

温かくして食べる

ものすごく単純ですが、思いの他に効果が得られます。

なぜ温かくすると甘い物を減らすことができるのか、解説していきます。

温めると甘い物が減らせる理由

冷たい、常温、温かいと、その温度の種類も様々な「甘い物」。

温かくすることで、どんな違いが出てくるのか?

満足感が異なる
冷たい < 常温 < 温かい

満足感が変わってくるということは、口にする量も変わってきます。

例えば、甘い代表の「ケーキ」。

アイスケーキ、ケーキ、ホットケーキを想像してみてください。

どれが一番少なくて満足できるかといえば、ほとんどの方がホットケーキになるはず。

また、これは食べ物だけでなく、飲み物もにしてみても、変わりません。

アイスココアと、ホットココア。アイスコーヒーとホットコーヒー。

アイスとホットのどちらが量を少なく満足できるかと言えば、想像に難しくはないはず。

満足感が得られる方が、断然に量を減らすことができるんです

ぜつびん
お酒も同様に冷たい、温かいが満足度の違いとなり、量が変わってきます

食べてダメは逆に量を増やす原因

多くの方が甘い物を減らす時にしてしまうのが、「食べちゃいけない」にすること。

ダメと言われたら反発もしたくなりますし、ストレスになるのは必然。

食べるのを禁止は逆効果

継続をすることが難しいのは、つらい思いをするだけで、言わばやるだけムダ!

選択によって減らすことができれば、徐々に欲する量の基準も減っていきます。

急がば回れという言葉がありますが、禁止ではなく食べ過ぎを減らすことが重要です。

ぜつびん
食べちゃいけないという禁止は、選択としてよろしくない行為

甘い物でなくても同様

温かい状態で食べる満足感は、甘い物だけではありません。

近年ダイエットで特に注目されるようになった、冷たいご飯。

その理由は、冷えることによって「レジスタントスターチ」が増えること。

どんな物か言えば、消化吸収されづらく、食物繊維と似た作用がある物質。

一見は良さそう思えますが、実際はと言えばそうでもありません。

  1. 冷たくて味気ない
  2. 美味しく感じない
  3. 食べた満足感がない

このことの結果として、どんなことが起こるのか?

温かい状態と同じでは、満足できないから食べる量が増える。

「レジスタントスターチ」は魔法の状態ではないので、食べ過ぎたら意味はありません。

当然と言えばそれまですが、メリットが得られるのは同じ量の時だけ

一面だけのメリットだけで考えるのは、完全によろしくない判断でした。

ぜつびん
つけ麺がラーメンより麺が多いのは、満足感にも関係しています

甘い物は温かく あとがき

甘い物は温かく あとがき

闇雲に行っても減らすのが難しい「甘い物」。

温かくして食べる

実際には温かくするというとても単純な方法で、減らすことが可能です。

加えてこのことは理想論で言っているのではなく、しっかりと理由があります。

満足感が異なる
冷たい < 常温 < 温かい

甘い物は禁止となると、余計に食べてしまいたくなる筆頭の物。

温度の関係で種類は少し制限されますが、食べられないよりも気持ちが楽になれるのも事実。

また、続けていくと欲する量も無理なく減らせるのも、大きなメリットでした。

特にダイエットをしている人には、大きな誘惑となる甘い物。

禁止をして食べてダメではなく、温かくして少量で満足してしまいましょう。

 

以上が『【効果てきめん】甘い物を減らすには、温かくして食べましょう!』でした。