太る、太らないの大きな差は、”食べられる”時の行動で決まる!

あの人は痩せているのに、なぜか「私だけが太る…」。

悲観的になる気持ちは分かりますが、現実は”だけ”というのは大きな誤り。

病気による症候性肥満の可能性もありますが、ほぼ全ての人に当てはまるのはこちら。

単純性肥満:過食によるもの(食べ過ぎ)

年齢、身長、筋肉量に個人差はあっても、「太る = 飲み食いしすぎ」。

体が必要としている以上にカロリーを摂取したら、当然の結果です。

その上で、太る、太らないの大きな差となっていること。

  • 太らない人:必要のある時に飲み食いする
  • 太る人:食べられる時は飲み食いする

飲む食いすることは変わらなくても、大きく意味合いが異なります。

どういう違いが生まれ、太る、太らないの差となっているか、解説をしていきます。

“必要で食べる”と”食べられる”の差

人それぞれで回数は異なっても、毎日必要な「食事」。

活動代謝の差は出てきても、基礎代謝としてエネルギーを消費しているのが理由。

動いている時だけ燃料が必要となる機械などと、人は異なります。

その上で、大きく変わってくるのことは、以下の通り。

食べられる時“にどう行動をするか

必要として食べるのとは、全く意味合いが異なります。

食べられる時というのは、過剰なカロリー摂取の大きな原因です。

食べられる時とは?

食べられると時とはどういう状態かといえば、太めの方であればご存知の通り。

お腹は空いていないけれど、食べられる

運動してみたら思いの他できるのと、食べられる時も同様。

お腹が減っている時よりも、より多くの飲み食いができる場合が多いです。

結果として過剰なカロリー摂取となり、当然のように太ります。

ぜつびん
食べられる時が1番不要なカロリー摂取のタイミング!

食べられる? とはどういう状態

お腹が空いているのと、食べられる時では「異なる食欲」が発生しています、

  • 代謝性食欲:お腹が空いた
  • 認知性食欲:そこに食べ物があるから

“食べられる時”がどちらに当てはまるかというと、認知性食欲。

物を見たりや匂い、時間だからと食欲がわいて食べてしまう。

実際には体が必要としていないからこそ、余分なカロリー摂取となる場合が殆ど。

認知性食欲と時にどう食べるかが、太る、太らないの差になってきます。

これが仮に1日100カロリーの差だとしても、年にすると36,500カロリー。

蓄積したいくことで、大きな体型の差となってしまうのは必然です。

ぜつびん
食べなくていいものを食べる理由は認知性食欲

認知性食欲を抑えるにはどうする?

認知性食欲を抑えるには、どうすればいいのか?

  1. すぐ食べられる物を備蓄しない
  2. 食べたものと記録する

① すぐに食べられるものを備蓄しないのは、認知性食欲を自ら起こさないようにするため。

食べ物を備蓄をするのであれば、食べるまでに手間がかかる物にしましょう。

② 単純なようで効果があるのが、食べた物を記録すること。

見たり匂い、時間が理由で食欲になるのですから、逆に食べていることを自分に認知させてしまうんです。

ぜつびん
認知性食欲を制することができれば、食べ過ぎることはない

“食べられる”時の行動の差 あとがき

"食べられる"時の行動の差 あとがき

太らないと、太る人の大きな違い。

  • 太らない人:必要のある時に飲み食いする
  • 太る人:食べられる時は飲み食いする

必要な時はもちろん、食べられる時も飲む食いするからこそ、太るんです。

テレビやYouTubeで大食いなのに痩せている方は、通常とは大きく異なる特別な人。

太らないのは食べたものが消化されずに排出されるからですから、比較するのが大きな誤り!

食べていないのに太る → 基本的にありえません
だからこそ、認知性食欲をいかに抑えられるかが重要となってきます。
食べるな! ではなく、不要な飲み食いを減らすのは、やってみると思いの他にできちゃいます

ちょっとした自分への気遣い。現状を認識して、行動をしてみてください。

 

以上が『太る、太らないの大きな差は、”食べられる”時の行動で決まる!』でした。