目の疲れからくる悩み…。休息にプラスをして改善をしてくるベスト2

男女年齢を問わず悩んでいる方も多い、目の疲れ…。

私たちは物を目でみたり、スマホやパソコンの画面を見ずには生活ができません。

目が疲れていることは、生活にいろいろな支障がでてくるんです。

あなたは、目の疲れに悩んでいませんか?

目の疲れで物がぼやけて見えたりピントが合わないことは、全身の疲れにも影響してきます。

  • 肩こり
  • 集中力の低下
  • 頭痛
  • 不眠 など…

の原因なっているので、たかが目の疲れと放っておいてはいけなかったんです。

目の疲れが改善することは目の疲れだけでなく、全身の疲れの軽減が期待できます。

目の疲れを改善、軽減するのには、まずなるべく目を酷使しない、十分な休養を取る、マッサージをするなどがありますが、改善を試みても目の疲れの改善には不十分な場合があります。

自分なりに改善を試みてみても、対応が不十分であれば目の疲れは改善されません。

改善するためには、さらなる目の疲れを改善するサポートを追加する必要があります。

目の改善をサポート物がどんなものなのかいわれても、なかなか分かりませんよね。

そこで、ぜったのすでに紹介しているものから2つのオススメをまとめてみましたので、続けてご覧ください。

目の疲れの原因は人によって異なる

目の疲れと一言でいっても、原因は人によって異なります。

同じ目の疲れを改善する目的は同じでも、商品によって対象の人も異なってくるんです。

1つだけでなく、比較をすることで選択がしやすくなりますので、続けてご確認ください。

その1.特濃ボイセンベリーPlus

目酷使して目にやさしさが足りない方のための「特濃ボイセンベリーPlus」。

目に良いブルーベリーの6倍のパワーの「ポセインベリー」が含まれているのが特徴。

ポセインベリーの特徴は次の3つ。

  1. ポリフェノールな還元成分の栄養素がたっぷり
  2. 還元作用や美白作用もある「エラグ酸」を含有
  3. 健康に欠かせない「葉酸」を多く含有

他のものと異なり機能性表示食品ではありませんが、FSSC2200、GMP認定国内工場で生産がされているため、安心して飲むことができます。

また、10日分のお試しが500円で購入ができますので、とても試しやすいです。

日中とにかく目を酷使している若い世代の方に、特にオススメとなっています。

【特濃ボイセンベリーPlusの注意点】

  • 500円のお試しモニターで購入できるのは1回のみ ※通常価格もお手頃です
  • 機能性表示食品ではない

その2.えんきん

見た物のピント(焦点)がすぐに合わない、ぼやけて見える方のための「えんきん」。

ぼやけの暖和する「ルテイン」が多く含まれているのが特徴。

機能性表示食品で、次の機能性が報告されています。

  1. 手元のピント調整力を助ける
  2. 肩・首筋への負担を和らげる

また、先に紹介したスマホえんきんと同じく安心のファンケルが生産、販売をしている商品。

4週間分のお試しが1,000円で購入できるのは、とてもお得で申込みやすくなっています。

45才以上で手元にある文字がぼやけたり、読みにくくなっている方に、特にオススメです。

【えんきんの注意点】

  • 1,000円のお試し価格で購入ができるのは1回のみ ※通常価格もお手頃です
  • スマホえんきんとは目的と対象が異なる


えんきん

えんきん

目の疲れる原因を減らしていきましょう

目の疲れる原因を減らしていきましょう

目の疲れを改善する1つのオススメを紹介してきました。

紹介してきたものは、十分な休息、目のマッサージなどで目の疲れが改善した方には、不要なもの。

ですが、自分なりに改善を試してみても、改善しなかった人にはオススメができます。

なぜなら、改善がみられないというとことは、対策が不十分といえるからです。

冒頭でも記載しましたが目の疲れは、全身の問題に関係している場合が多くあります。

  • 肩こり
  • 集中力の低下
  • 頭痛
  • 不眠 など…

目の疲れにプラスして当てはまることがあるという方は、まずは十分な休息と睡眠を取るようにしてください。

それでも改善しないようであれば、今回紹介したものはオススメができます。

紹介をしてきた4つはどれも初回のお試しができること、定期購入であってもお届け回数にしばりや約束のないものだけ。

金額的、申込み的にもお手軽に試せるものだけになっています。

何も対策ができなければ目の疲れが改善することはありませんので、まずはお試しで試してみてはいかがでしょうか?

目の疲れは少しのきっかけで変わることは多いですよ。

目の疲れが改善することは、目だけの改善だけではありません。

目は酷使をしてしまうからしょうがないにせずに、目の疲れの軽減を考えてみてはいかがでしょうか?

また、見づらいからと自然と細目になっていることは、怖い人と思われている可能性も高いです。

目の疲れを改善することは、周りの人からの印象がよくなるということもありました。

きっと今よりも疲労感の少ない、楽しい毎日が送れるようになる可能性が高いです。

本来はものに頼らない改善方法がベストですが、まずは現在の目の疲れの改善にお役立てください。

 

疲労度が思いのほかに多い、目の疲れを軽減して、楽しい毎日を過ごしましょう!