1kg、2kg程度は増えても気にする必要すらない体重の変化とは?

ダイエットをする方が特に気になるのが「体重」。

見た目が一番であっても、数値は指標にな重要な要素です。

私も毎日朝起きてトイレに行った後、運動記録で公開しているジョギングに行く前、休息日も同程度の時間の2回測っています。

そこで気付くのは、見た目には変化がなくても日々動く体重の変化。

減ったら嬉しいし、増えれば悲しいですが、気にしなくていい変化もあります。

  • チートデイで食べた翌日
  • 運動をしなかった日の翌日

ほぼ間違いなく増えている体重ですが、気にする必要はありません。

むしろ、当たり前のことですので、気にしてはダメです。

なぜ気にする必要がないのか、私が普段起こっていることも含めて解説をしていきます。

思いの他に変化があるのが体重

見た目の変化はなくても、毎日動いているのが「体重」。

朝と夜では違って当然ですし、2kg未満であれば普通に起こりえる変化があります。

体重計に載ることを否定する方は、この変化が日々であることを認識していな場合が多いです。

1、2日の変化:本当の体重ではない

変化が起こっている最中ですので、気にするべきではないということ。

この点を踏まえた上で、体重が増えたことを気にしなくてもいい理由。

セットポイント = 長期間維持された体重の値が脳と連動して記憶されること

体重が本当の意味で変化するには、セットポイントをずらす必要があります。

だからこそ、1日2日など短期間の体重変化は気にする必要がないんです。

チートデイの翌日変化

ダイエットに必要な「チートデイ」。

食事制限ではなく食べていい日ですが、行わない手はありません。

チートデイ = cheat day = 騙す日

食事制限を続けていると体が飢餓状態となり、痩せづらくなります。

「飢餓」の言葉のイメージから勘違いする方も多いですが、太っていても起こる状態。

ダイエットで頑張り過ぎる必要がないのは、このチートデイがあることもあります。

この点を踏まえた上で、体重が増えたことを気にしなくてもいい理由。

制限を外して飲んで食べる = 体重が増えて当然

食事を開放するのですから当たり前のことで、増えても一時的なこと。

逆に行うことでダイエットが加速しますので、体を騙すためにもある程度は必要です。

ぜつびん
私は運動量も関係していますが、チートデイは多めに取っています

運動休息日の翌日変化

行う内容にもよりますが、休息日が必要な「運動」。

チートデイよりも通常は回数が多くなりますから、気になってしまう方は多いです。

また、無酸素、有酸素運動の違いでも翌日の差が大きくなる傾向があります。

  • 無酸素運動:それなりの汗
  • 有酸素運動:汗の量が多い

どちらも汗をかくのは変わらなくても、圧倒的に水分を放出するのが有酸素運動。

このことが、体重の変化の大きく関係してきます。

この点を踏まえた上で、体重が増えたことを気にしなくてもいい理由。

体内の水分量の変化によるものだから

逆に起こらないとおかしなことで、1週間など一定期間でみるとその差は小さなこと。

本当の体重が増えたわけではありませんので、気にする必要は全くありません。

ぜつびん
私も休息日でジョギングしなかった翌日は、1kg増えていることもザラ

気にする必要のない体重変化 あとがき

気にする必要のない体重変化 あとがき

毎日測ると、思っている以上に変化のある「体重」。

数値として出るからこそ気になりますが、無視をしていいことがあります。

  • チートデイで食べた翌日
  • 運動をしなかった日の翌日

特に上記は体重が増えることがほぼ確定している日ですが、全く気にする必要は全くありません。

むしろダイエットをしていくにあたって、必須なことを行ったからこその結果。

一時的な変化としてはありますが、結果的にはしたからこそダイエットの成功へとつながります。

感覚値ではなく、日々で体重を測ることは重要です。

ですが、変化があることが当たり前ですので、気にしすぎないようにしましょう。

私たちは機械ではないからこそ、休息も必要であれば、体重の変化も必然な時があります。

 

以上が『1kg、2kg程度は増えても気にする必要すらない体重の変化とは?』でした。