チートデイはダイエット中のご褒美であると同時に、体を騙す日

ダイエットをしていると、よく聞く言葉「チートデイ」。

  • 何でも食べていい日
  • ご褒美の日

運動も含まれますが、主には食事制限をしているからこその、必要となる日。

多くの人がイメージするのは、上記ではないでしょうか。

1つの面としては間違ってもいないのですが、その意味やなんで必要であるのか明確に答えられる方は少ないです。

そこで、チートデーとはどんなもので、なぜあるのかを解説していきます。

チートデイとは?

チートデーの意味を知るにはカタカナよりも、英語や日本語にすると分かりやすいです。

チートデイ = cheat day = 騙す日

その言葉の意味を知らない方が見たら、騙す日というのは面白いですよね。

何でも食べていい日 (A day when you can eat anything)や、ご褒美の日 (Reward day)ではありません。

では、何を騙すかと言えば、あなた自身の体に対してです。

食べて飢餓状態を回避する

私たちの体の仕組みとして、セットポイントという機能があります。

長時間維持された体重の値が脳と連動して記憶されること

簡単に言うと形状記憶のような機能で、変化があった時に戻ろうとします。

誰もが毎日食べる量が異なるのに一定の体重、体型が保たられるのはセットポイントによるもの。

このことを踏まえた上で、食事制限によるダイエットすると、次のことが体の中で起こります。

  1. あれ? いつもよりも食事量が少ないよ
  2. たまにでなくて、ずっと少ない!
  3. 今の体を維持することができない!
  4. エネルギーを消費を大幅に控えろ!
  5. 停滞期へ突入

食事制限を行う方の多くは一気に頑張り過ぎてしまうからこそ、本能で生命を維持する機能が働いていました。

いわゆる飢餓状態と言われるもので、太っている痩せている関係なく突入します。

これが何をしても体重や体型が変わらない、停滞期となるわけです。

ここで必要なこととして出てくるのが、チートデイ。

体にちゃんと食べるよ〜と伝える = 騙す

食事が少ないように思えたのは問題ないのねと、体に伝えるのがチートデイというわけでした。

騙すために行うからこそ、何を食べてもいいよとよく言われるわけです。

常に食事制限を行っていると、セットポイントが働き、飢餓状態にもなる。

どんなに頑張ってダイエットをしていても、チートデーは工程として必要なものでした。

ぜつびん
体を騙すだけでなく、頑張っているあなた自身へのご褒美になるのもポイント!

チートデイのタイミング

ダイエット中でも食べられると知って、気になるのが「チートデイのタイミング」。

何週間に1回、1カ月のうちの何曜日という明確な期間はありません。

その理由は人それぞれによって体型や、運動、食事量が異なるから。

何日間という期間はなくても、目安になるものはあります。

停滞期が一定期間(1週間以上)継続している

体重が現象、体型が変わっていく中でというのが前提ですが、停滞期の期間が判別ポイント!

体が本能的に維持しようとしているからこそ、チートデイで食べて騙してしまいましょう。

食べる時の注意点

たまにのチートデイですので、時間無制限食べ放題としたいところですが、注意点もあります。

  1. 連日行わない
  2. 時間を区切る
  3. 食べられていない物優先

①② 連日行ったり、時間を区切らないと、食べることへのスイッチが入ってしまいます。

チートデイが原因でこっちのが楽だと、ダイエットを断念してしまう方も多いです。

食べるのは必要なことですが、何も無制限状態が続くのはよろしくありません。

③ たまにあるチートデイで、普段控えているものを食べるのは良い判断。

食べてはダメではなく、日は制限されるけれど食べられるというのは、大きな励みになります。

ストレスをタメすぎないためにも、食べちゃダメではないという実績は必要です。

ぜつびん
チートデイで毎日食べる欲求のスイッチを入れるのはアウト!

継続して肥満状態の方

肥満には大き分けて、2種類存在しています。

  • 症候性肥満:病気が原因
  • 単純性肥満:過食によるもの (食べ過ぎ)

同じ肥満であっても、避けられることができないと、自らの行動よることの違いがあります。

多くの方の肥満がどちらに当てはまるのかといえば、当然のように単純性肥満。

要は体が欲している以上に食べ、運動量が少ないからこそ太っているわけです。

毎日がチートデイパラダイス

厳しいようですが、言わばこの状態。

食べられるからと制限なく食べていたら、太るのは必然でした。

過剰な肥満をセットポイントで維持するのは、体の状態としてよろしくありません。

ぜつびん
多くの場合は結果として過剰に食べているからこそ太っている

チートデイ あとがき

チートデイ あとがき

ダイエットをするために運動、食事制限を頑張るからこそ、必要になるのが「チートデイ」。

チートデイ = cheat day = 体を騙す日

ダイエット中だからこそ、取り入れない方もいますが、それは非常にもったいない選択。

セットポイントが働き、飢餓状態になるのは、あなたが頑張っているからこそ。

何を頑張っても変わらない停滞期にも入りますから、うまく食べて体を騙してしまいましょう。

また、食べられることは、あなた自身のストレスの解消にも一役を買ってくれます。

そこに山があるから登ると同様、使えるなら利用するのが当然なのがチートデイです。

頑張っているからこそとは対象的に、欲望のまま食べているからこそ、単純性肥満の方。

毎日がチートデイパラダイス = 食べ方としてアウト

運動もできるとベストですが、まずは食生活を見直す必要がある状態です。

太り過ぎを維持するのは様々な問題を生みますので、これからを考えてみましょう

 

以上が『チートデイはダイエット中のご褒美であると同時に、体を騙す日』でした。