メタボリック・シンドロームとはよく聞きますが、一体どんな状態ですか?

年齢が増すごとに敏感に反応してしまう方が多い言葉の、「メタボリック・シンドローム(Metabolic syndrome)」。略してメタボ。

メタボという言葉を聞くのは耳が痛い! なんて方もいますよね。

太り気味の代名詞ともなっているメタボですが、どんな状態がメタボになるのかよく知らない人たちは多いです。あなたは明確にどんな状態なのかいうことはできますか?

知らないからこそ、隠れメタボであったり、実はメタボではなかったりする方もいるんです。

実はメタボではなかったのであれば、全く問題はありません。隠れメタボだった場合がよろしくなくて、実は体の中で命に関わる重大な病が進行しているなんてこともありますよ。

ですからこれからも健康な毎日を過ごしていくには太っているのがなんとなくメタボではなく、どんな状態がメタボというのか知っておくことが重要です。

メタボが引き金になる重大な病気である心臓病や脳卒中など「動脈硬化性疾患」は、本当に危険な状態になるまで自覚症状はほとんど出ません。後から対策をしておけばでは遅いんです。

 

今回は男性も女性もなりたくない状態の1つである、メタボリックシンドロームについて紹介していきます。。

メタボリック・シンドローム判定基準

メタボリック・シンドロームの判定基準には、必須項目と選択項目があります。

多くの方は太り気味の方をメタボと表現してしまいますが、そうではなかったということです。

メタボリック・シンドロームの判定条件の必須項目、選択項目は以下の通りです。

必須項目内臓脂肪蓄積

ウエスト周囲径(へそ周り)

男性:85cm以上

女性:90cm以上

選択項目

3項目中

2項目以上

高トリグリセリド血症

かつ/または

低HDLコレステロール血症

≥ 150mg/dL

< 40mg/dL

収縮期(最大)血圧

かつ/または

拡張期(最小)血圧

≥ 130mmHg

≥ 85mmHg

空腹時高血糖値≥ 110mg/dL

少し聞き慣れない難しい言葉もありますが、かんたんに表現すると、必須項目はウエスト。

選択項目は血圧と、通常時の血糖値と、空腹時の血糖値が判定基準になっています。

血糖値は病院ではなく家庭で、計測ができる方は少ないですよね。じゃいいや!ではなく、ウエストが基準値ギリギリや、こえている方は血圧計を確認することをオススメします。

血圧が基準値よりも高い場合は、血糖値も高いことが予想できるからです。絶対ではありませんが、メタボリック・シンドロームの判定基準はこえている疑いは高いです。

血圧計は家電量販店でもインターネットでも気軽に購入できますので、1つ持っておくといいと思います。ちなみに私も手首で計測する血圧計で、毎日朝と寝る前に計測を行っていますよ。

ぜったの
ウエストの基準値はへそ周りであって、おなか周りの一番細い部分ではありません

メタボの判定基準は男性と女性で異なります

女性と男性で必須項目のウエストの値(へそ周り)が5cmも違うのはなぜ? という方もいると思います。

これは性別の違いといってしまえばそれまでなのですが、メタボリック・シンドロームの基準判定であるウエストは「内臓脂肪面積100cm2未満」をスクリーニング検査として行っています。

スクリーニング検査とは「選別、古いわけのための検査」で、本来CT検査を行わないと測れない内臓脂肪面積を、ウエストを測ることによって選別しているというわけです。

筋肉質の方などもいるので絶対ではないですが、判定値であるウエストをこえる場合は、100cm2をこえている可能性が高いというわけですね。

この内臓脂肪面積100cm2未満と選別するのに女性と男性の体の作りがことなるため、5cmの違いが女性と男性で生じていました。

女性だからゆるく、男性だから厳しくというわけではありません。

内蔵脂肪面積が100cm2が基準になる理由は、100cm2をこえると高血糖や脂質異常に高血圧の合併症が高くなります。

ウエストが必須項目であるのは、選択項目の判定値をこえてくる可能性が高いというのが理由でした。

メタボ状態は抜けているが当たり前

メタボ状態は抜けているが当たり前

メタボリック・シンドロームでない人たちがダイエットして痩せようとすると、成功するには大きな努力が必要です。そのままでも問題なく、痩せなくてもいい状態だからです。

逆にメタボリック・シンドロームの基準をこえている、基準値ギリギリという方は、少し努力してメタボ状態から抜け出なければなりません。厳しいようですが、抜けているのが当たり前ですよ。

少し太っていても病気じゃないし! は甘えです。メタボリック・シンドロームが原因で起こる「動脈硬化性疾患」系の病気は、自覚症状がでないまま病状が進行しやすいです。

病気になってからでは遅いですので、未然にメタボリック・シンドローム状態から抜けるというのが、これからの長い年月を健康に過ごしていくためには必須です。

モデルのようにシェイプアップしなければではなく、メタボリック・シンドローム状態を抜け出ればいいのは誰でも達成することは可能です。今大丈夫でだからと、そのままではダメですよ。

対応が遅れれば遅れるほど改善するのが大変です。明日からとは言わずに、思いったたら今から誰のためでもなく自分のために、メタボリック・シンドローム判定基準を抜け出るよう頑張りましょう!

継続できない無理は不要ですので、少しずつ改善していくのがポイントですよ。無理をしなくてもメタボリック・シンドロームの判定基準は抜け出ることはできます。

最後に1つ注意点です。「ウエストの判定基準は腹回り」です。普段ベルトを回す一番おなか周りで細い部分ではありませんので、ウエストを測る際は間違えないように注意してください。

以上が『メタボリック・シンドロームとはよく聞きますが、一体どんな状態ですか?』でした。