朝昼晩のいつ運動するのがいい? そんなの「気にするな!」が答えです

ダイエットのために行う「運動」。

食事制限と組み合わせて行うことで、計画的に痩せることが可能です。

消費カロリー > 摂取カロリー

その理由はどちらか片方で行うよりも、分割することで負担を大幅に減らすことができるから。

加えて、運動をすることで減らしたくない筋肉を維持しやすいというもポイントです。

筋肉を減らしたくないのは、基礎代謝と脂肪との質量での見た目の差が関係しています。

また、食事制限は1日の中でバランスを取ればいいですが、少し考えてしまうのが運動。

隙間時間や気分転換の一コマならいつでもできますが、しっかりとしたものは普通は1日1回。

食事のように2回、3回というチャンスのあるものではありません。

だからこそ、朝がいい! 昼がいい! 夜がいいなど、いろいろな情報が巷に溢れています。

実際、細かく見ていけば時間帯によってメリット、デメリットがあるのも事実。

では、それを踏まえた上で運動をするのは、朝昼晩のいつにすればいいのか?

時間帯は全く気にするな!

シンプルに、これが誰にでも当てはまる答えです。

逆に朝昼晩のどれかを決めつけてしまう方は、運動が続かないですし、完全に余分な考え。

そこで、具体的になぜ運動をする時間帯を朝昼晩気にする必要がないのか解説していきます。

朝昼晩の運動のメリット、デメリット

朝昼晩の時間帯は気にしなくてもいい! と言いましたが、メリット、デメリットがあるのは事実。

それぞれの時間帯に、どんな差ががあるのかを個別に紹介していきます。

朝の運動

早い時間帯に行う「朝の運動」。

年配の方や、学校や会社に行く前に行う方が多い時間帯です。

【メリット】

  • 時間に制限があるので、集中してできる
  • 運動することで、すっきりと目が覚める
  • 朝食の前に行うことで、脂肪が燃焼しやすい

【デメリット】

  • 必然的に早起きが必要
  • スポーツジムなど開店していない場合が多い
  • 行う内容によっては疲れてしまい、日中に眠くなる

自然に早く目覚めるようになる年配の方を除くと、運動の意識が高い方が多いのも特徴です。

目がしっかり覚めますし、脂肪も燃焼しやすいと、ダイエット目的にはいい時間帯。

ですが、多くの方にとって忙しい朝にさらに運動をというのは、負担が大きいのも事実。

メリットだけ考えて行うと、運動が継続できずに断念する時間帯でもあります。

私もチャレンジしたことがありますが、1ヶ月続けることができませんでした…。

ぜつびん
運動をする前の意識を変える必要がある時間帯

昼の運動

日中に行う「昼の運動」。

平日は自営業や、フリーランスで昼間に時間を取れる方。

土日祝日は学校や会社が休みの方が、よく行う時間帯でもあります。

【メリット】

  • 時間に余裕がある場合が多い
  • 平日はスポーツジムなど、施設に余裕がある

【デメリット】

  • 平日はできる人を選ぶ
  • 休日と平日のスポーツジムなど、施設の込み具合差が大きい

人、施設など環境が、平日と休日では大きく変わるのが特徴です。

時間に余裕がある場合が多いので、気持ち的には運動をするのに楽な時間帯でもあります。

ただし、外での運動では夏は相当厳しくなるなど、天候の影響が大きいことを気をつける必要があります。

ぜつびん
平日のスポーツジムでは、機器や施設を自由に使えることが多い

晩(夜)の運動

学校や仕事終わりで、夕方以降に行う「晩(夜)の運動」。

私が運動記録として公開しているジョギングも、この時間帯です。

【メリット】

  • 1日の終わりにすっきりできる
  • 夕食をセーブできる
  • 体力を出し切り、ぐっすり眠れる

【デメリット】

  • 他の自由時間にできることができない
  • 行う方が多いので、スポーツジムなど、施設は混み勝ち
  • 就寝時間を逆算しないと眠れなくなる

運動後の予定がないことが多いので、1日をやりきってのすっきり感はかなり多め。

朝や昼に比べると無理なく行える方が圧倒的に多く、継続しやすい時間帯でもあります。

運動する前に食べ過ぎると、行えることが限られて不快なので、食事はセーブできるのも特徴。

また、運動後は思いの他に食べられないので、後夕食の方も量が減る傾向が強いです。

少し注意する必要があるのが、就寝時間を考えて行う必要があること。

運動後2〜3時間を想定して行動しないと、なかなか寝れないので睡眠不足になることがあります。

※体がいわゆる興奮状態になるため

ぜつびん
運動がしやすいのと、夕食が必然的にセーブできるのは大きなメリット!

運動はいつする? あとがき

運動はいつする? あとがき

同じことをするのでも、運動の行いやすさが大きく変わってくる「時間帯」。

実施しやすさが異なるということは、継続できるかどうかにもかかってきます。

朝昼晩のメリット、デメリットの下部に挿入した「あわせて読みたい」。

なんの脈略もないように見えたかもですが、次の意図を含めて記述していました。

小さなメリットや効率を気にする必要はない!

これがなぜかと言えば、運動は1回2回ではなく継続してこそ意味があるものだから。

時間帯で多少の差というのはあっても、見過ごしていい微々たることでしかありません。

例えば朝は脂肪が燃焼しやすい状態であっても、昼夜の2倍、3倍などではないです。

あるにはあるぐらいですので、それよりもあなたにとって継続しやすい時間帯を選ぶべき。

  • 意識をし、無理をしないと運動できない時間帯
  • 特に意識せず運動がしやすい時間帯

意識の有無と、やりやすさが異なれば、行う回数も必然的に変わってきます。

結果的に3カ月、半年、1年後にできていること、体の変化には大きな差ができるんです。

運動をするのは最初は大変ですが、継続が習慣になると行うことが惰性になります。

やらないと気持ち悪くなるので、つらいというのはないに等しい状態に。

こうなってしまったら年代や肥満度は関係なく、ダイエットなんて難しいものではなく超楽勝です。

運動をする「時間帯を全く気にするな!」というのは、そこが全く重要でないからでした。

一番気にすべきは、いかに無理なく継続ができ、習慣化することができるかです。

 

以上が『朝昼晩のいつ運動するのがいい? そんなこと気にするなが答えです』でした。