運動を継続させるために、たまにある”調子のいい時”にやるべきこと

ダイエットや健康のために不可欠な「運動」。

習慣にするのは大変でも、1度身に付けると思いの他に容易にできるようになります。

それでも行う運動がマンネリになると、ふとしたことでストップしてしまう原因に…。

ルーティン化することは習慣にするために必要ですが、そればかりでは止めてしまう要因になるんです。

では、運動がマンネリになって止めないためにはどうすればいいのか?

運動をし始めて明らかに調子のいい時は少し負荷を上げる

完全にジョギングと筋トレが習慣になっている、私も実践している手段です。

単に負荷を上げましょうではなく、「明らかに調子のいい時」というのが大きなポイント!

どういうことなのかを含め、運動を継続しやすくする方法を解説していきます。

月に数回訪れるアガれる時

運動が習慣になっている方であれば、分かってもらえるであろう「明らかに調子のいい時」。

そのタイミングは運動をし始める前は分からないのですが、”ヤツ”は突然やってきます。

同じメニューであるのに、すごく楽に感じる

運動する頻度にもよりますが、習慣化しているのであれば、月に1回〜数回は現れます。

ちなみに私は社会人になってからずっと週に4,5日。忙しくても半分は運動日がある状態。

長年運動を継続してきて、このタイミングがすごく重要なことだと気づきます。

この「明らかに調子のいい時」をどう扱うかで、その後の運動が変わってくるんです。

何を注意して、どういうことをするべき、逆にしてはいけないことを解説していきます。

ぜつびん
タイミングはいつくるのか分からないのが、この”絶好調な時”

調子のいい時にやってみるべきこと

運動を初めて調子がいい時に、やってみるべきことがあります。

  1. いつもよりも負荷を上げてみる
  2. やっていなかったことをやってみる

単純なようですが、すごく大切なこと。

「今日はすごく楽だな〜.」で終わらせてしまうのは、めちゃくちゃもったいない!

ちゃんとそれぞれの理由もありますので、個別に取り上げていきます。

1.いつもより負荷を上げてみる

このタイミングを逃さずにどうする「いつもより負荷を上げてみる」。

通常時はつらくなり運動を断念することにつながる、負荷の増加。

絶好調の時:意外とできてしまう
1度負荷を上げたらからといって、通常時は元に戻して問題ありません。
こんなのもできる! と実感することが、運動への自信につながります。
この時に注意することが1つ!
急激に負荷を上げないこと
その理由はケガをする原因になるから。

ちょっとのプラスで、負荷をプラスすることが重要です。

ぜつびん
上げられる負荷は決してチャレンジではなく、やることが想像できるレベルで!

2.やっていなかったことをやってみる

負荷と同様に、「やってなかったことをやってみる」。

運動を継続していると、これもできるかな? と内容が出てきます。

調子のいい時:新しいメニューを試すチャンス

ルーティーンを何かを加えるというのは、実は勇気のいること。

やってみてできないとなると、マイナスな心が働きやすくなってしまいます。

逆にできてしまうと、マンネリの打破につながり、自信にもなるんです。

ぜつびん
私がするのは、ジョギング:区間を区切ってペースを上げる。筋トレ:回数を増やす or 重さを上げる

運動の継続 あとがき

運動の継続 あとがき

習慣が付いている方であっても、ちょっとしたきっかけで止まってしまうのも「運動」。

1度したからいいではなく、ダイエットのみならず健康のためにも続けたいものです。

マンネリ化しないためには変化が必要だからこそ、たまに訪れるタイミングをどう扱うかが重要!

運動をし始めて明らかに調子のいい時は少し負荷を上げる

前述しましたが、たまにのことだからこそ「今日はすごく楽だな〜.」で終わらせてしまうのは、めちゃくちゃもったいない!

少しのプラスを加えることが、運動の継続へとつながっていきます。

その上で注意することはケガの原因となるからこそ、急に負荷を上げないこと。

チャレンジするのではなく、やっている姿が想像をできることをしましょう。

頑張り過ぎないことを意識すれば、運動継続のためのこれ以上ないタイミングになります。

いつ訪れるかは運動を始めてみないと分からなくても、誰にでもたまに訪れるチャンスポイント!

うまく利用をしてみてください。

 

以上が『運動を継続させるために、たまにくる調子のいい時にやるべきこと』でした。