体重はそれほど多くないのに、私や僕が太って見えるのはなぜ?

秋や冬のように服を着込むことで、体のラインが隠しづらくなる「春や夏」。

自分だけでなく、外を歩ければ周りの方の体型も気になるところです。

興味深いのは、標準体重に近く肥満とは数字上は言えなくても、太って見える方が多くいること。

これには男女関係なく、筋肉量が多いか少ないかの差がその理由です。

  • 筋肉量が多い:引き締まって見える
  • 筋肉量が少ない:太って見える

仮に全く同じ身長と体重であっても、その差は思いの他に歴然として現れます。

なぜ筋肉量の差が見た目の差となって現れてくるのか、解説をしていきます。

見た目の差は質量の差

筋肉と脂肪の質量の違い

上の図は同じ重さで見た時の、脂肪と筋肉の「質量の差」。

脂肪を1とすると、筋肉は0.8となりますので、見た目の大きさが一回り以上変わってきます。

そこに加えて脂肪はだるんとなり、対して筋肉は引き締まって見えますから、その差は大きいです。

このことから導き出されることは、1つ。

体重の割に太って見える理由は、筋肉量が少ない

体が大きいに加えて引き締まりがなく、だるんとしているからこそ、太って見えてしまうわけ

体重はさほどでもないのに太って見えてしまうのは、男女関係なくもったいないことでした。

また、脂肪が結果的い多いということは、見た目の他の問題も発生することになります。

食事制限のみのダイエットで脂肪比率が増える

ダイエットを成功させるために、絶対的に必要なこと。

消費カロリー > 摂取カロリー

その仕組みとして誰もが知る所ですが、運動をせずに食事制限のみで行う方も多いです。

このことが、体と脂肪比率がを増やす要因になっています。

【体の燃焼の仕組み「糖新生」】

  1. 消費カロリーが摂取カロリーを上回る
  2. 不足したエネルギーを貯蔵された体から捻出
  3. エネルギーの捻出は脂肪、筋肉の区別なく行われる

食事制限で痩せるのは脂肪が減っていると思う方が多いですが、実際はそうではありません。

残って欲しい筋肉を含め、見境なくエネルギーとして消費されていくんです。

食事制限のみのダイエット行った方が、リバンウンドで体が丸くなるのは、正に糖新生の仕組みで筋肉が減ったことによるもの。

筋肉量を増やすのは大変ですが、逆に落とすのはめちゃくちゃ簡単にできてしまいます。

ぜつびん
少し特殊な例ですが、ボディービルダーが有酸素運動をなるべく控えるのは、脂肪とともに筋肉量も減ってしまうから

脂肪量が多い方は基礎代謝も低い

見た目の差もですが、基礎代謝にも大きく関係している「筋肉量」。

よく言われる年齢と共に基礎代謝が落ちる理由は、正しく筋肉量が減るから。

ほんの少しの差と思うかもしれませんが、その差は数値としてもかなり大きい値。

また、加えて近い将来への危険性も含まれています。

太って見える = 実際に太りやすい状態

現状は体重として問題がなくても、あれよと言う間に太る可能性を秘めているんです。

寧ろ体重は多くないのに太って見える方は、肥満予備軍と言える状態でした。

ぜつびん
筋肉量が今の見た目だけでなく、これからの体型に関係する

見た目が太って見える理由 あとがき

見た目が太って見える理由 あとがき

体重自体はそう多くはなくても、太って見える理由は「筋肉量の差」。

  • 筋肉量が多い:引き締まって見える
  • 筋肉量が少ない:太って見える

その理由となるのは脂肪を1とすると、筋肉は0.8という小さくない質量の差。

数字として見ると0.2の差と思ってしまうかもですが、実際には一回り以上の違い。

思っている以上に、大きな差となって結果に現れます。

また、筋肉量が少ないということは、太りやすい肥満予備軍だということです。

だからこそ、ダイエットをする際に必要なことは1つ。

食事制限のみではなく、運動をして筋肉量を増やす

多くの方が思っている以上に、とても重要なことでした。

ですから、決して体重が多くないのに太って見えるという方は、筋肉量が明らかに少ないということ。

ゆるくだらしない体に見えるのは勿体ないですので、運動をして体の筋肉を刺激してみましょう。

ムキムキになるのは大変ですが、私たちが通常に求める引き締まった体であれば実現可能です。

 

以上が『体重はそれほど多くないのに、私や僕が太って見えるのはなぜ?』でした。