世界禁煙デーが毎年5月31に行われますが、一体どんな記念日ですか?

毎年5月31日に行われている「世界禁煙デー」。

その名前から禁煙を推奨する記念日なのはわかりますが、分かりづらいですよね。タバコが害があるのはみなさんご存じの通りですが、禁煙を推奨する日が分かりづらいのはもったいないです。

そこで、世界禁煙デーについてまとめてみました。続けてご覧ください。

世界禁煙デーって何?

世界禁煙デー(World No Tobacco Day)はWHO(世界保険期間)が制定した、禁煙を推進するための記念日です。世界と名前にあるように、数多くある国際デーの1つです。

1988年に採択された決議WHA42.19で5月31日と定められ、翌年の1989年から毎年5月31日に実施がされています。

日本では1992年(平成4年)から毎年5月31日〜6月6日までの1週間が、禁煙週間です。スローガンがあるのですが、2016年から変わらず以下のスローガンになっています。

2020年、受動喫煙のない社会を目指して
~たばこの煙から子ども達をまもろう~

オリンピックが開催される2020年と入っていますので、来年までは同じスローガンになるのではないでしょうか? 継続をすることで覚えてもらおうという考えが、推測ができます。

ちなみにWHO(世界保健機関)のスローガンは毎年変わっています。2019年のスローガンは「Tobacco and lung health(タバコと肺の健康)」です。

たばこを吸わないので少しびっくりしたのですが、たばこは英語で「Tobacco」なんですね。

世界禁煙デーは何をするの?

世界禁煙デーは何をするの? ということですが、日本では5月31日「禁煙の普及啓発に関するイベント」が厚生労働省が主催で行われます。

イベントの模様は毎年ニュースで取り上げられますから、テレビで見たことがあるという方も多いと思います。

その他はポスターを掲示したり、TwitterなどのSNSでも世界禁煙デーの告知が5月になると頻繁にされています。初日のイベントの他は特に何もないのが、世界禁煙デーの印象が薄い理由です。

強制ではなく、禁煙をしましょう! と呼びかけるイベントですので内容は間違っていないのですが、もう少しインパクトがある方が印象も残り、呼びかけも強くなるのではと感じました。

ぜったの
世界禁煙デーとは、禁煙を呼びかけるイベントである

どんどん厳しくなる喫煙環境

世界禁煙デーは禁煙を呼びかけるイベントでしかありませんが、改正健康増進法により、喫煙できる環境はどんどん厳しくなっていきます。

改正健康増進法は世界禁煙デーのスローガンでもある、受動喫煙をなくそうという法改正です。基本的な考え方は次3つです。

  • 望まない受動喫煙をなくす
  • 受動喫煙による健康影響が大きい子ども。患者等に特に配慮
  • 施設の類型・場所ごとに対策を実施
受動喫煙とは
たばこの煙は、たばこを吸う人が吸い込む「主流煙」煙からの「副流煙」と分けられる
受動喫煙とは自分の意志とは関係なく、副流煙を吸い込んでしまうこと

受動喫煙を防ぐために行われるのが、改正健康増進法です。

改正健康増進法は受動喫煙を防ぐために、3回に分けて施行されます。

2019年
7月1日施行
第一施設
学校、児童福祉施設
病院、診察所
行政機関の庁舎
敷地内禁煙
2020年
4月1日施行
第二施設
事務所
工場
ホテル、旅館
飲食店
旅客運送事業船舶、鉄道
国会、裁判所
原則屋内禁煙
(喫煙を認める場合は喫煙専用などの設置が必要)
経過措置
既存の経営規模の小さな飲食店
喫煙可能である旨を提示することにより、店内で喫煙可能
喫煙目的施設
喫煙を目的とするバー、スナックなど
店内で喫煙かのうなたばこ販売店、公衆喫煙所
施設内で喫煙可能
2019年
1月24日施行
屋外や家庭など 喫煙は周囲の状況に配慮

7月に施行させる禁煙場所は、今すぐにでも行われて問題がない子どもが多い場所です.

喫煙者にとって厳しいのは来年4月1日に施行される禁煙場所です。家庭を除く全ての場所に関わってきますので、喫煙できる場所は大幅に減ります。

現在の場所だけで区切っている簡易禁煙はアウトとなりますので、副流煙のもれない喫煙所を設置しない限り、原則禁煙となるんです。

たばこを吸わない人にはうれしい措置ですが、喫煙者には厳しい環境が近くまで迫っています。

約1年ありますから、世界禁煙デーに合わせて禁煙をするといいかもしれませんよ。

現在の日本の喫煙率とは?

禁煙というと、現在の日本の喫煙率がどの程度なのか気になりますよね。

厚生労働省が調査を行って公開されている最新データでは、喫煙率は以下のようになっていました。

年数 総数(%) 男性(%) 女性(%)
平成19年 24.1 39.4 11.0
平成20年 21.8 36.8 9.1
平成21年 23.4 38.2 10.9
平成22年 19.5 32.2 8.4
平成23年 20.1 32.4 9.7
平成24年 20.7 34.1 9.0
平成25年 19.3 32.1 8.2
平成26年 19.6 32.2 8.5
平成27年 18.2 30.1 7.9
平成28年 18.3 30.2 8.2
平成29年 17.7 29.4 7.2

参照平成29年「国民健康・栄養調査」の結果 / 2.喫煙の状況

喫煙者はたばこの値上がり、健康志向もあり減少傾向と言われていますが、数値でみると実際に喫煙者が減っているのがよくわかります。男女どちらも減っていますので、大幅減少です。

また喫煙者で禁煙の意志がある方は、平成29年のデータで全体で28.9%。男性が39.0%。女性が26.1%と、多くの喫煙者がたばこをやめようと考えています。

たばこを自由に吸える環境も改正健康増進法によって、少なっていきます。喫煙者の禁煙の意識がある方も多いですから、喫煙率はさらに下がっていくのはほぼ間違いありません。

ぜったの
10月に予定されている消費税増税、来年4月施行の改正健康増進法は喫煙者には厳しいです

禁煙を始めるタイミングに最適

禁煙を始めるタイミングに最適

 

世界禁煙デーについてまとめてきました。

5月31日は禁煙の普及啓発に関するイベントが行われるほかは、少し印象が薄いイベントです。ですが、毎年継続して行われるというのがポイントです。

禁煙をするにはきっかけが必要ですが、世界禁煙デーはきっかけになりうるものです。なぜなら禁煙記念日として毎年告知がされることは、禁煙期間が分かりやすいからです。

禁煙に限らず、記念日があると継続はしやすくなりますよね。

 

喫煙は紙巻きたばこ、加熱式たばこ、その他の喫煙も健康に大きな影響を与えます。健康でなければ何もできなくなりますから、世界禁煙デーをいい機会として、禁煙をしてみませんか?

禁煙をすることはたばこ代の浪費が減るだけなく、何か新しいことへの挑戦のきっかけにもなりますよ。健康で楽しい毎日を過ごすためにも、喫煙をしている方は禁煙を検討してみてください。

 

以上が『世界禁煙デーが毎年5月31に行われますが、一体どんな記念日ですか?』でした。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/funfunfunfun/absolute-funfun.com/public_html/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:646 Stack trace: #0 /home/funfunfunfun/absolute-funfun.com/public_html/wp-includes/template-loader.php(98): include() #1 /home/funfunfunfun/absolute-funfun.com/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/funfunfun...') #2 /home/funfunfunfun/absolute-funfun.com/public_html/index.php(17): require('/home/funfunfun...') #3 {main} thrown in /home/funfunfunfun/absolute-funfun.com/public_html/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 646