健康の不安のし過ぎは危険! 心疾患のリスクを高めている可能性がある

先日金融庁の発表で「老後資金に2,000万円必要」という、衝撃の発表が行われました。

100年安心といわれていた年金では、足りないということです。

先立ってのトヨタ自動車の豊田章男社長の「終身雇用を守っていくことは難しい」という発言、10月には消費税増税が予定されているなど、不安を感じずにはいられない出来事が増えています。

10年後、20年後と生活を維持していくには70歳では足りず、80歳近くまで働きつづける必要がある可能性が高まっています。長く働き続けるには健康も維持していかなければなりません。

あなたは自身の健康に不安を持っていますか?

健康でなければ働きたくても働けなくなりますから、不安に思う方も多いですよね。今は何も問題がなくても、5年後、10年後のことを考えると不安にならないほうが難しいです。

健康に不安を持たない人たちは、うらやましいくらいのポジティブ思考だといえます。

 

健康を不安を感じている人、健康に不安を持たない人の差は気持ちの面だけではありません。実は心疾患になるリスクが異なることがわかってきたんです。

健康に不安を感じている人は、健康に不安を持たない人の2倍以上も心疾患のリスクが高いんです。健康に不安を感じているだけで2倍以上というのは、大きな差ですよね。

そこで、なぜ健康に不安を感じている人がなぜ心疾患のリスクが上がる可能性があるのかまとめてみました。健康に不安がある方は、特に続けてご覧ください。

7,052人の調査結果によってリスクが判明

心臓病のリスクの調査はノルウェーで行われた「Hordaland Health Study」に基づいています。

Hordaland Health Study 調査内容

被験者数:7,052人
被験対象:1953年〜1957年生まれ
調査内容:健康状態、ライフスタイル、学歴、体重、身長、血圧
調査期間:1997年〜1999年
健康不安レベル:1〜5段階評価で14項目
※31以上の健康不安と評価:対象710人
経過確認:2009年末までの病院治療、死亡診断
※研究1年以内の冠状動脈疾患の治療、関連した死亡者は除外

健康状態の調査は2年間ですが、経過の確認は10年間と長く行っています。

研究1年以内の冠状動脈疾患、関連した死亡者は除外とあるのは、調査期間中にすでに病気だった可能性があるため除外されています。

長期間かけで行ったこの調査の結果は、以下のようになりました。

・234件(3,3%)の方が虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症)を発症
・発症までの平均期間は7年強
・発症した人の割合:健康に不安を感じている(6%強)、健康の不安なし(3%)

健康に不安を感じている人は不安がない人にくらべて、心疾患になる可能性が2倍以上ということです。最終的に、健康不安を感じている人が73%も心疾患に可能性が高いと分かりました。

2倍どころか、73%もリスクが高いという結果は怖いですよね。

この調査は経過確認が主なため、不安と心疾患の確固たる結論とは言い切れないと研究者は認めています。ただし、不安に思って行う行動が心疾患をのリスクを軽減しないことも分かりました。

かんたんにいうと「健康に不安を感じることで心疾患のリスクは下がらないけれど、リスク上がることはある」です。また、上がると言い切れないのは、この調査ではということです。

研究者は今回の結果から「健康不安の適切な診断と治療の重要性を強調している」と述べています。不安に感じているだけではなく、適切な診断を受けてくださいということです。

今後さらなる調査が行われていくのは間違いありあませんから、今後の調査結果を待ちましょう。

ぜったの
健康に不安を感じていることは、心疾患のリスクが上がる可能性が高い

心疾患とはなんですか?

心疾患がどんなものか分からないという方もいますよね。

心疾患とは「心臓に起こる病気に総称」です。

心筋症の大部分をしめいるのは虚血性心疾患で、心筋梗塞、狭心症と呼ばれます。これらはよく見たり耳にするのでご存じだと思いますが、心疾患は命に関わる重要な病気だったんです。

その証拠に、日本では心疾患はがんについで死亡率が高い病気となっています。

また、日本で心疾患の総患者数は少傾向だったのですが、近年は増加しています。前回の平成26年の調査では172万9千人だったのが直近の平成29年には173万2千人と、3千人も増えています。

心疾患の4大危険因子

心疾患の大部分を占める虚血性心疾患には、は4大危険因子があります。

  • 高血圧
  • 脂質以上
  • 喫煙
  • 高血糖

不健康のイメージそのものが、心疾患の危険因子です。

今後も健康の不安と心疾患の関係性の調査が行われていきます。健康を不安に思うことが危険因子の1つに数えられるなんてことも、ないとは言い切れません。

ぜったの
健康に不安があれば思うだけでなく、解消することが大切です

健康に不安を持つすぎないのが大切

健康に不安を持つすぎないのが大切

健康に不安を感じている人が心疾患のリスクが上がることについてまとめてきました。

今回の調査結果では他の要素も捨てきれないため、言い切れていないだけです。ですから、健康に不安を感じることで、心疾患のリスクを高めている可能性は高いです。

不安に感じる = 精神的な悩み = ストレス」につながります。

健康の不安は1度感じてしまったら、自分1人では解決できないものも多いです。不安に感じている時は自分だけで悩まず、人の助けを借りるのは正しい判断です。

最初はほんの小さな悩みであっても、悩みは解消しない限り大きく変わっていきます。

悩みを相談する時も、適切な場所で相談することが大切です。特に健康に関わることは信頼できるお医者さん、医療関係者を見つけておくことが重要ですよ。

健康に不安を感じることで実際に病気になるのは、損でしかありません。全く不安がないというのは難しいですが、なるべく不安には感じずに楽しい毎日を過ごしましょう。

同じ1日を過ごすのであれば、楽しく過ごせた方がとても有意義です。

 

以上が『健康の不安のし過ぎは危険! 心疾患のリスクを高めている可能性がある』でした。

関連 まとめ記事

心配や不安からのストレス…。起こりうる問題と解消する方法とは?


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/funfunfunfun/absolute-funfun.com/public_html/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:646 Stack trace: #0 /home/funfunfunfun/absolute-funfun.com/public_html/wp-includes/template-loader.php(98): include() #1 /home/funfunfunfun/absolute-funfun.com/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/funfunfun...') #2 /home/funfunfunfun/absolute-funfun.com/public_html/index.php(17): require('/home/funfunfun...') #3 {main} thrown in /home/funfunfunfun/absolute-funfun.com/public_html/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 646